超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『プロメア』アイナ役・佐倉綾音が感じる今石&中島タッグ作品の魅力「手に負える人たちは出てこないです。でも、それがいい」【インタビュー】

2019/5/24


『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のTVシリーズを手掛けた監督・今石洋之と脚本・中島かずきが再びタッグを組み制作するオリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』。本作において主人公のガロが所属する消防隊〈バーニングレスキュー〉の女性隊員であるアイナ・アルデビット役を演じるのは声優の佐倉綾音である。超!アニメディアでは佐倉さんにインタビューを敢行。今石&中島作品に初めて参加する彼女に、作品のことやお芝居のことについてお話をうかがった。

アイナ・アルデビット役の佐倉綾音

【プロメアストーリー】
世界大炎上――突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉の炎によって世界の半分が焼失してから30年、一部の攻撃的な面々は〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。彼らが引き起こす火災を鎮火すべく、司政官クレイにより結成された高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロは、〈マッドバーニッシュ〉のリーダーであるリオと出会い、激しくぶつかり合う。
そんな中、リオからバーニッシュをめぐる衝撃の真実を告げられることに。さらにガロたちは“ある計画”の存在を知ることになる――。

――佐倉さんが演じるアイナ・アルデビットについて紹介をお願いします。

 公式サイトによるとクールで落ち着いた女子ということみたいなのですが、それは今石・中島作品の中でという話(笑)。私としてはそこそこ活発で姉御肌な一面もある子だと感じています。ガロのお姉さんっぽくもありながら母のように彼を見守ることもある、また幼馴染のように接することもあるという、そんな女の子です。

――ガロに対してはちょっとした感情を抱いているのかなというシーンもありました。

 ちょっと想いを寄せているのかな、という雰囲気は出ていますよね。そういったシーンも楽しみにしていただきたいと思います。

――演じていてアイナはどういう人物だと感じましたか?

『プロメア』に出てくる面々の中ではすごくちゃんとしている子だなと思いました。でも、度胸もあって、果敢で、正義感もある。だからこそバーニングレスキューにいるんだと思います。

――演じるにあたって意識したのは。

 アフレコが始まる前は女の子らしくなりすぎないようにしようと思っていたんです。中島さんは強い女性を描くのにとても長けていて、私が観てきた中島さんの作品はどの女性も戦っていたんですよね。だから、『プロメア』の脚本を読んだとき、アイナもやっぱり弱い女性にはしたくないなと思ったんです。でも、スタッフさんからは「可愛らしさは残してほしい」っていうオーダーがありました。

アイナ・アルデビット

――例えば可愛らしさが出たなと感じるシーンは。

 ガロと二人でいるシーンは「少し可愛らしく拗ねてください」というディレクションを受けました。きっと観ている人に「アイナは可愛らしい女の子である」というヒロイン然とした印象を残したかったんだと思います。

――今回、今石さん&中島さんの作品に関わるのは初めてですよね。

 そうですね。TRIGGER・A-1Pictures共同制作作品の『ダーリン・イン・ザ・フランキス』で瞬時に死ぬ役を演じたことがありますが、お二人が手掛けられた純粋なTRIGGER作品は初めてです。これまでもオーディションは受けたことはあったのですが、お二人の作品にはなかなかご縁がないのかなと思っていました。今回、実はオーディションに落ちた別作品のオーディションテープを参考にキャスティングしていただいたみたいなんです。個人的に中島さんが手掛けられた舞台『髑髏城の七人』なども観ていたので、『プロメア』に関わることができて嬉しいですね。

――そんな中島さんや今石さんの印象は?

 今石さんは勝手にバリス(※)みたいなムキムキの人だと思っていたのですが、アフレコのときにお会いしたら、とても穏やかなで優しい、それでいて奥には何か感じるものもある目をされている目力のある方でした。中島さんはインタビューなどでお写真を拝見したことがあったので顔は知っていたのですが、実際にお会いしてコミュニケーション能力が高い方だなと感じました。うちの父親と同じくらいの年齢だと思うのですが、若いカルチャーにも精通しているし、人の立場に立って話を聞いてくださるんです。会話が途切れることがあまりなく、『プロメア』に関わってからもう2回くらいご飯を食べに行きました。話していてとても楽しいです。

※『プロメア』に登場するバーニングレスキューの重機ギア担当。筋肉質で大男。

――アフレコはいかがでしたか?

