超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第4回は天然エース・内山悠里菜と喋ると止まらない稗田寧々

2019/10/26


 2019年10月23日(水)にデビューシングル「はじめてのかくめい!」をリリースした新人声優アーティストユニット「DIALOGUE+」。表題曲の「はじめてのかくめい!」は、TVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』OP主題歌で、作詞・作曲を田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN)が、編曲を田中秀和(MONACA)が担当している。さらにカップリングの「ダイアローグ+インビテーション!」は作詞・作曲をZAQ、編曲を堀江晶太が担当。アニソンファンもうなる布陣でのデビューとなる。

 超!アニメディアでは、DIALOGUE+のデビューを記念し、メンバー2人ずつのリレー形式でのインタビューを敢行。デビューシングルの魅力などに加えて、メンバー8人の個性を知ってもらうため、パーソナルなことに関してもお話をうかがった。第4回、ラストを務めるのは、全メンバーから「天然」と言われた内山悠里菜さんと喋り出すと止まらない稗田寧々さんのコンビ。

(左から)内山悠里菜、稗田寧々

――まず、自己紹介をお願いします!

内山 内山悠里菜、担当カラーはピンクです。特技はハンドボールです。中学生のときはハンドボール部でエースとして活躍していました! 新人賞を取ったこともあります。ハンドボールはすごく楽しいんですよ! 何というか、私的にはバレーとバスケは「フッ」という爽やかな感じ、ハンドボールは基本的に「おらー!」って感じがするんですよね。

――(……??)

内山 すごく楽しいです、ハンドボール! 趣味は冒険と動物と触れ合うこと、入浴剤集めです。お風呂が大好きで住む場所を決めるときの基準もお風呂の大きさでした。いまは入浴剤を入れて毎日優雅なお風呂タイムを楽しんでいます(笑)。

――どうしても「趣味:冒険」が引っ掛かってしまいます。

内山 知らない場所へ行くのが好きなんです。

稗田 あっ、私も散歩は好き!

内山 いや、冒険。

稗田 こだわりがあるんだね(笑)。

内山 迷ったら人に尋ねて、知らない土地を歩くのを楽しんでいます。

――冒険へのこだわりを感じました。アニメはどんな作品がお好きですか?

内山 『凪のあすから』が好きです。

稗田 水の描写が綺麗だよね!

内山 ね! 水に映る太陽や反射の光もすごく綺麗。あの作品を観てからウミウシがとっても好きになりました。可愛い。ジャンルとしてはファンタジー系が好きです。

――続いて、稗田さん、お願いします。

稗田 稗田寧々、担当カラーは黄色です。趣味も特技も映画と音楽です。映画は年間100本以上観るようにしているんですよ。ことしは昨日までで82本。

――年が明けるまであと2カ月ほど。いけそうですね!

稗田 昨年は10月半ばで100本達成していたのでペースは落ちちゃっていますが、100本以上の年間ノルマはいけると思います! 私、映画はたくさん観ているし、音楽も幅広く聞いているので、色々な人と話が合わせられると思うんです。だから、趣味だけじゃなくって特技にもしました!

――映画はどのようなジャンルを?

稗田 洋画が多いですが、ジャンルはアクションもラブストーリーもホラーも観ます! ホラーはちょっと怖いので、友達と一緒じゃないと嫌ですが(笑)。特に日本のホラーは現実に起こるんじゃないかと思えちゃうので、怖いですね。

――先ほどインタビューした緒方佑奈さんと守屋亨香さんからは「オタク気質」だとうかがいました。

稗田 メンバーからはよく言われます(笑)。アニメやゲームだと私より詳しいメンバーはいるはずなんですけど……。好きなことになると早口になっちゃうからなのか、なぜかオタクキャラが定着しています。

――そんな稗田さんが好きなアニメ作品は?

