超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】福原遥&戸松遥が歌うドラマ「声ガール」主題歌は「歌詞に励まされながら歌いました!」

2018/6/8



 声優をめざす女の子たちの奮闘ぶりを描いたTVドラマ『声ガール!』。このドラマで主役の菊池真琴役を演じている福原遥と、「本人役」で出演中の戸松遥が、限定ユニット「福原遥×戸松遥」を結成して、同番組の主題歌である「It’s Show Time!!」をリリースする。そこで今回はこの“ダブル遥”の対談を敢行。この曲について、そしてドラマについて語ってもらった!

──福原さんが演じている菊池真琴はどんな女の子ですか?

福原 真琴ちゃんは、天真爛漫で、本当に元気な子です。最初は夢や目標を持っていなかったんですが、声優という存在に出会って人生が180度変化して、「声優になる」という目標に向かって、ひたすら走り続けるようになるんです。彼女の「頑張ろう!」という気持ちは周りを巻き込むことがあるんですが、そんなところは本当にすごいと思いますね。

戸松 夢に向かってスタートしたばかりの、怖いもの知らずな感じが、本当にまぶしいですね。うらやましいとすら思います。

──声優になりたい女の子を演じるというのはどんな心境なんですか?

福原 私自身は、声優のキャリアは浅いんですけど、『キラキラ☆プリキュアアラモード』で有栖川ひまり(キュアカスタード)の役を1年間やらせていただいて、「声優をもっとやりたい!」「もっと知りたい!」と思っていたので、このお話をいただいたときは、本当にうれしかったです。そして、真琴ちゃんを演じていると、声優としてまだまだな私にとって「わかる!」と思えたり、自分の経験と重ねたりということがあるので、なんだか余計にワクワクするんです。

──一方の戸松さんは、なんとご本人の役で出演しているんですよね。

戸松 はい、本人役です(笑)。もちろん初めての経験ですね。このドラマの収録が始まる前に、スタッフの方が「こんなときに戸松さんだったらどんなことを言いますか?」とか「声優だったらここでどんな専門用語をいうんですか?」といった感じで時間をかけてリサーチをしてくれたおかげで、とてもすんなりと演じることができました。そういえば、収録前の私はかなりチャキチャキとしたキャラだったんですが、「私はそんなに引っ張るタイプではありませんよ」とお伝えしたことで、少しマイルドになっていました(笑)。


──ドラマに出てくる戸松さんは、本物の戸松さんとほぼ同じキャラクターだと思って間違いない?

戸松 そうですね……本物の私はもっと動きがうるさいので……ドラマのほうがキレイな戸松さんかなぁ(笑)。

──なるほど(笑)。福原さんはドラマのなかの戸松さんをどう思います?

福原 クランクイン前のリハーサルのときから、「テンポ感が合うな〜」と勝手に思っていたんですけど……。

戸松 お〜。それはうれしい!

福原 毎回ふたりでからむシーンがあるんですけど、テンポ感が合うので、安心して掛け合いができるんです。それに、ふたりのシーンはギャグっぽい感じが多めなので、基本的に「思い切り遊ぼう」と思って臨んでいます(笑)。

戸松 わかるわかる(笑)。

福原 遊んだとしても、ふたりの空間が崩れることなく、ちゃんと成立していて。だから戸松さんとからんでいると本当に楽しいんですよね。

戸松 うれしいな〜。私も、かなり楽しんでます(笑)。

──福原さんは戸松さんに憧れていたそうですけど、実際の戸松さんにどんなイメージを抱いているんですか?

福原 いま、戸松さんを目の前にしてそれを言うんですか!?

戸松 全然いいよ!

──思い切ってご本人の前で、表現してみましょう!

福原 えーと……これまで何度かお会いする機会はあったんですけど、ちゃんとお話しするのは今回の共演で初めてで……。実際にお話してみたら、「やっぱり好きだ!」と再確認しました。

戸松 ありがとう!

