超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

野島健児が感じる「PSYCHO-PASS サイコパス」宜野座伸元の魅力「宜野座の面白さは、シリーズによって内面の成長がはっきり描かれているところ」【インタビュー】

2019/7/11


 2012年にテレビ放送が始まった「PSYCHO-PASS サイコパス」。作品が描くリアルな近未来は社会に衝撃を与えて、アニメファン以外からも注目を集めた。シリーズ最新作は劇場三部作「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners if the System」で、今年1月から3カ月連続で公開された。9月18日(水)にBlu-ray&DVDが3作同時発売。テレビシリーズ第3期「PSYCHO-PASS サイコパス 3」の製作も発表され、ますます盛り上がる「PSYCHO-PASS サイコパス」の世界。劇場版三部作「Case.1 罪と罰」の主要キャラクター、宜野座伸元役・野島健児に作品の魅力を語っていただいた。

——前回の劇場版から約4年振りの公開となった『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the system』でしたが、どんな思いで収録に臨まれましたか?

 アニメーションとしては間が空いているのですが、合間合間に宜野座さんと会うことはあったので、懐かしいという感覚はなかったんです。でもアニメーションとしてアフレコしてみると、やっぱりお久しぶりだな、と(笑)。合間の「PSYCHO-PASS サイコパス」関連のお仕事は音声だけだったので、こうしてガッツリひとつの作品を通して宜野座さんを演じると、懐かしさがありました。また懐かしさだけでなく、宜野座さんが成長していたので、そこを楽しみながら演じることができました。

——宜野座の成長については、どのように感じましたか?

 テレビシリーズ第1期では父との確執があり、最後の最後にやっと分かり合えたところで父との別れがありました。第2期はそこからちょっと成長して、髪も伸びて(笑)。思春期のくすぐったさを感じさせましたね。「自分は変わらなければ」という気持ちが丸見えの状態で、かわいいなと思いながら演じていました。それが今回の劇場版ではガラッと変わり大人になっていて。最初はトレンチコートを着てお父さんぶっているところが、「まだまだ追いついてないぞ」と思ってかわいかったんですけど(笑)、実際に霜月と一緒に乗り込んで行くときには、ふたりの関係性がしっかりと出来上がっていて、頼もしさを感じました。監視官だけど後輩という立場の霜月をサポートし、守りながらも命令はちゃんと聞いて、まだ若い彼女がキャンキャン吠えている中でも、それを受け止めて見守っている姿は、たぶん自分の昔の姿を見ているような気持ちだったのではないかな、と……彼女のことを把握できる大人になったのだと感じました。また任務としてはギリギリの、命の危険もある内容だったけど、ひとつひとつのお仕事に対して、楽しんで臨んでいるのを感じました。仕事を楽しむというのは、今までに描かれていなかったところで、宜野座さんが人生を楽しんでいるというところにつながり、僕にとっては彼に対して大きな希望を感じる部分でした。

——監視官から執行官へというのは、地位としては転落になりますが、宜野座としてはそれが成長するきっかけになった、と。

 自分は監視官として生きる、親父みたいにはなりたくない、という気持ちが強かったと思うんですよね。でも執行官に落ちてみたら、執行官になったというより、きっと宜野座が宜野座になれた……自分自身に戻れたという感覚なんじゃないかと思います。「監視官」から「宜野座」になった。

——劇場版「Case.1罪と罰」の完成品をご覧になった感想をお聞かせください。

 映像が流れた瞬間から、「『PSYCHO-PASS サイコパス』の世界が始まった!」と感じる、不思議な感覚って何だろう?と……他のどんなアニメでもなく、間違いなく『PSYCHO-PASS サイコパス』だとわかる、この空気感、世界観はどこから出て来るのかわからない、と思いながらも、その感覚のまま最後まで行ったような気がします。あとアクションがすごかったですね。カッコ良かった! 収録のときは、そのときの最大限のCGで収録するんですけど、どこまで落下するのかとか、想像で演じていた部分もあるので、ここまで激しいとは……宜野座さん、よく生きてたな、と(笑)。精神的な面だけでなく、物理的にも強くなったなぁと感じました。

——Blu-ray&DVD発売のタイミングで見ようと思っている方々のために、ストーリーを簡単に紹介してください。

 簡単にというのは難しいのですが…(笑)。〈サンクチュアリ〉という潜在犯隔離施設から、女性が逃げてきて、宜野座と霜月、六合塚の3人が〈サンクチュアリ〉に乗り込んで行くんです。そこには〈サンクチュアリ〉独特の世界が広がっていて、怖さも感じるのですが、現代社会の闇とも重なり合う部分がたくさんあり、100年後という設定のSFなのに、リアルな社会を目の当たりにするような感情を味わえるストーリーです。 

——そこで宜野座が活躍する、という……。

 最強にカッコイイですよね。そして温かい。霜月もがんばってます(笑)。霜月の成長も感じますよね。以前は来る者全部に噛み付いて、それで自分を保っているようなところがあったのですが、今は虚勢を張って怒鳴ったりもするけど、ちゃんと相手に伝わる怒鳴り方になりました(笑)。