稗田 小さい頃からアニメは観ていたのですが、中学生の頃に本格的に好きなりました。当時観ていたのは『花咲くいろは』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『STEINS;GATE』や『Angel Beats!』ですね。ちょっと前だと『リトルウィッチアカデミア』の最終回で泣きました……! あとは、ジャンプ系の作品もよく観ます。『HUNTER×HUNTER』とか! 私、ヒソカが好きなんですけども、当時声を担当されていた高橋広樹さんが『テニスの王子様』では菊丸英二、『ヘタリア』では日本を演じていらっしゃったんです。それぞれ全然違うキャラクターを演じられていたので、驚きました。そんな体験と併せて、声優という職業に興味を持つようになったきっかけは『桜蘭高校ホスト部』ですね。

――そうなんですね!

稗田 はい。元々歌うことやお芝居を仕事にできたらとは思っていて、そんなとき、TVアニメ『桜蘭高校ホスト部』にご出演されていた宮野真守さんや坂本真綾さんのことを知りました。おふたりともアニメのお仕事以外にも洋画の吹き替え、歌やラジオなど、幅広く活躍されていらっしゃいます。だから、声優になれば、アニメや映画のお仕事にも関われて、お芝居もできて、歌を歌うこともできるかもしれない。自分の好きなことが全部詰まっていると思ったんです。それから「声優」の道を志すようになりました。

――なるほど。内山さんはどのような経緯で声優になろうと思ったのですか?

内山 私が小学3年生のときに、姉が『テイルズオブファンタジア』をやっていて、当時はゲームから声が聞こえることが自分のなかでは新鮮だったんです。そのとき、姉が声優という職業があることを教えてくれたんです。それがきっかけで声優のことを調べるようになって、目指したいと思うようになりました。ただ、実は一途に声優になりたいと思っていたわけじゃなくて、「タレントになりたい」「アイドルになる!」「女優さんがいい!」と色々と迷っちゃった時期があって。最終的に「やっぱり声優だ」と思ったのが13歳の頃でした。

――声優への道を歩むことを決めたきっかけは何だったのでしょうか?

内山 『カードファイト!! ヴァンガード』がきっかけになりました。あの……うちの姉弟ってすごく変わったアニメの観方をするんですよ。

――?? というのは?

内山 自分がどのキャラクターの声を担当するか決めて、モノマネをしながらアニメを観ていたんです。

――た、確かに変わっている!

内山 弟がA、姉がB、私がCみたいに担当を決めて、アニメを観ていました。担当するのは男性・女性関係なし。『カードファイト!! ヴァンガード』で私が担当していたのは佐藤拓也さんが演じていらっしゃった櫂トシキでした。作品自体にもすごくハマりました! そんなことをしながらアニメを観ていたとき、たまたま副音声のボタンを押しちゃったんですよね。そしたら、声優さんたちがトークをされているのが聞こえてきて! それがめちゃくちゃ面白かったんです。そこで、副音声でも観ている側を楽しませることができる声優という職業の力と幅の広さを知りました。その瞬間「絶対に声優になりたい!」って思ったんです。

稗田 姉弟でやっていたんだね! 私は中学生の時にアニメが好きな友達と一緒に「セリフノート」というのを作っていました。そこにはアニメやマンガのセリフがびっしり書いてあって。そのセリフを学校のベランダなどで周りを気にせずに言っていました。可愛い声を出したり、男の子っぽい声を出したり……。ちょっと痛い子だったかもしれません(笑)。

内山 友達とできるっていいね! 私は家族としかできないよ(笑)。

稗田 むしろ、家族とはできないなぁ(笑)。

――人それぞれ、ですね(笑)。ほかのメンバーの方にもうかがっているのですが、おふたりの音楽事情についても教えていただけますか?

内山 音楽は好きなんですけど、知識はあんまりなくて……。どういうジャンルがあるのかもほとんど知りませんでした。イントロで「これだ!」って決めちゃうタイプです。リズムがノリやすい曲も好きですね。あと、HoneyWorksさんはずっと聞いています。これから色々な音楽を知りたいので、オススメを教えていただきたいです! 

稗田 私は父親の影響で洋楽、特にQueenさんやABBAさん、アヴリル・ラヴィーンさんやブリトニー・スピアーズさんの曲を小さい頃から触れていました。あと、倉木麻衣さんやDo As Infinityさんは父親と一緒にライブに行くくらい好きです! 最初にライブに行ったのは5歳の頃だったかな。私、小さい頃にDo As Infinityさんのボーカルである伴さんからネックレスをいただいたことがあるんですよ!!