福原 最初は話しかけることに躊躇していたんですけど、そうしたらリハーサルのときに戸松さんのほうからすごくやさしく話しかけてくださって。それからは、完全に頼っています。

──今まで憧れの存在だったのが、そこに親しみのような感情も加わったと。

福原 本当にそういう感じです。ご飯にもつれて行ってくださって(笑)。

戸松 そこはお姉さんですから(笑)。

福原 本当に頼りっぱなしなんです。

──戸松さんは今回の共演で福原さんへのイメージに変化はありましたか?

戸松 遥ちゃんのことは、「まいんちゃん」を演じていた子役時代のころから見ていたので、今回会ったときには、「こんなに大きくなって!」と思ってしまいました(笑)。それに、名前も同じ「遥」ということで、一方的に親近感を持っていて、「いつか共演できたらいいな」と思っていたんです。それがまさか、ここまでガッツリと共演できることになるとは(笑)。

──共演のみならず、デュエットまでしていますからね。

戸松 歌まで一緒に歌えるというのは、ビックリしましたし、素直にうれしかったですね。あと、私はドラマの現場は数えるほどしか経験したことがなかったので、初めて現場に入ったときは緊張していたんです。さっきリハーサルで私のほうから遥ちゃんに声をかけたというお話がありましたけど、現場では遥ちゃんが積極的に私に話しかけてきてくれたんですよね。そのおかげで、リラックスすることができました。とにかく、遥ちゃんのドラマの現場での立ち振る舞いは素敵なんです。誰にでも話しかけるし、出番が多いからつねにいそがしいはずなのに、ずっと笑顔でいるし。本当に共演できてよかったって思いますね。

──おふたりは『声ガール!』のエンディングテーマ「It’s Show Time!!」でデュエットをしているわけですが、この曲への印象をお聞かせください。

福原 私はこの曲のレコーディングをするときに、あまりにも緊張してしまって、声もキーもめちゃくちゃになってしまったんです。さらに、歌い続けていたら、この曲の「努力しなきゃ何も始まらない」「とりあえずぶつかってみよう」というような内容の歌詞とそのときの私がリンクして、その前向きな歌詞に勇気づけられながら、最後まで歌いきることができました。

戸松 何だかわかるな〜。

福原 それで、レコーディングが終わったあとも、この曲をずっと聴き続けていたんですが、うまく行かないときに助けてくれる曲だなって改めて思いました。それに聴いていると笑顔になれるんです。

戸松 本当に明るくて前向きな気持ちになれる曲ですね。歌詞を読み込んでみると、私が声優だからというのもあるんですが、共感できたりグサグサと刺さったりする部分がかなりあるんですよね。そして、声優として初心を思い出させてくれる。こんな曲を歌わせていただけるなんて、心からうれしいなと思いました。

──この曲のミュージックビデオ(MV)はどのようなものに?

福原 すごく楽しくて、面白いMVです(笑)。

戸松 うん、楽しかったね。

福原 ドラマ仕立てなんですが、私が中華料理屋さんで働いていて、挫折したときに、戸松さんに助けられて、一緒に頑張る……ザックリと言うと、そんな内容です(笑)。

戸松 ふたりでMVの撮影をしたおかげで、「私たちユニットを組んだんだな」と実感できたんです。私は、スフィアを除くと、自分名義でユニットを組むのは初めてだったんですよね。なので、遥ちゃんとのMV撮影は、かなり新鮮だったし、本当に楽しかったですね。

──では、話題を『声ガール!』に戻しまして……。このドラマの注目ポイントのひとつが、15周年を迎えた『プリキュアシリーズ』とコラボしていることです。

戸松 ドラマにまでつながってくるのが、『プリキュア』のすごさですよね。15周年か〜。私が『ハピネスチャージプリキュア!』に氷川いおな(キュアフォーチュン)役で出演したのが、ちょうど10周年のとき。節目で関係を持てるというのは、不思議な縁を感じます。

