超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『思い、思われ、ふり、ふられ』山本理央役・島﨑信長と乾 和臣役・斉藤壮馬にインタビュー「上手くいかない”ことを丁寧に描く恋愛ストーリー」

2020/6/1


 アニメ映画と実写映画で公開予定の『思い、思われ、ふり、ふられ』。発売中のアニメディア6月号では、アニメ映画『思い、思われ、ふり、ふられ』にて、山本理央役を務める島﨑信長さんと乾 和臣役を務める斉藤壮馬さんに、演じるキャラクターの印象やヒロインの魅力などについてお話を聞いたインタビューが掲載中だ。超!アニメディアでは、本誌には掲載しきれなかった部分を含めた内容を展開する。

『思い、思われ、ふり、ふられ』場面カット

“上手くいかない”ことを丁寧に描く恋愛ストーリー

――共演が多い島﨑さんと斉藤さん。本作で共演が決まったとき、どう思いましたか?

島﨑 僕も斉藤くんも、山本理央と乾 和臣の両方をオーディションで受けていたんです。だからキャスティングしていただいたという連絡をもらったとき、最近演じることが多いキャラクターの傾向から、最初は「斉藤くんが理央で、僕が和臣かな」と思いました。でも実際は逆だったので、少し驚きましたね。

斉藤 そうですね。僕も「信長さんが和臣を演じるのかなぁ。わかるなー」とひとり納得しちゃっていましたから。

――意外なキャスティングでしたか?

島﨑 あくまで今まで演じてきたキャラクターの傾向と、僕と斉藤くんが理央と和臣を演じるならば、という話のうえでなんですけどね。たまたま斉藤くんと本作のキャスティングについて語り合っていたとき、同じところで同じような感想を抱いていたことが判明して、それで印象に残っているんです。

斉藤 じっさいに和臣を演じてみたら、想像以上にしっくり来ました。最初こそ「意外だな」と感じましたが、今となってはスタッフの方々の選択に一切疑問はありません。

島﨑 そうだね。僕も理央を演じていて、すごく楽しかったよ。

――本作のシナリオを読まれた感想は?

斉藤 僕はまず、すごく素敵なタイトルだなと感じました。原作マンガを読まれた方は共感していただけると思いますが、このタイトルには本作のエッセンスがすべて詰まっていると思うんですよ。そして本作のストーリーでは、“上手くいかない”ということがとても丁寧に描かれていると感じます。思いが上手く伝わらなかったり、ときにすれ違ってしまったり。相手との距離が縮まったかと思えば、またすぐに離れてしまったり。そういう行きつ戻りつな人間関係は、現実の僕らと変わらないなと。そして劇中の彼らが思い悩むことは、大人になった僕にとっても共感できるものが多く、その部分も面白いと感じました。

島﨑 僕も本作のキャラクターやストーリーにリアリティーを感じて面白かったです。「こういう状況だったら、そういう対応しちゃうよね」とか「こういう人、身近にいるなあ」とか。自分がもし同じ境遇だったらと想像を巡らせたときに、本作のキャラクターたちが取る行動がいちいち「分かるなー」と思ってしまうんです。本作のキャラクターたちはみんな人間臭くて素敵。“恋愛”というテーマはありつつも、それだけじゃなく、人間ドラマを描いている作品だなと感じました。

――ヒロインの市原由奈と山本朱里の魅力を教えてください。

島﨑 由奈ちゃんは、恋にも友情にもまっすぐなところが魅力ですね。キラキラしていて眩しいくらい。この”まっすぐさ”は、大人になるにつれて貫きづらくなるものだと思います。周りのことや、失敗する恐怖を考えるとなおさらです。だからこそ由奈ちゃんのまっすぐさが際立って輝いて見えて、「ステキだ」と感じられるのだと思います。一方、恋愛経験のある朱里ちゃんは最初こそ由奈ちゃんをリードしていますが、だんだんと由奈ちゃんのまっすぐさにあてられて、自分の気持ちときちんと向き合っていくところがかわいらしかったです。

斉藤 朱里ちゃんは複雑な家庭環境が要因で、大人っぽい振る舞いをしなければならなかった女の子だと思いますね。そのぶん自分の気持ちに寄り添うことが苦手、というところから彼女の物語は始まっていくと。そんな朱里ちゃんが由奈ちゃんのピュアでまっすぐなエネルギーに感化されて、不器用ながらも自分の気持ちと向き合っていく姿が心地よいと感じました。朱里ちゃんの不器用な部分は、思春期を経験した人であれば共感できると思います。そして、タイプも恋愛への向き合い方もまったく異なるふたりがよい影響を及ぼしあっていくストーリーに引き込まれますね。

島﨑 本当にふたりは正反対だよね。

斉藤 僕は、朱里ちゃんが劇中で行う恋愛の駆け引きも好きなんですよね。自分からは「好き」と言わず、相手の「好き」を引き出そうとする感じがたまらなかったです。それもあって、由奈ちゃんの「私をふって」というまっすぐなセリフが、一段とキラキラして見えるといいますか。そんなふたりの女の子の異なった恋愛観を楽しめるのも、本作の魅力だと思います。

山本理央

乾 和臣

自分の気持ちを知ったら行動せずにはいられない

――キャラクターを演じてみてどうでしたか?

