超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『プリティーリズム』『プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』主要キャストが勢揃い! 『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン~きらきらメモリアルライブ~』初日舞台挨拶レポート

2018/5/5


 『プリティーリズム』『プリパラ』、そして2018年4月8日よりTV放送がはじまった新シリーズの『キラッとプリ☆チャン』に至るまで、『プリティーシリーズ』のアイドル達が集結した『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』の舞台挨拶が5月5日に東京・新宿バルト9にて行われた。登壇者は桃山みらい役の林鼓子、萌黄えも役の久保田未夢、青葉りんか役の厚木那奈美、真中らぁら役の茜屋日海夏、夢川ゆい役の伊達朱里紗、春音あいら役の阿澄佳奈、上葉みあ役の大久保瑠美、彩瀬なる役の加藤英美里、主題歌アーティスト・Run Girls, Runのメンバーである森嶋優花。超! アニメディアでは、到着したオフィシャルレポートを紹介する。

(写真左から)森嶋優花、厚木那奈美、久保田未夢、林鼓子、茜屋日海夏、伊達朱里紗、阿澄佳奈、大久保瑠美、加藤英美里

 舞台挨拶がスタートすると『プリティーリズム』のメンバーである阿澄、大久保、加藤はシリーズ開始から8年目となることに驚きを隠せない様子。しかし、ファンはそんな歳月を感じさせず、熱い声援を送る。加藤が「朝早くから、たくさんの笑顔が見れて、ハピなるです!」と挨拶すると、劇場は大歓声に包まれた。

 続く阿澄は当時を振り返り「手探り感もあったし、その中で体当たりもありました。シリーズがどうなっていくのか?ドキドキもワクワクもありましたし、アフレコ現場も結構、アグレッシブでした」とコメント。大久保は「昼ドラ展開も多かったし(笑)!」と懐かしそうに述懐していた。

 『プリパラ』のメンバーである茜屋は、開口一番「おはようございますの…かしこまっ!」と挨拶。続いて伊達も負けじと「おはようのユメかわ!」とポーズ付きでキメて会場をわかせた。『プリティーリズム』からシリーズを受け継いだ茜屋は「いろんなことが一新されましたが、引き継いだときは緊張しました! ドキドキしながらでしたが、ずっと『み~んなトモダチ』『み~んなアイドル』というコンセプトを大事にしていました」と振り返る。特にお気に入りのライブシーンについて「アロマゲドン」のシーンを挙げると、会場からは熱い拍手がわき起こった。

 そして、放送中の『キラッとプリ☆チャン』のメンバーである林は、歴代の先輩たちとの共演、そして同じステージでの舞台挨拶に「緊張してます!」とドキドキな心境を吐露。また、「『プリ☆チャン』も、『プリティーリズム』、『プリパラ』からまた一新されましたけど「み~んなトモダチ」で仲よくという系譜は受け継いでるなと感じてます!」と初々しく語り、会場は温かい拍手に包まれた。続く厚木も「素敵なシリーズなので、これからも引き継いでいきたいです!」と力強く決意表明。お気に入りのシーンについては「歴代の先輩がたが出てきての、最後の『Make it!』が豪華すぎて…」とうっとりとした表情で語っていた。

 一方、久保田は、この日の舞台挨拶では『キラッとプリ☆チャン』チームの一員として登壇していたが、『プリパラシリーズ』からの続投ということで、その“後輩”ポジションでの振る舞いに、茜屋、伊達ら“元同僚”からはたびたびツッコミが飛び、そのたびに会場は爆笑。最後の最後に「萌黄えも役…そして、北条そふぃの久保田未夢です」と挨拶すると、歓声がわき起こった。

 また、本作の見どころでもある「プリティーリズムによるワクワク3つの分岐コース(上映会ごとに変更)」について、阿澄は「オーロラドリームを知らない方にも興味を持ってもらえる内容になっているので、嬉しいです。『ハピラキ!』です」、そして大久保は「ディアマイフューチャーの新旧ミックスで楽しめて、史上最高に『いっちばーん!』な作品です」、また、加藤は「綾瀬なるとして、新録でやらせて頂いてとても嬉しかった。レインボーライブのコースは、ジュネやりんねのライブシーンもあるので、是非観てほしいです」とコメント。色褪せないシリーズへの想いに大きな拍手が起こった。

 そして、主題歌を歌うRun Girls, Run!の森嶋は、自身も「プリティーシリーズ」の大ファンだったことを明かし「主題歌の『プリマ☆ドンナ?メモリアル!』は、シリーズをずっと追ってきた身としては歌詞が心にすごく響いて…その気持ちを(観客の)皆さんと共有できるんじゃないかと思って来ました」とファン目線でも熱く語っていた。

 締めの挨拶では、ひとりひとりがそれぞれの立場から、本シリーズへの想い、この映画の魅力を語ったが、『プリティーリズム』チームは、“先輩”となった実感を語りつつ「オーロラドリームがそういう存在になったことが嬉しい」(阿澄)、「長年、愛されてきたんだと思うと感謝しかないし、その集大成がこの映画なんだなと」(大久保)、「『プリティーリズム』のネタを話しても、みなさんの反応がいいことにビックリしてます!」(加藤)と長きにわたってシリーズを支え続けてくれたファンへの感謝を改めて口にした。

 茜屋は「大好きだった歴代の先輩と同じステージに立ち、同じ映画に出られてライブも盛りだくさんで…一観客として涙が出そうになりながら楽しみました!」と語り、伊達も「3作品が繋がるのは初めてのことで、それができるたくさんの人に愛してもらえるシリーズに関われて幸せです!」と満面の笑み。

 林は「みらいちゃん、えもちゃんと一緒になった気持ちで応援してくれたら嬉しいです!」と『プリ☆チャン』をしっかりとアピールし、 会場は再び大きな拍手に包まれた。

 『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』は新宿バルト9、イオンシネマほかにて大ヒット全国公開中。『プリティーシリーズ』のアイドル達が集結した注目の作品を是非劇場で見届けてほしい。

作品情報
公開日:新宿バルト9、イオンシネマほか大ヒット全国公開中
タイトル:『劇場場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』
主題歌:「プリマ☆ドンナ?メモリアル!」 / Run Girls, Run
あらすじ
みらい&えも&りんかは、いつものように『プリ☆チャン』をショップで見ていたら、突然システムエラーが発生?!なんと3人は異次元にワープしちゃう!!気がつくと、そこは≪プリパラの世界≫だった…!?3人は無事、元の世界に戻ることはできるか!?さぁ、夢のステージが始まるぞぉ!

公式HP
http://pp-movie.com/

公式Twitter
https://twitter.com/prichan_PR

(C)T-ARTS / syn Sophia / 劇場版KML製作委員会



PAGETOP