超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

超! アニメディア(生)の番組制作のサポートを体験! 「ドリームバイト×超! アニメディア」の裏側をレポート【PR】

2018/2/3


 ディップ株式会社が運営するアルバイト情報サイト「バイトル」が行っている“夢のようなアルバイト”実現プロジェクト「ドリームバイト」。本プロジェクトは「その経験が夢につながる」をテーマに実施されているもので、採用された方は、心揺さぶる“驚き”と“感動”の非日常なアルバイト体験ができるという企画である。

 これまでも芸能人が出演するイベントの補助、野外フェスの補助、スマホゲームのTwitter運営のサポートなど様々な企画が行われてきたが、今回はニコニコ動画で毎月第二木曜に放送されているアニメディア公式番組「超!アニメディア(生)」の番組制作をサポートする「ドリームバイト」が実施された。

 この度、「超!アニメディア(生)」の「ドリームバイト」を体験することになったのは、笠原さん。声優が活躍する業界に興味があり、応募に至ったのだという。そんな笠原さんが最初に体験したのは「買い出し」だ。番組に直接関わることではないものの、水・軽食・お菓子を用意して出演者やスタッフが番組制作に集中できるようにすることも、大事な仕事のひとつ。笠原さんは買ってきた軽食・お菓子を控室に並べて、水は番組中に出演者の方々が飲みやすいよう準備した。

控え室にて、買ってきた軽食・お菓子を並べる笠原さん

放送中に出演者の方々が飲む水を準備中

飲み口に汚れが付かないよう、ストローの袋の先は付けたままにしておきます

 準備が終わった後は放送内容の確認を行う打ち合わせに参加。ここで、同じく番組補助を担当するADから、その日の仕事内容についての説明が行われる。今回は、タテアニメで配信中の『バイト先は「悪の組織」!?』に出演する声優の須田裕莉香さん、木村好克監督がゲストということで、「アルバイト」にちなんだ企画が番組で行われ、その企画のサポートをすることとなった。

番組ADから説明を受ける笠原さん。「番組中は何かと不測の事態が起きがちだから色々とお願いするかも……」と言われ、緊張感が更に高まります

 ADからの説明が終わり、番組開始を知らせるカウントダウンが終わったところで、いよいよ本番がスタート。本番中に椅子や机の移動、企画のサポートなどを行う笠原さんの表情からは、緊張感と併せて憧れの業界への想いがひしひしと感じられた。

場面転換時に椅子を運ぶ笠原さん

今回の放送では「出演者のうち1人が居酒屋の店員になって、他出演者の注文を覚える」という企画が行われました。その企画で各出演者の注文を覚え、合っているかどうかディレクターに合図していたのが笠原さんでした

 予定より放送時間が長くなったが、番組は無事に終了。終了後は番組メインMCである声優の立花理香さん、アシスタントMCの礒部花凛さん、アニメディアの馬淵編集長と笠原さんとで記念撮影を行った。その場で立花さんから「ありがとうございました!」という言葉もかけられた笠原さん。最後は笑みを浮かべ、「ドリームバイト」は終了の時間を迎えた。

番組レギュラー陣と記念撮影! 笠原さん、サポートありがとうございました!

●ドリームバイトについて
バイトルがプロデュースする「夢のようなバイト」実現プロジェクトです。心揺さぶる驚きと感動の非日常なアルバイト体験を最高に楽しもう! 日給は3.3万円! 全国どこからでも交通費を支給し、宿泊施設もご用意! ※詳細は採用後にお伝えいたします。

公式サイトはこちら⇒
https://www.baitoru.com/cp/dream/



この記事のキーワード

PAGETOP