 普段声優として活動している面々は集まって収録できたのですが、皆さんTRIGGER作品に出演されている方々ばかりで……。その輪に入るってどうなんだろうと思っていたのですが、別に”村感“みたいなものはなくて、みんなが思い思いに喋っていました。誰かが絶対に喋っていたし、とても気さくに話しかけてくださる先輩方が多くて、一人にさせてもらえなかったです(笑)。口角が上がりっぱなしの楽しい収録現場でした。

――誰かが誰かを巻き込んで会話が盛り上がるような現場?

 そうですね。飛び火してみんなで大やけどを負って笑っている、そんな感じでした。

――バーニングレスキューなのに(笑)。

 本当だ(笑)。ただ、やけどを負いつつもあたたかくて面白い現場でした。

――先輩方からは「TRIGGER作品はこうだよ」などアドバイスはありましたか?

 いやー(笑)。

――そういう話はあまりしなかった?

 そうですね。「この現場ではこうやんだよ」みたいな話は全然なくて。ただ、みんなが思い思いに喋っていて別の方向を向いているのに、背中は預け合っていて、ピッタリくっついていると感じました。それがとても居心地よくて、不思議な感覚になった現場でした。

――バラバラだけど、一体感がある。

 個性が強いけども、パズルみたいにそのピースがちゃんと当てはまるっていう感じですかね。かみ合っていて信頼感もあって……何よりみんなが楽しそうでした。みんないい緊張感は持っていたとは思うんですけど……いや、あんまりなかったかな。

――(笑)。

 みんな監督らとも仲がよいので、指示を仰ぐときも「これってこうなの?」とか「こうなってんの」という聞き方をしていて(笑)。あと、今回はプレスコに近い収録スタイルで、役者たちの芝居に併せて絵をつけてくれるパターンもあったんです。だから、絵コンテを見ながらみんなで「こういう動きにしよう」みたいなやり取りをしていていました。その様子を笑いながら観ていた記憶があります。

――ちなみに、いくつかのTRIGGER作品に関わっているルチア役の新谷真弓さんはこの作品は「ずっと自己紹介をしているようだ」とおっしゃられていました。

 確かに。色々なところで聞く「声が大きい人が勝つ」というのもそういうことなんだろうな。新谷さんは喋るだけで存在感がすごかったですね。この作品にはそういう“いるだけ”で存在感がある人たちが集まっているんですよ。

――そういう現場は役者として楽しい?

 楽しいですね。あと、顔出しの仕事をメインにされている俳優の方が声を担当されるのって、私はとても刺激になるんですよ。俳優さんは私たち声優だと普段は出てこない音をポンと出されるときがあるんです。声優は同じ音を出してと言われたら同じ音を出さないといけないっていう仕事。少し技術職の面もあるので、頭で考えて音を出してしまうこともあるのですが、普段の芝居とは違い、声だけで表現することにがむしゃらに注力しようとする俳優さんたちの奮闘は勉強になるし、聞いていて刺激にしかならないですね。俳優と声優では思考回路が違うとも思うので、その違う回路から出た音は自分の引き出しにしまっていきたいなと思っています。

――逆に佐倉さんがドラマなど顔出しの俳優をやってみたいという気持ちが芽生えることは?

 元々劇団にいてセリフを覚えるのが嫌で声の芝居を選んだ人間なので、どうでしょう。

――声優さんの仕事だと台本を持ちながらセリフを読むことができますもんね。

 そうなんですよ。だからこそ私は台本を覚えているだけで俳優さんはすごいなと無条件で思っちゃう。例えばそのセリフを覚えるという壁を越えられる技術が日本で生まれたらやりたいですけどね(笑)。台本を一瞬で頭に入れられる技術があれば。

――顔を出しての芝居に抵抗があるわけではない?