――貴重な体験ですね。

稗田 小さい子のファンは珍しかったんだと思います。手紙で「ライブでは会場の●●くらいの席から応援しています」って書いたら、ライブ中にネックレスを外してスタッフさん経由で私に渡してくださったんです。そのあとに行った日比谷の野外ライブでも、お花を手渡しでもらったことがあります。自慢です(笑)。

――す、すごい!

稗田 そういう経験もあって、音楽はもう欠かせない、大好きな存在なんです。中学・高校生のときにはK-POPにハマり、今ではメタルやビジュアル系などの激しめの曲も広く浅く聞くようになりました。邦ロックも色々なバンドを聴いています。EDMや電子音がたくさん入った曲も好きですが、基本的にはバンドサウンドのものが好きです。最近特に好きなのはBiSHさんやBABYMETALさんで、べビメタは高校生の頃からずっと好きです。アイドルも好きで、バンドじゃないもん!さんやももいろクローバーZさん、最近だとZOCさんの楽曲をよく聴いています。もちろん声優アーティストの楽曲もずっと好きです。スフィアさんは中学生の頃に声優誌の連載を読んでいた憧れの存在ですし、同じ事務所のi☆RisさんやWake Up, Girls!さん、あとは内田真礼さんの音楽が大好きです。LiSAさんの曲もすごく好き! 最近は会う人、会う人にオススメのアーティストさんを聞いています。もっと音楽の幅を広げていきたいです。

ーー語りますね!

稗田 止まらなくてすいません(笑)。

――それも魅力のひとつだと思います! 続いて、DIALOGUE+でのデビューが決まったときの感想を教えてください。

内山 デビューすると聞いたときはビックリしました。連絡があって間もなくアー写(アーティスト写真)の撮影だったのですが、実感があんまり湧いてなくて……。これから何が始まるんだろうっていう感覚が最初は強かったです。でも、もちろん嬉しさはありましたし、新しいことに挑戦する、頑張っていこうという気持ちは強かったですね。

稗田 元々はゲーム『CUE!』のオーディションを通過したと聞いていて、そのあとにDIALOGUE+での活動についてもお話を聞きました。最初は8人で声優ユニットとしてデビューします、デビューシングルはアニメタイアップです、と情報盛りだくさんで驚いてばかりでしたね。先ほど自己紹介でも言ったように、いつかはアニメの主題歌なども歌えたらいいなとは思っていたのですが、まさかこんなに早く叶うとは思ってなくて……。今でも夢かなと思っています。さらには、田淵さん、田中さんが楽曲を制作してくださると聞いて、もうシンプルに「マジで!?」って気持ちになりました。

――内田真礼さんやWake Up, Girls!さんの曲が好きな稗田さんにとっては神に等しい布陣だったかもしれないですね。

稗田 そうなんですよ! そりゃ、いつかはおふたりの曲を歌えたらいいな……って気持ちはありましたよ。でも初っ端からとは……。本当にビックリです。嬉しすぎました。

――そんな驚きのデビュー報告を受けてからこれまでレコーディングやMV収録などいろいろな活動をされてきました。その中で自分はユニットでどういう立ち位置にいると感じていますか?

稗田 これ、お互いの立ち位置を言い合っていいですか? この質問がきたらそうしようと、さっき打ち合わせしたので(笑)。

――わかりました(笑)。

稗田 ゆりにゃ (内山)はとにかく天然。ぼーっとしていることが多いです。喋り方もゆるゆるしています。よく「内山さん、聞いていますか?」って言われているよね(笑)。

内山 最初の頃なんて「寝てます?」って言われていました。目の前で話しかけられているのに、周りから見たらほぼ無反応だったみたいで(笑)。

稗田 この前もメンバーで話をしているときにゆりにゃだけは動画をずっと見ていたよね。すごくマイペース。でも、この8人でいると、ゆりにゃがエースポジションだなって感じるんですよね。そういう印象があります。私はどう?

