超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

劇場版『ダンまち』初週挨拶に松岡禎丞・水瀬いのり・内田真礼・坂本真綾らが登壇ー『ダンまち』は「このチームだからできるんですよ」【レポート】

2019/2/17


 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか― オリオンの矢 ―』の初週舞台挨拶が2月16日(土)に新宿ピカデリーにて行われた。登壇者はベル・クラネル役の松岡禎丞、ヘスティア役の水瀬いのり、アルテミス役の坂本真綾、リリルカ・アーデ役の内田真礼、ヴェルフ・クロッゾ役の細谷佳正、ヘルメス役の斉藤壮馬、アイズ・ヴァレンシュタイン役の大西沙織。コスプレイヤーのえなこも応援にかけつけた。なお、司会はフリーアナウンサー・アニメ研究家で、ラジオ「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」の隔週交代アシスタントなどを務める中倉隆道が担当した。

 舞台挨拶が始まるとまずは松岡が公開を迎えての心境をコメント。ゲームなどでコンテンツに関わることが途切れることはなかったものの、アニメは久しぶりの収録。にも関わらず雰囲気よく、スムーズに進んだのは「このチームだからできるんですよ」と、培ってきたチームワークが発揮された現場だったことがうかがえる言葉を残した。続く水瀬は『ダンまち』のオーディションを受けた当時はまだ高校生くらいだったことを振り返りつつ、まだヘスティア役でお話できるのが嬉しいと、あふれる想いを述べる。内田は「長い期間同じメンバーでやって来たからこそ、キャラが活き活きとしていると感じる」と松岡同様に『ダンまち』チームの結束力が作品にもよい影響を及ぼしていることを言葉にした。

 対して劇場版から登場するキャラクターとなったアルテミスを演じる坂本は、自身よりも若い世代の声優たちが多い現場だったこともあり、雰囲気は「可愛い(と感じた)」とコメント。併せて、水瀬と現場で色々と話をしたこと、一方で松岡のことはそんなによく分からないと冗談を交えてつつ、現場の雰囲気のよさが伝わるエピソードを披露した。

 本作でストーリーの中核を担っているヘルメス役の斉藤は「話のスパイスになればと思いながら演じていた」と演じるうえで意識したことについて述べる。併せて、ロマンあり、笑いあり、涙ありというシナリオに仕上がっていると、作品の仕上がりについて自信をのぞかせた。そんな斉藤の意見に細谷も賛同。複数を真ん中に持ってくるとわざとらしくなるようなセリフも自然なやりとりや言葉になるように脚本が組まれていたと、言葉にした。

 トークはその後も作品の内容に関するものが続く。水瀬は自身が演じるヘスティアのアニメと劇場版の違いについて、恋愛模様をチョイス。アニメではコミカルな感じに描かれていたが、今回はある種、ベルとヘスティアと彼女の親友であるアルテミスが三角関係になるという構図になっており、「どちらの存在も大切にしたい」というこれまでにないような心境をヘスティアが露わにするとコメント。松岡はこれまで登場した神様以上に神様らしいアルテミスの存在、またベルとアルテミスの絆にも注目してほしいと続けた。また、大西は作品を実際に観たときにあまりにも気持ちが高まり、「松岡くんと(水瀬)いのりに早く観て」と連絡したと一言。併せて、井内啓二の音楽も本作の注目ポイントであると述べた。

 トークコーナーの締めは松岡が務める。「劇伴も絵も我々も命をかけて命を吹き込ませていただいたので何度も観てもらいたい」と熱く語ったほか、井口裕香が歌うエンディングテーマ曲の歌詞と作品のシンクロにも注目してほしいと言葉にした。

 なお、トークが終わった後は応援にかけつけたえなこの撮影会が実施。会場に駆け付けた方々とマスコミがヘスティア様に扮したえなこを撮影し、イベントを締めくくった。

 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか― オリオンの矢 ―』は現在、公開中。また、『ダンまち』のTVアニメ第2期は2019年夏に放送予定であることもこの日、発表された。

『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか― オリオンの矢 ―』概要
【キャスト】
ベル・クラネル:松岡禎丞
ヘスティア:水瀬いのり
アルテミス:坂本真綾
リリルカ・アーデ:内田真礼
ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正
ヘルメス:斉藤壮馬
リュー・リオン:早見沙織
アスフィ・アル・アンドロメダ:茅野愛衣
アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織
レフィーヤ・ウィリディス:木村珠莉
シル・フローヴァ:石上静香
エイナ・チュール:戸松 遥
ロキ:久保ユリカ
フレイヤ:日笠陽子

【スタッフ】
原作:大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:ヤスダスズヒト
キャラクター原案協力:九二枝
監督:桜美かつし
脚本:大森藤ノ
キャラクターデザイン:木本茂樹
美術監督:奥村泰浩(ムーンフラワー)
色彩設計:安藤智美
撮影監督:福世晋吾
編集:坪根健太郎(REAL-T)
音響監督:明田川 仁
主題歌:井口裕香「おなじ空の下で」
プロデュース: EGG FIRM
       SB クリエイティブ
アニメーション制作: J.C.STAFF
制作:劇場版ダンまち制作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか― オリオンの矢 ―』公式サイト
http://danmachi.com/movie/
『ダンまち』シリーズアニメ公式Twitter
@danmachi_anime

©大森藤ノ・SB クリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会

※2月18日……初出時、主題歌を担当されている井口様の名前を誤って掲載しておりました。関係者、読者の皆様にお詫び申し上げ、正しいお名前に訂正します。



PAGETOP