超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

カラコンのプロ!? コスプレイヤー100 人に調査!コスプレイヤーが使うカラコンの色1位は青!

2017/12/14


 株式会社日本オプティカルは、日本アルコン株式会社協力のもと 20 代~60 代までの 男女 100 人を対象に「コスプレイヤーに聞く、カラコンに関する調査」を実施し、その調査結果を発表した。

 調査では、コスプレ時にカラコンを使用するコスプレイヤーは、「約 4 割が『安全性』を基準にカラコンを購入する」 「半数以上が『目が疲れる』『瞳がゴロゴロする』といった悩みを持っている」などの結果が明らかに。理想の容姿を実現するためにカラコンを愛用するコスプレイヤーが、意外にも見た目だけではなく品質も重視してカラコンを 選んでいるという、興味深い結果となった。 また、コスプレイヤーが一番多く使うカラコンの色が「青色」であるという雑学や、カラコンがないだけで、コスプレの完成度は約 50%も下がるというコスプレイヤーの認識など、様々なことが明らかになった。

【コスプレイヤーに関する調査結果概要】
・コスプレをする時、最もこだわるポイント 1 位は「カラコン」(48%)、2 位は「衣装」(45%)。
・9 割以上がコスプレをする時、カラコンをつけていると周囲の反応が「変わる」と回答。 (カラコンがないだけでコスプレの完成度は約 50%下がる)
・コスプレイヤーに最も人気のカラーは「青色」。
・約4割は「安全性」を基準にカラコンを購入。 ・過半数は「目が疲れる」「瞳がゴロゴロする」といった悩みを抱えている。

<コスプレの時にこだわるのは衣装よりもカラコン>

 月に 1 回以上コスプレをするコスプレイヤーたちに、日頃どのようにカラコンを使用しているのか質問。 意外なことに、コスプレの際にもっともこだわるポイントは「衣装(45%)」よりも「カラコン(48%)」であることが判明。顔の中でも人の印象をかなり左右する「目」はコスプレイヤーにとっても最注力ポイントのようだ。

<カラコンのあるなしで印象が左右される>

 コスプレをする時に、カラコンをつけると周囲からの反応が「とても変わる」「どちらかというと変わる」と回答した人は、9 割を超えた(95%)。漫画やアニメ作品などのキャラクターになりきるコスプレにおいて、いかにカラコン が重要な役割を果たしているかが分かる結果に。 カラコンがなければコスプレの完成度が下がると感じている人が多く、「目の印象は大きいと思うので(22 歳女 性)」「目は顔で一番目立っている所なので(42 歳男性)」といった、目は印象的なパーツであるからこそ重視するという声や、「なるべくキャラクターと同じ色にしたい(28 歳女性)」「キャラになりきること(28 歳男性)」といっ た、最大限キャラクターに似せたいという声があった。 「カラーコンタクトをつけていないと、コスプレの完成度は何%下がりますか?」という問いでは、平均が 43%と、なんと半数近い回答に。

<コスプレの時によく購入するカラコンの色は「青色」>

 「コスプレの際購入することが多いカラコンの色について」の調査では、 なんと半数近くの 49%が「『青色』を購入することが多い」と回答。 2 次元のキャラクターに、青色の目が多いのか、青色の目のキャラクターのコスプレ人気が高いのかまでは不明だが、これは驚異的な結果だ。ちなみに、女性は赤色が 31%と、3位に大差をつけて2位。アニメの女性キャラは、赤色の目が多いのかもしれない。

<意外!?約 4 割がカラコン選びの際に「安全性」を重視>

 コスプレで使用するカラコンを購入する際の基準は、約 4 割の人が「安全性」と回答。「発色」「着色直 径」「写真写りの良さ」など、コスプレの完成度に影響するポイントよりも、さすがに、目に入れるものなので、装着時の安心感や使い心地の良さが求められているよう。 このように、理想のキャラクターの容姿を追求し、見た目を重視するコスプレイヤーですが、意外にもカラコン選びに は見た目以外のポイントを重視していることが判明した。

<過去のトラウマから性能重視に!?>

 カラコンについて困っていることをみると、「目が疲れる(33.0%)」「瞳がゴロゴロする(23.0%)」「充血する (18.0%)」など、多くの人が着用時のストレスを感じていることが分かる。具体的なエピソードとしては、「写真を取ることが多いので目が乾く(32 歳女性)」「目の化粧が濃いせいもあってか、目がすごく痛くなって涙が出てきて、メイクがボロボロになってしまった(32 歳女性)」といった、コスプレイヤー ならではの声があった。 また、「青いカラコンをつけていたのに目が充血してきて、気がついたら紫の目になっていた(42 歳女性)」という恐ろしい体験談や、「コスプレ姿でいる際、目薬が切れて、ドラッグストアで購入する際、目立った(26 歳女性)」 といった珍エピソードも。 長時間コスプレを楽しむためには、ストレスフリーで安全性の高いカラコンが必須なのかもしれない。

【調査概要】
調査期間:2017 年 10 月 4 日(水)~2017 年 10 月 6 日(金)
対象人数:100 人 対象年齢:20 代~60 代・男女
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング
*日本アルコン株式会社協力

日本オプティカル 特設サイト
http://www.heart-up.com/campaign/alconspcp/eoaccb



PAGETOP