福原 私は初代の『ふたりはプリキュア』から観ていて、そのころに「プリキュアになりたい」と思っていて、去年の2月から今年の1月まで『キラキラ☆プリキュアアラモード』に出演させていただいたことで本当にプリキュアになれて……(笑)。ですから私は、「『プリキュア』と一緒に人生を歩んできた」と勝手に思っているんです。しかも、『キラキラ☆プリキュアアラモード』が終わってしまって悲しんでいたら、今度は『声ガール!』で『プリキュア』とコラボですからね。まるで「『プリキュア』とずっと一緒にいてもいい」と言ってもらえているみたいで、このコラボは私にとって本当にうれしいことなんです。

──では、終盤の見どころや思い出のシーンを教えてください。

戸松 各エピソードに「戸松さん」が登場して必ず真琴とからむんですが……。真琴は私のことを「戸松遥」だと知らなかった状態なんですよね〜。真琴にとっては「この人も声優をやってるんだ」という感覚みたいで(笑)。

福原 真琴から戸松さんに「頑張れ!」と言ったりアドバイスしたりすることもありますからね(笑)。

戸松 でも、真琴がその“事実”を知ることになったんです。その場面には、なんと浪川大輔さんが登場したんですけど、浪川さんが面白くて(笑)。

福原 アドリブがすごかったんです。

戸松 ドラマの現場でも、やっぱり浪川さんは浪川さんでした(笑)。

福原 あと、真琴は、声優への道を歩むうえで迷うようなことがありますが、そんな彼女がどのように殻を破るのかということに注目していただきたいです。みなさんに勇気を与えられるようなシーンがたくさん詰め込まれていますので、ぜひご期待ください!

戸松 真琴をはじめとするメインの5人の女の子たちが、それぞれの個性を活かしつつ、目標に向かって進んでいきます。声優への道は厳しくて狭き門なんだということが描かれていて、私も胸が痛くなることが多いですが、でも、そんな場面もとても面白く観られるようになっているんです。ぜひ彼女たちの奮闘ぶりを楽しんでください。そして、「戸松さん」の見どころは、ライブシーン……。

福原 あ、そうでした!

戸松 じつはそのシーン、私の実際のライブで、お客さんに協力していただいて、撮影したんです。かなり見どころのあるシーンになっていると思います。

〈プロフィール〉
【とまつ・はるか】 2月4日生まれ。愛知県出身。ミュージックレイン所属。主な出演作は『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ゼロツー役、『ハピネスチャージプリキュア!』氷川いおな / キュアフォーチュン役など。

【ふくはら・はるか】8月28日生まれ。埼玉県出身。研音所属。主な出演作は『恋は雨上がりのように』西田ユイ役、『キラキラ☆プリキュアアラモード』有栖川ひまり / キュアカスタード役など。

〈CD情報〉
「It’s Show Time!!」
福原遥×戸松遥
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
発売中
初回生産限定盤:1944円、通常盤:1296円(各税込)

 NHK Eテレの子ども向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の主人公・柊まいん役でブレイクした福原遥と、彼女が声優として尊敬している戸松遥が、限定ユニット「福原遥×戸松遥」を結成! 『声ガール!』の主題歌で、コケティッシュで思わず踊り出したくなるようなポップなダンスナンバー「It’s Show Time!!」をリリースする。初回生産限定盤は、同曲のMVやメイキングが収録されたDVD付き。

●初回盤


●通常盤

〈番組情報〉
声ガール!
毎週土曜日深夜2時30分~テレビ朝日、毎週日曜日よる11時35分~朝日放送テレビほかで放送中

© ABC TV All rights reserved.

「声ガール!」公式サイト
https://www.asahi.co.jp/koegirl/



この記事のキーワード

PAGETOP