超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

楠田亜衣奈の人生観を垣間見える最新アルバム『The LIFE』が登場!【インタビュー】

2019/7/13


 声優、そしてアーティストとして活躍する楠田亜衣奈が、7月17日に5thアルバム『The LIFE』をリリースする。本作は「ひとりの女性の物語」をテーマにしたコンセプトアルバムとなっており、楠田自身も3曲の作詞に挑戦。制作の思い出を語ってくれたインタビューが「アニメディア8月号」に掲載されている。「超!アニメディア」は、掲載しきれなかった部分を含めたインタビューの長文をご紹介しよう。

──今作『The LIFE』は、どのような経緯で制作されましたか?
 もともとは9月16日から開催されるライブツアー「楠田亜衣奈4th LIVE TOUR―The LIFE―」の話が先に進んでいて、昼夜2公演で行われることまで決まっていました。せっかくなら昼と夜とで二面性のある内容にしたいなと思い、だったらライブの軸となる最新アルバムにも二面性を持せたいと考えたんです。それでいろいろ考えた結果、“過去・現在・未来”というコンセプトで楽曲を作ってみようと決めました。とはいえ、楠田亜衣奈の過去・現在・未来だけを楽曲にしても、リスナーの方に共感してもらうことは難しいですよね。やっぱりリスナーの方自身の過去・現在・未来ともリンクするアルバムにしたかったので、『The LIFE』では私と同じ歳である“30歳の女性”という架空の人物を主人公に据えて、その女性の人生という物語を通して、過去・現在・未来を描くことにしました。

──なかなか壮大なテーマですね。
 結果的に、ですけどね(笑)。ぜひ、ひとりの女性の自叙伝を読んでいるような気分で、『The LIFE』を楽しんでもらえたらと思います。

――“ひとりの女性の物語”というテーマでの制作を通して、どんなことを感じられましたか。
 人生にはいろんな側面、またいろんな見方があるんだなと感じました。たとえば、私と同じ30歳の女性であっても、結婚されていたり、出産されていたり、はたまたお仕事で大成功を収められていたり。私がまだ経験していないことも含めて、さまざまな形が人生にはあるんですよね。過去や未来についても、行動ひとつでいろいろな“もしも”があると思いますし。もっと言えば、“楠田亜衣奈”の捉え方も、私と周りの人とで違うんだなと思って。アルバム制作のなかで、そういった人生の多彩な面を、過去・現在・未来という時間軸で作ることができたらいいなと感じました。


──そんな今回のアルバムは、どのような構成になっていますか?

 リード曲「The LIFE」を含む新曲10曲を収録しています。「The LIFE」は“自叙伝の表紙”をイメージして作ってもらった楽曲で、主人公の女性が自分の人生に思いをめぐらせながら、そのことを楽しんでいる前向きな様子が綴られています。とくに、1番、2番、3番のサビにある「~のページのわたし」というフレーズが好きです。過去・現在・未来とストーリーが進んでいるのはもちろんですが、どこを切り取っても、愛おしいと感じる“わたし”がいて、「人生を楽しんでいるなぁ」と感じました。
 続く9曲は、それぞれ3曲ずつ過去・現在・未来のテーマで作られていて、そのうち1曲ずつを私自身が作詞しています。まず過去をテーマにした「きっとずっと」は、私のなかで一番古い、初めてできた友達との記憶をもとに書きました。少し美化されているかもしれませんが(笑)、私にとってすごく大切な思い出なので、作品として残すことができてうれしかったです。続いて「トラベルガール!」は、現在をテーマにした楽曲です。最近、旅行をしたい気持ちがすごく盛り上がっているんですけど、なかなか機会に恵まれなくて……。だったら「頭のなかで思うぞんぶん旅行しちゃおう!」と、妄想しながら書きました(笑)。そもそも私は面倒くさがりな性格で、旅行すること自体も積極的ではなかったんです。でもここ数年、お仕事で海外へ行くことが増えて、「世界は広いな。もっと見てみたいな」と感じるようになりました。このように昔と今とで心境ががらりと変わることも人生の楽しみのひとつだと思いますね。最後に、未来をテーマにした「my own story」は、初めて“楠田亜衣奈らしくない言葉”で綴った挑戦作です。今の私にとって未来とは「何も決まっていない」ことで、だからこそ楠田亜衣奈を感じさせない言葉で書きたいと思いました。初めての試みだったこともあり本当に大変でしたが、アーティスト・楠田亜衣奈としての新しい一面を披露できたと思います。

