超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『エヴァ』や『シン・ゴジラ』などを展示! 庵野秀明が代表の株式会社カラーが創立10周年を記念した初の展覧会を開催へ

2016/10/27


 2016年11月23日から11月30日の間、ラフォーレミュージアム原宿で「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」が開催される。

 株式会社カラー(スタジオカラー)は、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』や『トップをねらえ!』で監督を務めた庵野秀明氏が代表を務める映像企画製作会社。2006年5月に創立され、2007年から2012年まで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作を制作・公開。2017年2月に初のTVアニメ『龍の歯医者』の放送が予定されているほか、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの完結編とされる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作も進行中だ。

 そんなカラーは今年2016年に創立10周年を迎え、これを記念した初の展覧会「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」を開催する。

▼公開された描き下ろしのイベントメインビジュアル
inside2016102701-01
(イラスト:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』総作画監督・本田雄)

 本展覧会では、初展示を含む『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画や設定資料、庵野氏が脚本・総監督を務めた最新作『シン・ゴジラ』の雛型3種を展示するほか、株式会社カラー取締役でもある漫画家・安野モヨコ氏が本展のために『監督不行届』番外編として描き下ろした『おおきなカブ(株)』を、スタジオカラーがアニメーション化して上映。

 また、2016年9月に期間限定で公開された宇多田ヒカルさんが歌う「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオの特別上映や短編アニメーションシリーズ『日本アニメ(ーター)見本市』の原画・資料の展示など、約300点が展示される予定だ。さらに、カラーが保管する特撮作品のミニチュアなどの展示も行うことも予定しており、実写作品を含む映像の企画・製作及び配給・宣伝、アニメーション・特撮作品に関する資料の保存、書籍の出版など多岐に渡る、アニメーション制作だけに留まらない株式会社カラーのさまざまな一面を知ることのできる展覧会を目指すという。

 展示を楽しむことはもちろん、これまでの株式会社カラーの歩みや目指す未来に想いを馳せて本展覧会を楽しんでみては?

<「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」開催概要>
会場:ラフォーレミュージアム原宿
期間:2016年11月23日(祝・水)~11月30日(水)の計8日間
時間:11:00~21:00 (最終入場は20:00)
※場内の混在状況によっては入場を制限させて頂く場合がございます
URL:http://www.khara.co.jp/
料金:500円 (税込)

【特典グッズ付き前売り券販売情報】
■Amazon:本田雄描き下ろしイラストをプリントした前売り券とA4高精細印刷ミニポスター
価格:1,500円(税込) ※2,000枚限定販売
予約受付開始:10月21日(金) 0:00~

■ローソンチケット:本田雄描き下ろしイラストをプリントしたチケットクリアファイル
価格:1,000円(税込) ※数量限定販売
発売日:2016年10月29日(土) 10:00~
インターネット予約(要会員登録):http://l-tike.com/event/khara_10th/

【展示内容】
・初展示を含む『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画や設定資料展示
2007年公開の第1部『:序』、2009年公開の第2部『:破』、2012年公開の第3部『:Q』から初公開を含む合計約160点の原画や設定資料を展示します。また、宣伝物などに使用されたイラストの原画も初展示します。

・大ヒットロングラン上映中!『シン・ゴジラ』の第2形態、第3形態、第4形態の雛型を展示!
庵野秀明が脚本・総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』の第2形態・第3形態・第4形態の雛型を展示します。3形態揃っての展示は初となります。

・カラーが行う文化事業に関する資料の展示
カラーでは、アニメーションと特撮の文化を保全し、次世代に継承するための事業も行っています。アニメーションの原画や背景画や設定資料、特撮のミニチュアや小道具やデザイン画など、制作物や関連資料を保存し、整理、体系化を進めています。傷んだものは修復・復元し、可能なものはデジタル技術によるバックアップも施します。将来的には、展示や出版などを通じてこれらの文化的価値を広めたいと考えています。本展では各社御協力のもと、その貴重な資料の一部を展示いたします。

・安野モヨコのコミックエッセイ『監督不行届』番外編「おおきなカブ(株)」を、スタジオカラーがアニメーション化し上映
庵野秀明の妻でありカラー取締役でもある漫画家・安野モヨコのコミックエッセイ『監督不行届』より番外編となる新作エピソードを安野本人が描き下ろし、スタジオカラーがアニメーション化して本展覧会にて上映します。株式会社カラー創立から現在まで10年のあゆみが綴られた内容となっています。また、その貴重な原稿も展示いたします。

・期間限定で公開された、宇多田ヒカル「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオを本展覧会で特別上映
2016年9月、期間限定で公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマソング「桜流し」のヱヴァ:Qバージョンのミュージックビデオを本展覧会で特別上映いたします。

inside2016102701-02
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』C-1326 修正原画

(C)カラー



PAGETOP