——同時発売になります「Case.2 First Guardian」の感想もお聞かせください。

 須郷さんとお父さんの物語ではありましたが、そこを通して宜野座を感じるところがあって、お父さんのことをしっかりと知ることができる大事な物語だったと思います。ぜひ見てもらいたいですね。そして、今までの「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの中では飛び抜けて昭和を感じます。良き昭和の時代を感じ、良き刑事ドラマが見られるというのも、大きな見どころではないかと感じながら楽しみました。

——宜野座を演じるときに気をつけていることや、宜野座ならではの演じる面白さなどを教えてください。

 宜野座の面白さは、シリーズによって内面の成長がはっきり描かれているところ。ひとつの役を演じる上では、なかなか経験できないと思うんです。彼のセリフを見れば、どのシリーズかわかるくらいで、そこは宜野座ならではだと感じます。台本を読めば変化は見えるので、その変化に僕がついていけるかどうかというのもやり甲斐があるし、僕が演じることで、どうすればプラスαしていけるか、宜野座をサポートしていけるか、というもの楽しさのひとつですね。見た目も大きく違うので、変化を感じやすく、助かりました(笑)。

——狡噛役の関智一さんとは、どんなお話をされましたか? 収録中のエピソードなどがありましたら教えてください。

 関さんと共演したのは、テレビシリーズ第1期になりますが、関さんが出ている回は現場の笑いが絶えなかったですね(笑)。収録の内容が殺伐としている分、休憩中の緩く楽しい雰囲気との緩急が激しかったです。オリジナル作品のスタートということで、緊張するのが普通なんですけど、始めから楽しく、肩の力を抜いてできる空気感を関さんが作ってくれたので、みんなやりやすかったと思います。

——出演者の立場から見た「PSYCHO-PASS サイコパス」の面白さは?

 出演者の立場からだと、自分の役のことばかり考えてます。人それぞれだと思うんですけど、僕は客観視するよりも、たくさんの情報の中から、自分に必要な情報だけを見て、他は排除しちゃうんです。あまり器用なほうではないので……。だから、僕から見る面白さは、「宜野座の成長」ですね。出来上がった作品を見て、音楽やSE、グラフィックに自分の演技がガチッとはまったときには嬉しいですね。

——デビューなさってからずっと第一線で活躍なさっています。そのお芝居への情熱はどんなところから生まれているのですか?

 行き着くゴールがないからじゃないでしょうか。毎日違う仕事をしているんです。同じものなんて絶対にないし、20数年間やっていても、初めてやった、という仕事に出会えるんです。僕は本当に飽きっぽくて、3日と続かないタイプなんですけど、この仕事だけは更新され続けてます。

——最後にファンの方々にメッセージをお願いします。

 「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the system」の3部作は、シリーズを通してみても、とても重要な歯車になっている3作です。第1期、第2期では描き切れなかった部分を描いていたり、第3期につながる大切な部分があったりします。これを見なければ「PSYCHO-PASS サイコパス」は語れないと思うので、まだご覧になっていない方は、ぜひBlu-ray&DVDをチェックしてみてください。 


画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈『PSYCHO-PASS  サイコパス Sinners of the System』Blu-ray & DVD〉
PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰
・発売日:2019 年 9 月 18 日(水)
・品番:Blu-ray TBR29169D /DVD TDV29172D
・POS:Blu-ray 4988104121691/DVD 4988104121721
・価格:Blu-ray \7,800+税 /DVD \6,800+税
収録分数:本編約 60 分/DISC 枚数:1 枚
【Blu-ray】1080p High Definition 16:9 ワイドスクリーン/2 層(BD50G)/リニア PCM 【DVD】16:9LB/片面 2 層/リニア PCM

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian
・発売日:2019 年 9 月 18 日(水)
・品番:Blu-ray TBR29170D /DVD TDV29173D
・POS:Blu-ray 4988104121707/DVD 4988104121738
・価格:Blu-ray \7,800+税 /DVD \6,800+税
収録分数:本編約 60 分/DISC 枚数:1 枚
【Blu-ray】1080p High Definition 16:9 ワイドスクリーン/2 層(BD50G)/リニア PCM 【DVD】16:9LB/片面 2 層/リニア PCM

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__
・発売日:2019 年 9 月 18 日(水)
・品番:Blu-ray TBR29171D /DVD TDV29174D
・POS:Blu-ray 4988104121714/DVD 4988104121745
・価格:Blu-ray \7,800+税 /DVD \6,800+税
収録分数:本編約 60 分/DISC 枚数:1 枚
【Blu-ray】1080p High Definition 16:9 ワイドスクリーン/2 層(BD50G)/リニア PCM 【DVD】16:9LB/片面 2 層/リニア PCM

発売元:フジテレビ/東宝 販売元:東宝

©サイコパス製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP