超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニソン専門チャンネル「アニソンHOLIC」内のリクエスト番組「アニコロ」。2月23日まで投票受付中のテーマは「祝!週刊少年ジャンプ50周年!前期作品VS後期作品」

2018/2/12


 2017年11月より新放送サービスi-dio(V-Lowマルチメディア放送)で“新たな放送チャンネル”として開局された、アニメソングに選曲を限定したアニソン専門チャンネル「アニソンHOLIC」(略称アニホリ)。本チャンネルでは、アニソンが流れるほかに、メイン企画となるリスナー参加型番組『アニコロ!』(毎週月曜日~金曜日 12時00分、17時00分、22時00分  ON AIR!)を放送中。リスナーからの「かけろ!」投票で特集内容を決定し、週末にはその投票結果に基づいた特集が終日編成で放送される。番組のメインMCは、お笑いタレントの天津・向清太朗と、声優・歌手のMachicoが務めている。

 これまでの投票テーマは「機動戦士ガンダムシリーズ VS 超時空要塞マクロスシリーズ」(特集内容はマクロスに決定)、「アイドルマスターVS ラブライブ!」(特集内容はアイドルマスターに決定)、「ロボットアニメVS魔法少女アニメ」(特集内容は魔法少女に決定)、「紅組VS白組」(特集内容は紅組に決定)「シャフトVS京都アニメーション」(特集内容は京都アニメーションに決定)、「舞台化VS実写化」(特集内容は舞台化に決定)、「女性限定! 声優ソロアーティストVS声優ユニット」(特集は女性声優ソロアーティストに決定)と、いずれも白熱するリクエスト合戦となった。

 そして、本日2月12日放送にて、次回投票テーマが発表された。投票テーマは「祝!週刊少年ジャンプ50周年!前期作品VS後期作品」に決定。今年創刊50周年を迎える週刊少年ジャンプ。創刊した1968年から1992年の25年間に連載がスタートした作品を前期作品、1993年から2017年の25年間に連載がスタートした作品を後期作品として、どちらの作品のアニソンを聞きたいかを決める。

 「前期作品」を応援するのは、昔よくお好み焼き屋に置いてあるジャンプを読んでいたという広島出身の天津 向。「(昔の作品が多くて)分からないかと思っていたけれど、アニメ化しているものも多くて知っている作品が多かった」と、世代を問わず知られているビッグタイトルが多いことを示し、「レジェンド組」と命名した。

 一方、「後期作品」を応援するのは、Machico。ジャンプは兄の影響で読んでいたそうで、向が命名した「レジェンド組」に対し、「ネオ組」と名付け、紹介した作品との思い出を熱く語りながら、アピールした。

 結果は2月25日(日)の放送で発表! 投票は2月23日(金)まで受付中。i-dioアプリの「アニコロ」ページにて簡単に投票できるので、どしどし応募してみよう!

 

写真は「アニソンHOLIC」マスコットAIのアニホリちゃん

<チャンネル概要> 
チャンネル名 「アニソンHOLIC」 
提供元(コンテンツプロバイダ) 東京マルチメディア放送株式会社 
放送エリア i-dio全放送ブロック(関東・甲信越、東海・北陸、近畿、九州・沖縄) 
放送時間 7時~28時(翌4時) ※毎日4時~7時は放送休止 
視聴方法 スマートフォン「i-dio」アプリ(インターネット受信モード)、i-dio専用受信機で無料視聴可能 
詳細は http://ch.i-dio.jp/



この記事のキーワード

PAGETOP