超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

押井守監督が登壇した4Kリマスター上映会!オフィシャルレポート到着

2018/6/16



 1995年に公開され、日本はもちろん海外でも大ヒットを記録。今なお、多くのクリエー ターに影響を与えている『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』。本作品を4Kリマスターで 収録した4K ULTRA HD Blu-ray版(以下、4Kリマスター版)を6月22日に発売される。発売に先んじて、押井守監督と4Kリマスター版の制作を担当したポストプロダクション、 キュー・テックの今塚誠氏が登壇し、4Kリマスター版の上映会を実施。本作品や今回の4Kリマスターの仕上がりについてはもちろん、日々変化するメディアへの考えも押井守監督に語った上映会のレポートが到着。


  4Kリマスターされた本編の映像は、今までとは大きく印象が 異なるもので、特に暗部の再現性に驚かされた。HDリマスターのBlu-rayもフィルムの持つ情報を十分に再現していたが、4Kリマスター版は、それ以上の圧倒的な情報量に生まれ変わっていると感じた。

 上映が終わると、押井守監督が登壇。更に4Kリマスター版 の制作を担当した今塚誠氏が、この驚きの高画質について解説してくれた。

 「『イノセンス』の4K化は僕自身も待望していましたし、IMAX版が見応えのあるものだったので、 それを観ていない人には4Kで観てもらいたかった。」(押井守監督)

 しかし『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』は、 アナログ制作のフィルム作品。アナログ(手作業)ならではの 良さもあるが、やり残したと感じるカットも多く、技術的な ミスも残っているため、情報量の多い4K化は不安だったそうだ。

「しかし、4Kリマスター版を観たら、案外良かった。 安心しています」(押井守監督)

 4Kリマスター版は、映画館で上映されたオリジナル版とは印象が異なると感じたのだが、それに ついて問いかけると、押井守監督は「それでいい」という。

「フィルムの情報量は想像以上に多く、フィルム上映ではその半分も見えていなかった。それが4K スキャンをして初めて見えてくるようになります。オリジナルとは別物でいいし、そうあるべき です。劇場で観た人にはそれまでとは違う体験になりますし、Blu-rayやDVDなどのデジタルメ ディアで観てきた人には4Kリマスター版が決定版となります。観た人それぞれの見方、受け取り 方があっていいと思いますし、それに応えられる密度のある情報を盛り込んだ作品ですから」 (押井守監督)

  続いて4Kリマスターを担当した今塚誠氏に、より技術的な解説を聞いた。4Kリマスターは、4K解像度でフィルムの傷やゴミを除去する といった修復をおこなった後、グレーディング作業(※カラーや階調を調整すること)がおこなわれる。高輝度を表示できるHDRのグレー ディングは特に重要で、暗部の再現性やノイズの少ない見通しの良さ はこの作業によるものが大きいという。

「高輝度を表現する技術であるHDRでは、明るい部分の粒子が目立つ など、SDRと比べても見え方が違います。ノイズの出方も同様です。それぞれのカットごとに、 見え方の違いをふまえてテストを繰り返しながらグレーディングをおこなっています。また、透 過光はリアルな光なのでHDRではしっかりと高輝度で光らせることができます。4Kリマスターで は、この違いがはっきりわかると思います。暗部の階調もよく出ますが、出過ぎてもいけないの で、監督に確認していただいて微調整をおこなっています」(今塚誠氏)

「この作品は暗部にこだわって作っていました。濡れたような黒、黒浮きがなく暗部が十分に沈む 再現、見えるかどうかギリギリのところが見えてほしい。今までは劇場のスクリーンでないと見 えなかったところがきちんと見えていて、見せ過ぎもしない。そこがしっかりとできています」 (押井守監督)

 最後に驚きの情報をひとつ。主人公の草薙素子の肌の色は、実は色指定がなく、すべてのカット で色が違っているという。それは、場面や背景に合わせて最適な肌の色とすることを狙ったもので、 撮影や現像などの段階ですべて細かく調整したという。そんな肌の色の違いまで、4Kリマスター版 では精密に再現されている。

「4Kリマスター版は観るときは、ぜひとも画質の良いテレビで観てください」(押井守監督)。

 押井守監督ら作り手が徹底的に作り上げた密度の高い映像が楽しめる、4Kリマスター版をぜひとも質の高いテレビで観て欲しい。






『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』4Kリマスター版上映会
会場:株式会社キュー・テック
登壇ゲスト:押井守(『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』監督)
技術解説:今塚誠(株式会社キュー・テック テクニカルコーディネーター/シニアカラリスト)
上映会視聴モニタ:有機ELテレビ「TH-65FZ1000」(パナソニック製)

〈発売情報〉
商品名:『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』 4Kリマスターセット(4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray Disc 2枚組) 


品番:BCQA-0007 税抜価格:¥9,800
商品名:『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』&『イノセンス』4K ULTRA HD Blu-ray セット
※2019年6月30日までの期間限定生産
品番:BCQA-0008 税抜価格:¥12,800
2018年6月22日発売
発売元:バンダイナムコアーツ・講談社・MANGA ENTERTAINMENT
販売元:バンダイナムコアーツ

■STORY
西暦2029年―。
情報化の進展と同調するように、より高度に凶悪化していく犯罪に対抗するため、精鋭サイボーグたちによる特殊部隊・公安9課、通称“攻殻機動隊”が設立された。 隊長である全身義体のサイボーグ・草薙素子は、国際的に指名手配された正体不明のハッカー“人形使い”を巡る捜査に乗り出すことになるが―。

■STAFF
原作:士郎正宗(講談社刊「ヤングマガジンKCDX」所載)/監督:押井 守/脚本:伊藤和典/演出:西久保利彦/キャラクターデザイン・作画監督:沖浦啓之/ 作画:黄瀬和哉/メカニックデザイン:河森正治、竹内敦志/銃器デザイン:磯 光雄/美術設定:渡部 隆/美術:小倉宏昌/撮影:白井久男(スタジオ・コスモス)/ 編集:掛須秀一(ジェイ・フィルム)/音楽:川井憲次/音響:若林和弘(オムニバスプロモーション)/色彩設定:遊佐久美子/CG制作:オムニバスジャパン/ アニメーション制作:プロダクションI.G/製作:講談社、バンダイビジュアル、MANGA ENTERTAINMENT 他

■CAST
草薙素子:田中敦子/バトー:大塚明夫/トグサ:山寺宏一/イシカワ:仲野 裕/荒巻:大木民夫/中村部長:玄田哲章/人形使い:家弓家正 他

©1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT



この記事のキーワード

PAGETOP