超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』に出演する声優・松本梨香に聞く映画の魅力と理想のヒロイン – 「私が『ワンダーウーマン』役でよかったです」

2017/11/3


 スーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンなどをはじめとするスーパーヒーローのチーム「ジャスティス・リーグ」。彼らの活躍が描かれた映画やコミックスは多数あるが、この度、日本が誇る超低予算アニメ“鷹の爪”とタッグを組んだ映画が公開されることとなった。タイトルは『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』。2017年10月21日(土)に公開された本映画は、まさに格差コラボレーションというべき日米タッグで、何が起きるのか計り知れない作品である。

main

 超! アニメディアでは、本映画の公開を記念したインタビュー企画を3度に渡り行ってきた。しかし、記念インタビューはまだ終わってはいなかった……。四回目、本企画真実のラストとなる今回は「ワンダーウーマン」を演じる松本梨香さんにインタビューを敢行。作品の見どころに加えて、理想のヒロイン像についてお話いただいた。

f0000094reワンダーウーマン役を演じる声優の松本梨香さん

――本日はよろしくお願いします。松本さんは本映画の前作にあたる映画『鷹の爪8 ~吉田くんのXファイル~』でナスカリー役を演じられていましたね。本映画で再びオファーを受けたときにはどう感じましたか?

もちろん嬉しかったです。実は前作映画の舞台挨拶が終わった後に「次回も出てください」と言われていたんです。

――なんと!

言われたその場で「出演します! 決定!!」とお伝えしましたので、約束通りに出演させていただけたという感じです。ただ、どういう作品になるのかは分からなかったので、楽しみに待っていました。

――約束された出演だったのですね! 本作では「ジャスティス・リーグ」のスーパーヒーローの一人「ワンダーウーマン」を演じられていますが、彼女はどのようなキャラクターでしょうか?

「ワンダーウーマン」は、王女に生まれながら、戦士になることに憧れるというアクティブなお姫様です。彼女が登場する実写映画作品も日本で8月に公開されていますが、本作では「ジャスティス・リーグ」の紅一点として活躍します。

――映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場したアメコミ作品のスーパーヒーローの一人ですよね。そんな「ワンダーウーマン」を演じるうえで気を付けたことは?

やはり紅一点であるというところ、あとは「メリハリ」という点ですね。戦うところ、シリアスなシーンではカッコよく魅せて、遊ぶところはとことん遊ぶというのが本作ではハッキリと描かれていますので、すごくやりがいがあり楽しかったです。

sub_4re

――予算の都合でキャラクターたちの絵が崩れるシーンがあったり、ハイクオリティなCGでド派手に戦うシーンがあったりなど、確かに終始メリハリのある作品でした。

そうでしょ? キャラクターが崩れるシーンではFROGMAN監督から「口がとんがった絵になるから」と言われたので、ひよこがピヨピヨ鳴くような感じで演じてみました。

――あの場面での「ワンダーウーマン」は確かにひよこっぽいなと感じました。

すごい!アフレコ時に「もっとやったほうがいいですか」と監督に尋ねたら、「いや大丈夫です」と返されました(笑)。あのシーンは一発OKでしたね。

――それくらい完璧だったんですね! ちなみに、その他のシーンでアフレコ時にFROGMAN監督から何か要望はございましたか?

特になかったですね。何も言われなさすぎて「本当に大丈夫ですか?」と聞き返してしまうほどでした(笑)。なんだか物足りなくなっちゃったので、逆に私のほうから「もっとほかの役もやりたいです」とリクエストを出したり(笑)。

――なるほど(笑)。

今回のアフレコは大真面目に作っていくというよりかは自由に、遊びながら作っていったという感覚が強いですね。演じている方はきっとみんなそういう感覚だったんじゃないかな?

――その「遊び」がきっと作品の魅力である「自由さ」にも繋がったのかなとお話をうかがっていて感じました。本映画の魅力という点でいえば、やはりスーパーヒーローたちとのコラボレーションというのが挙げられると思います。松本さんは『DCスーパーヒーローズ』が活躍する作品を見られたことはありますか?

バットマン、スーパーマンなど色々な作品を見ています。大好きですね。『鷹の爪』とコラボレーションすると聞いたときは素敵!「やるなー!」と素直に驚きました。

――海を越えてのコラボレーションなので、確かに驚きました。

私は海外で歌う機会が多く、今年はすでに4か所でイベントを行いました。海外でイベントをすると、日本のアニメーションは愛されているなといつも感じています。今回のコラボレーション実現は、そういう時代背景もあるのかなと思いました。

ただ、海を越えられたのは『鷹の爪』を10年もの間支えてくれたファンがいたからだと思います。そして雨にも負けず、風にも負けず、面白いものを作ってきた『鷹の爪』だったからこそ、今回のような映画が完成したんでしょうね。

――積み重ねてきたものが形になった?

そうですね。きっとそうなんだと思います。

sub_2

――松本さんの『鷹の爪』に対する想いが伝わってきました。先ほど『DCスーパーヒーローズ』など、スーパーヒーローが活躍する作品が好きとおっしゃられていましたが、もし自分がヒロインになるとしたら、どういうヒロインになりたいですか?

まさに「ワンダーウーマン」のような、強いけど、支えたいという部分が見えるヒロインがいいですね。強いからと言って男勝りではない、女性を忘れないヒロインが好きです。同じようなキャラクターで言えば、「キューティーハニー」かな。

――なるほど。

「キューティーハニー」って弱い部分も抱えている、ただその弱さが「強さ」に変わることもあるじゃないですか。だからこそ見ている人が応援したくなるのだと思います。人前では強さをみせるけど、一人になると悩んだり苦しんだりしているような二面も三面もあるようなキャラクターが好きですね。

――松本さん自身もそういう性格なのでしょうか?

