超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】『HUGっと!プリキュア』引坂理絵×本泉莉奈×小倉唯 ソロ曲はそれぞれの「らしさ」が満載!

2018/6/16



 新たなプリキュアの詳細が発表されるなど、怒涛の展開をみせる『HUGっと!プリキュア』のキャラクターソングCDが発売中。野乃はな/キュアエール役の引坂理絵、薬師寺さあや/キュアアンジュ役の本泉莉奈、輝木ほまれ/キュアエトワール役の小倉唯の3人が、キャラクターソングについて語ってくれたインタビューが、再び現在発売中の「アニメディア」7月号に掲載されている。「超!アニメディア」では、誌面では紹介しきれなかったロング版インタビューをお届けする。

引坂 作品のエンディングテーマは3人で歌わせて頂きましたが、今回は1人でのレコーディングという事でとても緊張しました。元気で前向きなキュアエールらしさを感じて頂けるよう、ひとつひとつのフレーズを大切に、精一杯歌わせて頂きました!

本泉 はなのキャラクターソングは、応援ソングでもあるし、はなの“なりたい私”について熱く歌われているので、聴くだけで元気をもらえるよね。

小倉 まだレコーディング前だったころにみんなでソロ曲の話をしていて、「エールの曲は聴いている人にエールを届けるような、コールアンドレスポンスが入った曲」だと聞いていたんです。実際に聴いてみたら、イメージどおりの元気いっぱいな曲で、この曲を聴くと疲れも吹き飛んで、明日からまた頑張ろうって思える、ポジティブな楽曲だと思います。

――キュアアンジュの歌は、すごく素直な美しい雰囲気です。

本泉 歌詞は7話のエピソードがフォーカスされていて、一度演じた部分でもあるので歌いやすかったです。サビでは前向きさが感じられるので「仲間たちがいるから、前を向いていけるんだよ、ありがとう」という気持ちを込めて歌いました。レコーディングでは、「“天使感”を出して」と言われたので、サビの部分は翼がフワッて生えているキュアアンジュをイメージしました。

引坂 確かに、羽が見えた!

小倉 うん、神々しかったよね。

引坂 さあやってすごく清楚で、女性の憧れ的な部分を備えつつ、芯は意外としっかりとしているんですよね。美しくてはかないけど、そのなかに強さがあるのが歌からも感じ取れました。

――キュアエトワールのソロは、クールさよりやわらかさが感じられますね。

小倉 4、5話のスケートのトラウマから立ち直るところがフィーチャーされていて、弱い自分があるからこそ次に進めるという希望が見え隠れした歌詞だったので、その弱さも感じてもらいたいと思いながら歌いました。ほまれは最近“キャラ崩壊”がいい意味で激しく演じる幅も広がっているので、歌に関しても閉じこもらずに、歌の世界観とほまれの気持ちを大事に、のびのびと歌えました。

引坂 抑えるところはギュッと抑えているのに、いきなりセリフが入っているのがステキ!やわらかい雰囲気の中にキュアエールのかっこよさもギュッと詰まってた!!

本泉 キュアエトワールはちょっと怖がられていたり誤解を受けやすい子だったけど、さあやたちと過ごすことで、笑顔も増えていって、ギャップも垣間見えて。そこからのこの曲だもん、もう“たまらん……!”って(笑)。

――物語は18話まで進んでいます。最初のころと比べて3人の距離もかなり近くなったと思います。

引坂 距離が近づくにつれて、さあやとほまれの新たな一面を知り、自分にはないものを持つ2人に、はなは劣等感を感じていたりもしたのですが、様々な経験を経て、やっぱり自分にできることは応援なんだと気づき、周りへの気遣いや優しさを言葉だけじゃなく行動でも示せるようになり、少し大人になれたのかなと思います。

本泉 はなは全然ぶれないところがすごいと思う。つまずいても「なりたい私になる」っていう気持ちは変わらないから。

小倉 はなは本当に素直だよね。はなにしかできない言葉で、みんなの心を動かすから、いつもハッとさせられるかな。

本泉 そうそう。そんなはなだからこそ、ルールーが変わるきっかけになれたんだと思うよね。さあやは、最初のころはみんなに対してすごくいい子でいようとする印象でしたね。でも、はなやほまれたちと過ごすことで、今はすごく心を開けるようになった。ふだんは一歩引いて見ている冷静な部分があるんですけど、だんだん冷静すぎず、パーソナルな部分が表に出てくるようになったなと感じています。褒められても、最初は「ありがとう」って言えなかったのに、今は恥ずかしがってでも言えるようになったので、前に進んでいますよね。

引坂 さあやは、いつもはなの側についてくれる気がする。

本泉 さあやにとって、はなは本当に憧れだし、はなのやることは間違いないと思っているから、絶対フォローするよね。はなとの関係は、持ちつ持たれつっていう感じがする。

小倉 さあやって、いるだけで安心感があるよね。もし、はなとほまれのふたりだけだったら、こんなにまとまりよくなっていないと思う。

引坂 たしかに!!

