超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

サザエとマスオの結婚秘話が現代に!「HUNGRY DAYS サザエさん篇」11月22日(水) 【いい夫婦の日】から全国でオンエア開始!

2017/11/22


 日清食品株式会社(社長:安藤徳隆)は、カップヌードルのCM 「HUNGRY DAYS」シリーズ第三弾として、 「HUNGRY DAYS サザエさん篇」を11月22日(水)の「いい夫婦の日」から全国でオンエアを開始する。

 2017年、カップヌードルは「青春(アオハル)」をテーマに掲げ、青くて、熱くて、ハングリーな青春の日々を送るすべての人を応援。一日限りでTV放映した「予告篇」、その後開始した「魔女の宅急便篇」、そして前回の「アルプ スの少女ハイジ篇」と続く本CMシリーズは、インターネットでの動画総再生回数1000万回を超える注目作となり、さまざまなメディアでも数多く取り上げられた。

 今回最新作となる 「サザエさん篇」は、誰もが知る国民的漫画である「サザエさん」の主人公・サザエと夫・マスオが出会った 原作エピソード「公開お見合い」を題材に、現代の若者文化でもある「公開告白」風にアレンジすることで、ふたりの青春 パラレルワールドを描いている。 キャラクターデザインは窪之内英策、楽曲は「BUMP OF CHICKEN」の「記念撮影」と、シリーズ第一弾からの強力な布陣はそのままに、声優陣は TVアニメ「三者三葉」西川葉子役やゲーム「ときめきアイドル」田中フランチェスカ役の和久井優がサザエ役、 TVアニメ「黒子のバスケ」では櫻井良役、映画「君の名は。」で藤井司役を務めた島﨑信 長さんを起用し、誰も知らない、まったく新しい「サザエさん」をお届けする。

◆タイトル 「HUNGRY DAYS サザエさん篇」
公開日 2017年11月22日(水)

CM特設サイト
http://www.cupnoodle.jp/hungrydays/sazae/

YouTube
https://youtu.be/mykx0PVuTo4 (30秒)
https://youtu.be/zRLv0wDb7VM (15秒)

◆ストーリー「HUNGRY DAYS サザエさん篇」 (30秒)※15秒版もあります
高校生活最後となる文化祭。このイベントが終われば、卒業までの残り時間はわずか…。大勢の高校生で賑わう会 場で意を決し、マスオはサザエを呼びとめました。入学式、日々の授業、夏祭り…サザエと過ごした楽しい高校生活が 走馬灯のように、マスオの脳裏を駆け抜けていきます。そしてマスオは勇気を振り絞り、観衆が見守るなかサザエに想い を告げます。全校が注目するステージ上での公開告白。果たしてサザエの返事は…。

磯野サザエ
磯野家の長女。マスオと同じ高校に通う 高校生。明るく陽気な性格で、クラスの人気者。食べることが大好きで、食べ物への執着も人一倍強い。よく早弁しては先生に怒られたり、ドラ猫にたい焼きをとられたり、財布を忘れて綿あめを買えなかったり、と食にまつわるドタバタも多い。でもマスオは、そんな“おっちょこちょい”な部分も含めて、サザエに惹かれている。トレードマークは、遠くからでもわかるヘアスタイル。

フグ田マスオ
天真爛漫なサザエとは正反対の、マジメで 実直な性格。お人好しで、同級生のサザエ を「磯野さん」と呼ぶ律儀さを持つ。自分にないものを多く持つサザエに、出会った時 から惹かれている。 もともと人前で公開告白など大それたことをする性分ではないのだが、今回、最後の文化祭であることをきっかけに、一世一代の告白を決意する。 髪型はフワッとしたオールバック。丸いメガネ を愛用している。

磯野波平
サザエの父。頑固な性格で、サザエのことも厳 しく、愛を持って育てている。昭和世代の価値観をもっており、高校生の男女交際などもってのほかと考えている。娘の高校生活最後の文化祭を見に来ていたところ、マスオの公開告白にでくわす。口癖は「バッカモーン!」。

磯野フネ
サザエの母。優しく頼りになる存在。家族のことをいつも見守っている。 和服に割烹着姿がいつものスタイル。高校生活最後の文化祭を家族と一緒に見に来ていた。

磯野カツオ
サザエの弟。やんちゃでお調子者。勉強は苦手だが、賢くて要領はいい。目立つことが大好きで、YouTuberに興味を持っている。マスオの公開告白もバッチリ録画し、家に帰ったら世界に配信しようとしている。

磯野ワカメ
サザエの妹。まだ小さく、お母さんのだっこが必要。夕方頃になると眠くなってしまう。このころからトレードマークのおかっぱ頭は健在。

タマ
磯野家で飼っている猫。首の鈴がチャームポイント。

 

原作:「サザエさん」©長谷川町子美術館



PAGETOP