あはは、ご想像にお任せします(笑)。

――共感できる部分があるから好きなのかもしれませんね。

恋愛においても、共感できるか、または全く違う人のどっちかを好きになるとよく聞きますが、私は自分と似ている人を好きになるタイプなのかもです。

f0000093re

――私は自分の性格と反対の人を好きになりがちですね(笑)。クソ真面目なので、ちょっとふざけているような人が好きです。

私、自由人ですよ(笑)。本当に自由。だからこそ『鷹の爪』のような作品が大好きですし、自分を引き出してくれる、演じていて最高に楽しい作品なんですよね。仕事をするときはどこまでフリーダムでやれるのかということを考えながら仕事しています。現場でもよく「自由だね」と言われますね(笑)。今も舞台をやっていますが、どうアドリブを入れようか考えています(笑)。

――でも、実は影では一人で悩んでいる?

そうそう。一人で体育座りして、部屋の隅っこで壁を見ているような時もあります(笑)。

――色々なイベントで楽しそうにお話されている松本さんからはそういう姿を全然想像できないです!

イベントでは男らしくて、「男きたー!」みたいになるでしょ?

――いえいえ! 「男きたー!」とはなりませんよ(笑)。ただついていきたいと思えるような感覚にはなります。

私、映画『ジャンヌ・ダルク』の吹き替えも担当したことがあるのですが、彼女の生きざまにはすごく共感ができるんですよ。「フォロミー!」と言いながら少女が特攻していく姿が自分に近いものがあるなって。女性らしい面がありつつも強くあろうとする、自分の生き方を全うする強い意志を持っている彼女を尊敬します。

――なるほど。

今回、「ワンダーウーマン」を演じられてよかったなと思っています。自分と共感できるキャラクターのほうが「リアルさ」が出ると思うし、そのほうがよい「ワンダーウーマン」にもなると思ったので、演じられて光栄でした。

――今回の映画のキャストさんはみんなドンピシャなハマり役だった気がします。

同感です。皆さん最高でした。

――今作はキャストの配役も非常に魅力的な作品だと思いました。本日は色々とお話いただきありがとうございました。最後に前作の映画にも出演された松本さんが感じる『鷹の爪』の魅力についておうかがいできればと思います。

私が『鷹の爪』の魅力を言えるような立場ではないので、好きなところを挙げるとすれば、やはり自由で枠にとらわれないというところです。あとは世間体や色々なことに挑んでいる感じがすごく好きですね。

――コラボレーションもそうですが、本作でも色々なことに挑んでいますよね。尖ったこともやっていますが、それを見ていて嫌という気がしてこない。

そこが一番の魅力ですよね。「エンターテインメント」には、絶対にこうでなくてはいけないというものがありません。だからこそ、私も色々なことを模索して挑んでいきたいと思っています。その挑戦が『鷹の爪』のように、誰が見ても嫌な気がしないものでありたいですね。

sub_3re

■プロフィール
松本梨香【まつもとりか】 11月30日生まれ。神奈川県出身。主な出演は『ポケットモンスター』サトシ役、『パンパカパンツ おNEW!』、『わしも-wasimo-』わしも役など。ミラ・ジョヴォヴィッチ/パトリシア・アークエット/ドリュー・バリモア/リース・ウィザースプーンの吹き替えなど洋画作品の吹き替えも多数。f0000090re

<『DC スーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』情報>
映画公開中

◆STORY
2017年、東京。なぜかシェアハウスに住むジョーカーとハーレイ・クインを訪ねる男、ペンギン。彼らの目的は鷹の爪団だった。彼らの仲間、天才博士レオナルドが開発した秘密兵器を奪い、汚くお金を稼ぎ、その資金で映画を作ろうとしていたのだ。 映画の主人公は、兵器で身長600メートルに巨大化されたシン・入社員!!無駄な動きが多いシン・入社員が暴れ始めたら街は壊滅する。ジョーカーたちを追ってきたスーパーマンやワンダーウーマンなどが所属するスーパーヒーローチームのジャスティス・リーグと共闘して戦うことになった鷹の爪団。しかし、ジャスティス・リーグの派手なアクションシーンは、途端にバジェットゲージが蒸発し、画面が雑になる問題が発生!このままでは、ジョーカーたちを倒せない。こうなったらジャスティス・リーグの仲間たちから離れアメリカにいるあの金持ちで暗いヒーローに資金援助してもらおう!そう、バットマンだ!果たして気難しいバットマンの説得は成功するのか?日和見なDXファイターや新キャラ“吉田ジャスティス・リーグ”も交えて物語はクライマックスを迎える。予算の都合で途中で終わり、次回作に持ち越してしまうのか、巨大シン・入社員は撃退できるのか?ハリウッドのDCスーパーヒーローズと日本でも独自路線を行く鷹の爪の史上空前のプロジェクトが今、始まる!!

監督・脚本・原案:FROGMAN

キャスト:山田孝之 知英/安田顕

鈴村健一 松本梨香 浪川大輔 高木渉 中井和哉 岩田光央 内田彩 犬山イヌコ 金田朋子 大塚明夫 KenKen オカダ・カズチカ DOTAMAほか

タイトルコール:大塚明夫

映像制作: DLE

協力:白組  GONZO

製作: 「DC スーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」製作委員会

配給:ワーナー・ブラザース映画

宣伝: KICCORIT/ウフル/DROP./フラッグ

© Warner Bros. Japan and DLE. DC characters and elements © & ™ DC Comics.Eagle Talon characters and elements © & ™ DLE. All Rights Reserved.



PAGETOP