小倉 さあやはほまれがちょっと難しいことを言ったときに、通訳してはなに説明してくれるから(笑)。

引坂 そうそう。だから、はなとほまれのふたりだけだと、お互いわかり合えなかった可能性があるなと思って。

小倉 ボケとツッコミが永遠にすれ違ってオチがない、みたいな? コントみたいになりそう。

――たしかに、3人でいいバランスが取れている感じはありますよね。

小倉 ほまれは子どものころからのできごとがあって、周りとの距離をうまく取れなかったりしていたけど、ふたりに出会ったことですごくいい表情ができるようになったなと思います。ひとりは天然で、ほっとけない。でもすごく素直だし、もうひとりは世界は違えど通じるものがあるので、かけがえのない仲間に出会えて、心が豊かになったなって台本を読んでいても思うんです。あと、最近はギャグキャラにもなってきていて(笑)。

引坂 はぐたんに一番デレるもんね。もう、その姿が“きゃわたん”です。

本泉 “きゃわたん”に尽きるよね。

引坂 観るたびに新しい一面を知ることができるので、すごく楽しい子だなと思います。

本泉 あと、いろいろフラグを立てすぎだと思います!

引坂 この先もっといろんな属性を増やしていくんですよ。ずるい!

小倉 ずるいって言われても(笑)。

本泉 でも、3人とも違うタイプだからこその強さはあるよね。

引坂 うん、お互いの足りない部分を補い合っている感じ。

小倉 その結束力が素晴らしいよね。

――18話あたりはルールー絡みでかなりハードな展開もありました。

小倉 毎回アフレコ現場で次週の台本をいただくんですが、16話はスタジオ中に悲しみが満ちあふれていました。

引坂 子どもたちのトラウマになるんじゃないかと思って心配しました…。

本泉 パップルへの怒りの気持ちが強くなっちゃうんだよね。

引坂 この先の関係性の変化が気になります。はな的にルールーは、家に来てくれているので、ブラザーみたいな存在で……。

本泉 ……ブラザー? シスターじゃないの?

引坂 シスターだ!

小倉 急にブラザーって言うから、深い理由があるのかと思った(笑)。

引坂 ただの言い間違いです!(笑)

本泉 ルールーがえみると仲よくなっていくのは、精神年齢が近いからなのかなと思うんですね。心が芽生えたばかりなので目線が近いし、いい意味で遠慮を知らないから、15話でえみるの兄の正人に「なぜギターはダメなのですか?」ってストレートに聞けちゃう。あそこで、ぷくってほっぺたを膨らませるルールーは本当にかわいかったし、アンドロイドではなく、普通の女の子と何も変わらないなって思いました。

――7月にはシングルをひっさげてのライブも開催されます。

引坂 『HUGっと!プリキュア』では初めてのライブなので、応援して下さる皆様に会えるのが、今からとても楽しみです!

本泉 正直なところ、緊張してしょうがないんです。でも、来てくださるのは『プリキュア』を好きな方だと思うので、みなさんとひとつのステージを作り上げることができるのが今から楽しみです。ライブでは、CDとはまた違った雰囲気での歌声をお届けできると思っています。

小倉 ライブではアフレコとは息の合わせ方も変わってくると思うので、リハーサルも含めてキャストの絆も強くなって、それがその先のアフレコにもいい影響を与えてくれるだろうなと思っています。このライブで、より一体感や結束力が高まったら素敵ですね。

引坂 出演者の誰よりも緊張している自信があります(笑)キュアエールの歌はコールアンドレスポンスが命なので、皆さんと一緒にライブを盛り上げられたらいいなと思います。

本泉 私も袖でコールアンドレスポンスをやる気満々だよ!

小倉 うん! お客さんもみんな味方だから、精いっぱい頑張ろうね!

EDテーマ「HUGっと!未来☆ドリーマー」についてのインタビューはこちら
【インタビュー】『HUGっと!プリキュア』引坂理絵×本泉莉奈×小倉唯 3人で歌うEDはプリキュア史上最高難度!?

〈番組情報〉
「HUGっと!プリキュア」

毎週日曜日朝8時30分よりABC朝日放送ほかで放送中
DVD第1巻、マーベラスより6月20日発売。4,104円
Blu-ray第1巻、マーベラスより9月19日発売。24,840円 (各税込)
7月29日にアーティスト、キャスト出演のライブ開催

〈CD情報〉
「HUGっと!プリキュア キャラクターシングル」
1,620円(税込)
マーベラス
発売中
 ED「HUGっと未来☆ドリーマー」では3人で息の合った歌唱を披露してくれたプリキュアが、キャラクターソングシングルをリリース。キュアエール、キュアアンジュ、キュアエトワールのソロと、それぞれのオリジナルカラオケを収録。7月29日開催のライブの最速先行抽選券も封入。

「HUGっと!プリキュア」公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/

©ABC-A・東映アニメーション

取材・文/野下奈生(アイプランニング)



PAGETOP