内山 オタク(笑)。

稗田 おぃぃぃ!

内山 でも、ねーね(稗田)のオタクな部分って、私は魅力的だと思う。すごく喋りたそうにしているのに、ちゃんと相手の話が終わった後に話を切り出すじゃん。そういうところ、可愛いよ。

稗田 えっ(笑)。

内山 言いたいことを持っているけど、とりあえずみんなの話が終わってから「私もいいですか?」っていう感じで喋るのがめちゃくちゃ可愛い。

――周りに気を配りながら喋っていらっしゃるんですね。

稗田 前はお姉さんっぽいって言ってくれたよね? それはなくなった?

内山 すごく可愛い。

稗田 それはそれで嬉しいけど(笑)。でも私たちって根本は似ているよね。この前マネージャーさんからも言われたよ、ふたりとも変だから似ているって。

――括りが大きい!

稗田 何となく醸し出している空気が似ている気がするんですよね。

内山 だから私も、ねーねってすごく話しかけやすいって感じるのかもしれない。

――おふたりの仲のよさが伝わってきました! 続いて、デビュー曲の「はじめてのかくめい!」を聴いたときの印象を教えてください。

内山 最初に音源だけいただいて、その後に歌詞資料をいただいたのですが、歌詞を読んで私にとってもこれが革命だなって、私の心境やこれから起きることとすごく合っているなと思ったんです! 元気になるワードが散りばめられていましたし、アニメのタイアップ曲になることも決まっていたので、曲をもらった段階ですごくワクワクしました!

稗田 音源を聞いたときに「これは田淵さんの曲だ!」ってすぐに思って、もうテンションがあがりまくりました。歌詞の言葉選びが独特なのも、面白かったです。あとは、歌のなかにセリフがちりばめられているのも声優が歌う楽曲っぽさがあって、なんだか嬉しくなりました。レコーディングには田淵さんと田中さんがいらっしゃったんです。ふと我に返るとあの田淵さんや田中さんにディレクションしてもらっているんだ、と不思議な気持ちになりました。

――カップリング曲「ダイアローグ+インビテーション!」はいかがでしたか?

内山 この曲はZAQさんがメンバーの特徴を取り入れて歌詞を書いてくださったのですが、それぞれの個性がとても反映されていて嬉しかったです。あと、「はじめてのかくめい!」と歌詞がリンクしているのも素敵だなと思いました。

「ダイアローグ+インビテーション!」のレコーディングには田淵さんとZAQさんがいらっしゃったのでめちゃくちゃ緊張していました。カチコチの状態で歌っていたんですが、田淵さんが全身を使ってノッていらっしゃる姿が、ガラス越しのブースから見えたんです! 思わず3度見しちゃいました(笑)。田淵さんのその姿を見て、私もそれくらいの気持ちでやらないといけない!と思って。それから次第にノッてきて、楽しくレコーディングができました。

稗田 「ダイアローグ+インビテーション!」は8人それぞれが歌にのせて、自己紹介する歌詞があるのですが、そこはギターなどの楽器のリズムもそれぞれで違うんです。そのこだわりっぷりに感動しました。あと、この曲にはそれぞれの愛称を呼ぶパートがあるのですが、そこは全員でコーラスを入れているんです。この部分、レコーディング前の声だしで私は、気だるげな声を出したんですよ。そしたら、ZAQさんがその気だるい声にハマって、めちゃくちゃ笑ってくださって。結果的に「みんな高い声で可愛い感じだから、ねーねは低い声でやる気なさそうな感じで全部やろ」って言われました。あのパート、低い声で歌っているやつの正体は私です(笑)。また、曲の歌い出しが私なんですけども、「切り込み隊長感があってすごくいいね」とZAQさんに言っていただけたのが、すごく嬉しかったです!

――裏話も含めてお話いただきありがとうございました。今回、1stシングルを発売されますが、今後DIALOGUE+でやってみたいことはありますか?

内山 ツアーライブ。やりたいです。

稗田 まだ都内でしかライブをやったことがなくて……。いろいろな場所へ行って、もっと私たちのことを知ってもらいたいですね。だから私もツアーをやりたいです!