──作詞曲だけでも、まったく雰囲気の異なる楽曲ばかりになりましたね。
 ですね。私のほかに、こだまさおりさん、PA-NONさんといった女性作詞家の方に歌詞を書いてもらっていて、とてもバラエティーに富んだアルバムになりました。どの曲も素敵な楽曲なので、ぜひじっくり聴いてもらえたらうれしいです。

――ここからは初回限定盤Bに収録されている「The LIFE」のMVでの思い出を教えてください。
 撮影自体はさくさく進んだと思います。1点、川辺を歩くシーンは日が落ちる直前を狙って撮影したので、MV内の雰囲気とは違って、かなりバタバタでしたけどね(笑)。

 個人的にMVで注目してもらいたいのは、ちょこちょこと映り込む小物たちです。ほとんど自宅からもってきたものなんですよ。たとえば、くまのぬいぐるみは、写真集の撮影で海外に行ったときに、お土産で買ってきたものです。そのほかにもお仕事で使用した物だったり、ファングッズだったりを、MVのあちこちに配置しています。昔から私を応援してくれている方にとっては、「見たことある! 持ってる!!」ものも多いと思いますので、ぜひ注目してください。

――最後にライブツアー「楠田亜衣奈4th LIVE TOUR―The LIFE―」への意気込みを教えてください。
 今回は、東京・大坂・名古屋を周って、1日に昼と夜の2公演行わせていただく予定です。昼と夜とではセットリストをがらっと変えて、昼公演「Yesterday」では過去をイメージした楽曲を、夜公演「Tomorrow」では未来をイメージした楽曲を歌おうと考えています。じつはまだライブで1度しか披露できていない楽曲もあったりするので、いろんな楽曲をたくさん歌いたいですね! ……なんて、ちょうどセットリストを絶賛考え中なのですが、歌う曲数などを考えると、「リハーサルが本当に大変だ……」と今ゾワっとしています(笑)。

 それからライブ自体の雰囲気も今までとは異なるものにしたいです。これまでは「みんなで楽しく歌って踊って」といった感じでしたけど、4thライブツアーでは少し落ち着いた、じっくりと聴いてもらえる内容にできたらいいですね。もちろん、盛り上がるところは派手にやりたいですけど、「楠田亜衣奈さんも30歳になって、大人っぽくなったんだな」と感じてもらえるようにしたいです。ぜひ、楠田亜衣奈30代突入初ライブを観に来てくださいね!

――『The LIFE』の楽曲も披露されますか?
 もちろんです! なので、ライブ前にいっぱい『The LIFE』を聴いてもらいたいです。一緒に歌えたりしたら幸せですね。

取材・文/宮島岳史

★プロフィール
楠田亜衣奈【くすだ・あいな】2月1日生まれ。千葉県出身。フリー。2015年にミニアルバム『First Sweet Wave』でソロデビュー。これまでにシングル1枚、アルバム2枚、ミニアルバム2枚をリリースしている。主なアニメの出演作は『ラブライブ!』東條希役、『リルリルフェアリル』ローズ役など。

<CDリリース情報>
5thアルバム「The LIFE」
バップより7月17日発売
初回限定盤Aおよび初回限定盤B:4,630円(税別)、通常盤:3,056円(税別)

 最新アルバムは“ひとりの女性の物語”をテーマにしたコンセプトアルバム。楠田も3曲の作詞を通して、自身の過去・現在・未来と対話している。そして初回限定盤Aには今年2月に開催されたBIRTHDAYイベントのライブ映像、初回限定盤Bにはリード曲「The LIFE」のMVなどを収録したBlu-rayが付く。

ジャケットギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

<ライブツアー情報>
楠田亜衣奈4th LIVE TOUR-The LIFE-
※最新情報は、公式サイトをご確認ください。

大阪公演/2019年9月16日(月・祝)
会場:BananaHALL
Yesterday:14:00開場/14:30開演
Tomorrow:17:30開場/18:00開演
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

名古屋公演/2019年9月23日(月・祝)
会場:Electric Lady Land
Yesterday:14:00開場/14:30開演
Tomorrow:17:30開場/18:00開演
お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

東京公演/2019年9月29日(日)
会場:TSUTAYA O-WEST
Yesterday:14:00開場/14:30開演
Tomorrow:17:30開場/18:00開演
お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888

チケット代:各7,000円(スタンディング・別途ドリンク代)



この記事のキーワード

PAGETOP