超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

湯浅政明監督最新作『きみと、波にのれたら』2019年6月21日公開!脚本・吉田玲子&音楽・大島ミチルの参加も決定!

2018/12/13



 『夜は短し歩けよ乙女』(2017)、『夜明け告げるルーのうた』(2017)の湯浅政明監督が贈る劇場アニメーション『きみと、波にのれたら』の公開が2019年6月21日(金)に決定した。

 本作は、陸の上ではなんでもソツなくこなすが、海の上では波乗り初⼼者の消防士・港(みなと)と、海の上では上手に波に乗れるが、陸ではやりたいことが⾒つからず“⼈⽣の波”に乗れない大学生・ひな⼦のラブストーリー。

 湯浅監督は劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』で第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、『夜明け告げるルーのうた』では仏・アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編コンペティション部門で見事グランプリにあたるクリスタル賞を受賞。さらに今年1月に全世界配信された「DEVILMAN crybaby」でも国内外で大きな反響が寄せられ、高い評価を獲得してきた。

 そんな、今もっともその才能に注目が集まるクリエイターのひとりである、湯浅監督が新たにオリジナル企画で取り組む本作。スタッフは脚本に『猫の恩返し』、『夜明け告げるルーのうた』、『若おかみは小学生!』の吉田玲子、音楽を『夜は短し歩けよ乙女』、『リトルウィッチアカデミア』の大島ミチルが担当!湯浅監督作品での活躍も記憶に新しく、かつ日本アニメーション界に欠かせない存在の2人が、本作でも強力なタッグを組む。

『きみと、波にのれたら』
2019年6月21日(金)全国ロードショー
監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子、音楽:大島ミチル、アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:東宝

【ストーリー】
大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会う。一緒にサーフィンに行くなど行動を共にするうちに、ひな子は誰かのために一生懸命になれる港にひかれてゆく。港もまたひな子に対して特別な想いを抱いていたのだった。

『きみと、波にのれたら』公式サイト
kimi-nami.com/ 

『きみと、波にのれたら』公式Twitter
https://twitter.com/kiminami_movie 

©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会



PAGETOP