島﨑 先ほど、最初は和臣を演じるものだと思っていたと話しましたが、実際に演じてみると共感したのは理央でした。理央はなんだかんだ感情で動くタイプだと思っていて、僕も似たようなところがあるんです。だから、すごくイケメンでありながらも、「好き」という気持ちを伝えるためにがむしゃらになる理央の姿がすごく好きです。僕も前々からそういう芝居に挑戦したかったので、全力で演じきることができたと思います。

斉藤 僕は原作マンガを読ませてもらったとき、和臣のキャラクターを掴みかねていました。彼は人当たりがよく面倒見もいい性格ですが、自分の気持ちと周囲からの期待とのバランスを考えすぎてしまい、身動きが取れなくなっていってしまいます。そんな彼の心のうちを、最初はうまく読み取ることができなかったんです。でも、アフレコが始まって、和臣の目線で改めて物語を辿ってみると、論理ではなくふっと腑に落ちるような感覚があって。ストーリーのラストで描かれることになる、和臣が自分の気持ちに正直になったシーンは、演じていてとても印象に残っているので、ぜひ注目していただけたらと思います。

――本作で劇場アニメ初出演を果たした由奈役の鈴木毬花さんが、アフレコ後「先輩たちの凄さを感じました」と話されていました。ふたりから鈴木さんにアドバイスはありましたか?

島﨑 演技について僕らが何か言うことはなかったよね?

斉藤 そうですね。朱里役の潘 めぐみさんと3人で「大丈夫だよ。伸び伸びやっていこう」みたいなことは言ったと思いますが。

島﨑 そうだね。緊張とリラックス、どちらも適度にある状況こそ、最も良いパフォーマンスを出せると思います。先輩としてやったことは、そういう場を作ることくらいですね。

斉藤 とりわけ、潘さんが鈴木さんをとても親身にサポートしてくれていましたしね。

島﨑 姉妹みたいだったよね(笑)。

――とても温かい現場だったようですね。そうしてできあがった本作ですが、理央も和臣も、思うこと、思いを告げることが難しい恋をしています。もし彼らと同じような境遇になったら、島﨑さんと斉藤さんはどうされますか?

島﨑 僕は行動しちゃうと思います。いろいろと考えるけれど、結局最後は自分の気持ちに正直になってしまうと思いますね。行動して駄目だったとしても、その方がすっきりすると思いますし、自分の気持ちを表現することはどんな時であっても大切なことだと思うので。だからこそ、朱里や和臣のように周りのことを考えて自分の気持ちを押し殺そうとする人も尊敬しています。自分にはできないからこそ、尊いなと思いますね。

斉藤 まさかの、島﨑さんと同意見です。そのまんま一緒です(笑)。あえて異なる点を探すとしたら、僕は“叶わないかもしれない恋をする自分”にあこがれがあることでしょうか。「この思いは届かないな」と悩んでみたいと言いますか。でも、実際の僕は思いを胸に秘めて悩むことはできなさそうです。「好きだ」と気づいてしまったら、すぐに行動してしまうと思いますね。

――本作をどんな方にススメたいですか?

斉藤 本作は「恋愛」をテーマにしていますが、その一点に絞らず、幅広い層の方に観てもらいたいです。というのも、誰しもどんな形であっても“青春”があると思うんですよ。そのなかに恋であったり友情であったりが含まれますし、それ以外の要素によっても、観てくださった方の琴線に触れる部分があると思います。たとえば僕らのような大人が観たら、「もっと青春しておけばよかったな」なんて気持ちになるかもしれません(笑)。ただ、その思いも苦々しくないというか、胸がキュンとするようなさわやかさと共に感じていただけるのではないでしょうか。

島﨑 そうだね。どの年代の方が観ても、心が動く作品だと思います。僕としては、「前向きに心を動かしたい人」にすごくオススメです。本作を観たあとは、きっと動き出したい気持ちになってもらえると思うので。

斉藤 たしかに! 前向きになりたい人には、とくにオススメの作品ですよ。

島﨑 なんなら、今絶対に心を動かしたくない人、とにかく心穏やかな状態を保ちたい人以外の、全員にオススメです(笑)。

取材・文/宮島岳史

【プロフィール】
島﨑信長【しまざき・のぶなが】12月6日生まれ。宮城県出身。青二プロダクション所属。主な出演作品は『フルーツバスケット』草摩由希役、『ブラッククローバー』ユノ役ほか

斉藤壮馬【さいとう・そうま】4月22日生まれ。山梨県出身。81プロデュース所属。主な出演作品は『天晴爛漫!』アル・リオン役、『啄木鳥探偵處』吉井勇役ほか

アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』作品情報
近日公開
【原作】咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社マーガレットコミックス刊)
【キャスト】
島崎信長 斉藤壮馬 潘めぐみ 鈴木毬花
井上喜久子 田中秀幸 久川 綾 井上和彦
堀江 瞬 佐倉綾音
【スタッフ】
監督:黒柳トシマサ
キャラクターデザイン:山下 祐
脚本:吉田恵里香
美術監督:平間由香
色彩設計:安部なぎさ
CG ディレクター:野間裕介
撮影監督:岡崎正春
編集:三嶋章紀
音楽:野見祐二
音響監督:長崎行男
【アニメーション制作】A-1 Pictures
【製作】アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会
【配給】東宝

(C) 2020 アニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会
(C)咲坂伊緒/集英社



PAGETOP