 そうですね。昔からお芝居全般が好きというのは変わらないのでそこに抵抗はないです。これは余談ですが、『プロメア』の特番の収録で使ったカメラは、カメラにカンペが表示されるシステムだったんですよ。報道でよく使われているカメラ目線でそのまま原稿が読めるというものなんですけど、これにすごくテンションが上がりました。だって、カンペ見ながらカメラ目線でいられるんですよ? 感動です! 恐らく、あの特番の撮影はテンションが異常に高かったと思います。「いつもより佐倉さん生き生きしているな」と思った方がいればそれが原因です(笑)。

――芝居のことから特番の裏話までお話いただきありがとうございました。続いて、物語についてもおうかがいできればと思います。佐倉さんが本作でお気に入りの場面はどこでしたか?

 ビジュアル面でいえば冒頭が好きです。冒頭って観ている人をその作品の世界観に引きずり込まなきゃいけない、とても大事な部分。やり方としてはインパクトを与えたり、じわじわ引きずり込んだりと色々だとは思いますが、本作ではイメージボードを動かしているような表現にスタイリッシュな音と鬼気迫る音楽が加わって、かつ不思議な幾何学っぽい演出がされている。冒頭だけでカッコいい、素敵な作品だとうかがえる映像に仕上がっていて、心のワクワクに語り掛けてくるようでした。物語としては火を消すものと燃やすものという対極の存在がいて、それぞれに正義があるという分かりやすいもので、そこに中島さんらしいセリフ回しが加わってキャラクターたちがどんどんバトンをつないでいく。そんな舞台を見ているような快活さも面白いです。あとは二人きりで語るシーンなど、人間関係の見せ方にも注目して欲しいですね。

――個人的にはガロみたいな暑苦しいタイプが好きなのですが、佐倉さんはいかがですか?

 現実にいたらちょっと嫌ですね(笑)。社会に少し適合できていないかな~って思っちゃう。だからこそアニメーションで見るのが爽快ですよね。身近にいたらアイナみたいに冷や冷やすると思うし、私はアイナみたく情に厚くないので、どっかで見切りをつけて手を離しちゃうと思います。

――もう無理だなって思っちゃう?

 いつか「勝手にすれば、あんたの人生だから巻き込まないで」って言っちゃうかも。でも、アイナにはそれでも余りあるガロへの愛情があるのかもしれないですね。

――では、どちらかと言うとリオのほうが好き?

 どっちかというと。でも、リオはリオで拗らせ過ぎている気がしなくもないですね(笑)。たぶん今石&中島作品に手に負える人たちは出てこないです。そう考えると面倒な人たちの集まり。まっすぐすぎるんでしょうね。それがいいんだと思います。

――だからこそ、作品を観ていて熱くなる。

 そうですね。でも、コンテンツってそうだよなって思います。現実で体感できないものをアニメーションで見られる、この作品にはそういう魅力が詰まっていると思います。

ーー最後に劇場に来てくれる方々へのメッセージをお願いします。

 映画館に足を運んでいただければすごい作品が始まったなと感じていただけると思います。絵も音の迫力も劇場で体感したほうがいいものに仕上がっていると思います。それに負けないようにと私達もキャラクターに声を吹き込ませていただいたので、ちょっとした非現実に生きる人たちの全力の生命力を劇場で感じてみてください。

佐倉綾音【さくら・あやね】1月29日生まれ。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演は『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』速杉ハヤト役、『僕のヒーローアカデミア』麗日お茶子役、『五等分の花嫁』中野四葉役、『のんのんびより』越谷夏海役 ほか

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

〈映画『プロメア』情報〉
5月24日(金)全国ロードショー
【キャスト】
松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】
原作:TRIGGER・中島かずき
監督:今石洋之
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:コヤマシゲト 
美術:でほぎゃらりー
美術監督:久保友孝
色彩設計:垣田由紀子
3DCG制作:サンジゲン
3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助
編集:植松淳一
音楽:澤野弘之
音響監督:えびなやすのり
タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部

『プロメア』公式サイト
promare-movie.com
『プロメア』公式Twitter
@promare_movie

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG



この記事のキーワード

PAGETOP