超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』で初声優主演を飾る高杉真宙が語る「僕」について「怖がりで素直じゃない。『まったくこの子は…』と思いながら演じました」【インタビュー】

2018/8/29


高杉真宙
 住野よるの大ヒット小説が原作の劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』が、9月1日(土)にいよいよ全国公開。実写映画も公開された同作で、主人公「僕」を演じるのは俳優・高杉真宙。その瑞々しい感性で演じた「僕」について、たっぷりと語ってもらった。

――台本や原作を読んだときの感想を教えてください。
 先に台本を読んでから原作を読ませていただいてそれから小説を読んだんですけど、文章で風景が思い浮かぶんですよね。桜が散っている中で「僕」とヒロインの(山内)桜良が歩いているようなイメージだったり、そのふたりの距離感も本当に微妙で、壊れそうな感じだったり。原作を読んで、改めて本当に美しい物語だなと思いました。

――「僕」という役を演じるに当たって、アフレコ前に実写版はご覧になりましたか?
 実は観てないんです。(演技が)引きずられそうだと思ったのと、自分で理解して「僕」を作りたかったので。原作もそうですが、実写映画もたくさんの評価をされているので、答え合わせみたいで怖いじゃないですか(笑)。なので、あえて観なかったです。

――演じる上で気をつけたことは?
 桜良との距離感ですね。恋人でも友達でもない距離感、絶妙に近づきすぎない距離感というのを大事にしました。監督からは「一枚フィルターをかけて話して」と言われました。僕自身も人と距離を測る方なので、分かる気がします。他人に入られたくない距離って、誰にでもあると思うんですが、「僕」は壁が厚いんだと思います。徐々にその距離感が変化するというのを見せていけたらと思い演じました。


高杉真宙

――「僕」というキャラクターは、どういうキャラクターですか?
 怖がりな子というのが、一番強いかなと思います。人に関わるのが怖い。傷つくのが怖い。多分、この子の世界は小説にしかなくて、桜良に興味を持つきっかけが「共病文庫」(桜良の日記)ですけど、そこに書かれた桜良の感性や考え方、生き方、小説にはない−―自分にはない感性に惹かれたんだと思います。でもそれ以上近づかないのは、病気のことがあって自分が傷つかないようにという思いがあるので、微妙な距離感になるんだろうなと。一番核になっているのは恐怖が強くて、素直じゃなくて、あまのじゃくなんだと思うんですけど、僕は「僕」のそういうところが好きでやらせていただいたので。「本当にこの子は…」って思いながら(笑)。

――ご自身との共通点はありますか?
 僕も割とあまのじゃくなところがありますね。この子がそう思ってるか分かりませんが、自分とずっと向き合っているという点では、僕自身もそうです。僕も自分でやりたいと思ってることはたくさんあって、だからこそ自分と向き合い、追い詰めあってるんですけど。だから、桜良の言葉で「私はたくさんの人によって作られてる」というのは、僕自身にも刺さりましたね。いろんな人との出会いや会話で考え方が作られてきたんだと思うと、改めて考えさせられた言葉でした。

――特撮などでもアフレコの経験はあったと思いますが、改めて挑戦していかがでしたか?
 やっぱり、改めて難しいなと思いました。「仮面ライダー鎧武」の時は、スーツアクターさんと一緒にひとりの人物を演じていて「ふたりで演じてるから」って言ってもらえたのが印象的でした。でも今回改めて思ったのは、ドラマや映像はナチュラルに見せること、どれだけ自然でリアルに見せるかで観てる方を引き込むかなんですけど、その演技の割合のほとんどが表情や動きでの表現になるので、あまり声の強弱は付けていなかったんですよね。だから声だけで演じる時の緩急や強弱のつけ方には悩みながら演じました。

――また声優をやってみたいと思いますか?
 間違いなく! ここまで大変だった話ばかりしてましたが(笑)、結局楽しかったんです。仕事は楽しんでやりたいと思っているので、きつくても毎回楽しいなと思えるんですよね。今回も特にそれはありました。何をやったら成長できるのかわからないし、久々に逃げたくなりましたけど(笑)。(声優は)自分がずっとやりたいと思っていたことなので、理想と現実の差というのをどうしたら埋められるのか、随分悩みました。僕はアニメや漫画、ゲームが大好きなので、だからこそ自分が観てきた声優さんたちのプロの仕事、本当に素晴らしい素敵なアニメが理想なんです。その理想があるからこそ、現実は理想には遠く及ばない。どうやったら近づけるのか。何をしたらそこにたどり着けるのかもわからない。それは悩みました。

――声優をやるとしたら、どんな作品を演じてみたいですか?
 やっぱり、アニメならではのファンタジー系がやりたいです。アニメだからこそ表現できることって、あるじゃないですか。バトルものとかやってみたいですね。

――好きな声や声優さんは?
 林原めぐみさんの声が好きです(笑)。男性だと、神谷(浩史)さんです。セリフ回しが綺麗で、本当に素敵です!

――アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?
 僕としては、本当に緊張してましたね。初めてのことが多かったので、ずっと緊張の糸を途切らせないようにしいてたんです。だからあまり皆さんと多くお話できなかったんですけど、(桜良役の)Lynnさんや(恭子役の)藤井(ゆきよ)さんがいらっしゃると落ち着くといいますか、リラックスできる空間ではありましたね。あと僕が一番感動したのは、Lynnさんや藤井さん、(隆弘役の)内田雄馬さんがやりとりしてるシーンを見た時。高杉真宙が、素になって泣きそうになった瞬間です。「アニメの現場にいるんだ!」って(笑)。アニメに関わっているんだなと思った瞬間だったので、嬉しくて泣きそうになりましたね。

――高杉さんが今ハマってるものは何かありますか?
 「フォートナイト」というゲームをやっていて、次の日が休みなら戦場に向かってます(笑)。息抜きはだいたいゲームか漫画かアニメになりますね。友達に誘われたらご飯には行きますが、だいたい部屋にいることが多いですね。

――アニメや漫画がお好きとのことですが、影響を受けた作品はありますか?
 漫画の「ボールルームへようこそ」が、本当に大好きで。仕事で不安なときには、だいたい読み返して気合い入れていますね。主人公・富士田多々良くんの考え方だったり、まっすぐさなど、すごくわかる部分もたくさんありますし、そうなりたいと思う部分もたくさんあるので、すごく惹かれるんですよね。だから、読み返すと自分も頑張れるんです。自分が何かに影響されることはあまりないんですが、多々良くんには自分から影響されたいと思っています。

――最後に、映画の見どころを教えてください。
 原作も実写映画もたくさんの評価を受けている作品ですが、アニメ『君の膵臓をたべたい』には、アニメだからこそできる感情の表現があると思います。ラストのシーンや綺麗な風景もそうですが、これはアニメでしかできないというシーンがあります。だからこそ、実写とも異なる表現方法になっていると思いますので、アニメで見て欲しいなというのはありますね。この綺麗な風景と絵に自分の声が一つのピースとして加わって、素敵な作品になっていればいいなと思いますし、そうなっていると信じていますので、ぜひ劇場で観てほしいなと思います。

高杉真宙
【高杉真宙(たかすぎ・まひろ)】1996年7月4日生まれ。福岡県出身。スパイスパワー所属。2009年俳優デビュー。以降、「ゴーストライター」(フジ系)、「仮面ライダー鎧武/ガイム」(テレ朝系)、「セトウツミ」(テレ東系)、「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(フジ系)などに出演。今後も11月23日公開予定の映画『ギャングース』、11月9日より上演の「新感線☆RS『メタルマクベス』disc3」、2019年春公開の映画『賭ケグルイ』など、出演作品が目白押し。


〈『君の膵臓をたべたい』公開情報〉

9月1日(土)全国ロードショー

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社 刊)
原作イラスト:loundraw
監督・脚本:牛嶋新一郎  
キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一
美術監督:小川友佳子
音楽:世武裕子
アニメーション制作:スタジオヴォルン
配給:アニプレックス

STORY
他人に興味をもたず、いつもひとりで本を読んでいる高校生の「僕」。そんな「僕」はある日、『共病文庫』と記された一冊の文庫本を拾う。それは、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女が膵臓の病気で、余命いくばくもないことが記されていて……。病気を隠して日常を過ごす桜良と、その秘密を知った「僕」。
――二人の距離には、まだ名前がない。

■キャスト
出演:高杉真宙 Lynn 藤井ゆきよ 内田雄馬 福島潤 田中敦子 三木眞一郎 和久井映見


(C)住野よる/双葉社  (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ



この記事のキーワード

PAGETOP