――個人としてはどのような声優を目指していきたいですか?

内山 オールラウンダーな声優になりたいです。こんな形でユニット活動をすることになるなんて、思いもしていなかったですが、一歩踏み込んだからには、全部やってやろう!という気持ちでいます。だから、オールラウンダーな声優を目指します!

稗田 歌も踊りも好きなのですが、一番はお芝居。お芝居で食べていきたいと思っているので、アニメや吹き替えの仕事で活躍できるようになりたいです。その土台があったうえで、他の活動でも活躍できるエンターテイナーな声優になれたらいいな。お芝居には限界がないので、きっと満足することは今後もないと思います。だから太く長く、ずっと声優の仕事をやっていきたいですね。

――本日はいろいろとお話いただきありがとうございました! 今回のインタビューは、リレー形式で行ってきました。インタビューの最後には次のふたりの紹介をしてもらってきましたが、内山さんと稗田さんは、最初にお話をうかがった鷹村彩花さんと宮原颯希さんがどのような方か、ご紹介いただけますか?

稗田 やかん(鷹村)は……うるさい(笑)。

内山 うるさいね(笑)。常にバタバタしている印象がある。

稗田 末っ子って感じがします。そういえば、私、最近やかんのモノマネにハマっているんですよ。「ピーピー言うよ、6歳児、鷹村彩花です!」

内山 似てる!

稗田 でしょ? 私、やかんと佑奈のモノマネは誰にも負けない自信がある。「鳥居で私と会いましょう、緒方佑奈です」

内山 めっちゃ似てる!

――村上まなつさんも緒方さんのモノマネをされていましたが、それ以上のクオリティです。

稗田 まなてぃー(村上)は下手なんで(笑)。さっぴー(宮原)は……DIALOGUE+で一番変な子だと思います。

内山 普通に見えるけど、実はちょっとヤバそうな何かを感じる(笑)。

稗田 毒舌で煽り手なんですよね。事務所の後輩なんですけども、恐ろしい後輩って感じです。可愛いけども怖い(笑)。

内山 でも、DIALOGUE+の8人が出てくる作品があるとしたら、私はさっぴー推しになる気がします。さっぴーみたいな性格の子が好きなんです。

稗田 ちなみに、私たちはなんて言われていたんですか?

――天然とオタク、ですね。

稗田 やっぱり(笑)。

――あと、冒険行かないでしょ?っていう意見もありました。

内山 あれぇ? わりと行くけどな。

稗田 ……。以上、DIALOGUE+でしたー!

 画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

撮影=塚越淳一

プロフィール

内山悠里菜【うちやま・ゆりな】4月28日生まれ。愛知県出身スターダストプロモーション所属。ゲーム『CUE!』では六石陽菜役を演じる。

 稗田寧々【ひえだ・ねね】1月15日生まれ。神奈川県出身。81プロデュース所属。ゲーム『CUE!』では鷹取舞花役を演じる。

DIALOGUE Debut single「はじめてのかくめい!」情報
発売日:2019年10月23日(水)
【初回限定盤(CD+DVD)
価格:1,800円(税別)
【通常盤(CD only)
価格:1,273円(税別)
CD収録内容】
1.はじめてのかくめい!
2.ダイアローグ+インビテーション!
3.はじめてのかくめい!(TVサイズ)
4.はじめてのかくめい!(Instrumental)
5.ダイアローグ+インビテーション!(Instrumental)

通常盤

限定盤

「DIALOGUE+」連載
第1回 鷹村彩花さん・宮原颯希さん⇒https://cho-animedia.jp/music/131322/
第2回 飯塚麻結さん・村上まなつさん⇒https://cho-animedia.jp/music/131842/
第3回 緒方佑奈さん・守屋亨香さん⇒https://cho-animedia.jp/music/132389/

DIALOGUE+公式サイト
https://dialogue-music.jp

DIALOGUE+公式Twitter
https://twitter.com/DIALOGUE_staff

DIALOGUE+公式Instagram
https://www.instagram.com/dialogue_staff/



この記事のキーワード

PAGETOP