超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】「温泉むすめ YUKEMURI FESTA Vol.8」第1部が新橋で開催! 「温泉総選挙2017」にSPRiNGSの温泉地が…!?

2018/1/23


 2016年11月4日に発表されて以来、様々なクロスメディア展開をしている『温泉むすめ』のイベント「温泉むすめ YUKEMURI FESTA Vol.8@新橋」が、2017年12月10日(日)にスペースFS汐留にて行われた。登壇者は箱根彩耶役の長江里加、秋保那菜子役の高橋花林、有馬輪花役の本宮佳奈、道後泉海役の篠田みなみ、登別綾瀬役の日岡なつみ、有馬楓花役の桑原由気。超! アニメディアでは本イベント第1部の模様をレポートする。

(左から)本宮佳奈、桑原由気、篠田みなみ、日岡なつみ、長江里加、高橋花林

衣装が届かない、身体と心が入れ替わる……その対処法は?

 『温泉むすめ』は全国各地の温泉をキャラクター化して、アニメーションや漫画、ゲームなどのメディア展開を行いつつ、ライブ・イベントで全国行脚して日本中をみんなで一緒に盛り上げる、というプロジェクト。プロジェクトが始動して以来、ラジオ・動画番組・音楽活動・トークイベント、そして2018年には、スマートフォン向けアプリ『温泉むすめ ゆのはなこれくしょん』を配信予定など、様々なクロスメディア展開を行っている。

 「温泉むすめ YUKEMURI FESTA」は2017年4月より定期的に開催されているイベントで、Webラジオ『「温泉むすめ」ぷれぜんつ的なうぇぶらじお!みみぽか!!~ゆーも遊びに来ちゃいなYOH!~』の公開録音と併せて行われるものだ。

 冒頭ではまず、前回の公開録音に出演したメンバーから今回のメンバーへ伝えたいことを書く「申し送りノート」について触れられる。この「申し送りノート」については、前回も前々回も桑原が書いたが、今回は本宮が書きたいことがあると立候補。本宮は2つあったコール&レスポンスが、『コール「キレッキレッ!」 レスポンス「キラッキラッ!」』に統一されたことを書きたいとのことだ。

 続けて、長江が箱根へ行ったエピソードについてのトークも展開。長江はフリーパスを使って登山電車に乗り、ロープウェイやケーブルカー、海賊船にも乗ったこと、箱根湯本駅から徒歩約3分に位置する「箱根湯本温泉 かっぱ天国」に行ったこと、秋の風景を楽しんだことなどについて振り返っていた。

 冒頭のトークが終了すると、12月24日(日)のライブ前最後の公開録音になることから、「NOW ON☆SENSATION トラブル対応マニュアル検討会議」のコーナーが行われた。本コーナーは今後のイベントで起こりうる緊急事態に備えるために、様々な緊急シチュエーションを話し合って対処法(マニュアル)を決めるというものだ。最初に用意されたシチュエーションは、「大雪でSPRiNGSの衣装が届いていない」という事態。この対処法については、ぽか旦那・女将の衣装を借りるという形で話がまとまった。

 続くシチュエーションは「観客が全員身長30メートル級である」というもの。篠田が「とりあえずみんな緑のマントつけて、剣をもって……」など際どい発言をしつつも、最終的には「野外ステージでやろう」という結論に至った。

 最後に用意されたシチュエーションは「本番30分前に体と中身が入れ替わってしまう」というもの。入れ替わった中身については以下の通り。

入れ替わりについて(顔⇒中身)
高田⇒長江
長江⇒和多田
高橋⇒遠藤
本宮⇒高田
篠田⇒高橋
日岡⇒桑原
遠藤⇒本宮
桑原⇒日岡
和多田⇒篠田

 桑原が日岡になれることを喜び、反対に日岡は桑原になったら面白いことを言わないといけないから大変だと述べるなど、様々な意見が飛び交うなかで、まずはそれぞれの行動を真似てみることに。

 その流れから、長江が高田の自己紹介挨拶「やる気と元気はゆうきから~」を真似し、続けて何故か篠田も違うバージョンの高田の挨拶(高橋曰く滑った時バージョン)を披露することとなった。そんな篠田のクオリティの高いモノマネには、会場から惜しみない拍手が送られた。なお、このシチュエーションの対応としては、「正直に言って、その日だけのフォーメーションを楽しんでもらう」ということでまとまった。

 続いて行われたのは、寄せられたお便りを読む「ふつおたのコーナー」。「『温泉むすめ』に関わってからハマったもの・興味を持ったことは?」という質問に対して、高橋が有馬温泉で乗車したトライクが楽しかったと語る。

 また、長江は有馬の金の湯・銀の湯に入ってから露天風呂が大好きになったというエピソードを披露。続けて、ワイドショーなどで温泉の話題が出てくると気にするようになったというトークを登壇者全員で感慨深そうに語り合った。

 続くメールの内容は「温泉にどのくらい長く浸かっていられるか」というもの。あまり長く浸かれないというリスナーに対して半身浴がいいのではと提案もしつつ、「幸せに思える分だけ入ればいいと思う」と、温泉むすめらしいアドバイスをして前半戦を締めくくった。

「温泉総選挙2017」にSPRiNGSの温泉地が…!?

 「温泉むすめ」のノベル発売などのお知らせを挟んだ後は、公開録音の後半がスタート。番組冒頭では、これまで公開録音を行った場所を振り返りつつ、収録時のことについても振り返ることに。高橋は初めての公開録音時には篠田とファーストコンタクトから日が浅かったため、敬語を遣っていたことなどの思い出を感慨深そうに語った。なお、公開録音は2018年以降も実施していくことが既に決まっているので、引き続きお楽しみいただきたい。

 振り返りトークに続いて行われたのは、全国の温泉地にまつわる興味深い情報を紹介する「みみぽか! 温泉サミット!」のコーナー。まずは、草津温泉でも有名な群馬県の宣伝部長・ぐんまちゃんが大分県庁を訪問し、大分の温泉の応援団“鳥”の「めじろん」とゆるキャラ同士で交流を深め、協力して温泉ファンを増やしていくことを誓ったニュースについて触れた。その流れから自分の温泉地(都道府県も含む)のゆるキャラを知っているかというトークへと展開。それぞれの温泉地のゆるキャラは以下の通り。

温泉地のゆるキャラ
兵庫⇒ねねちゃんとひでたん(有馬街道ゆうわのキャラクター)
宮城⇒むすび丸(仙台・宮城観光PRキャラクター)
箱根⇒箱次郎(箱根ジオパーク公式キャラクター)
愛媛⇒なーしくん(愛南町役場商工観光課商工観光係特別職員)
北海道⇒まりもっこり(北海道ご当地キャラクター)

 それぞれのキャラクターに触れた後には、道後温泉本館で1年の汚れを落とす恒例のすす洗いが行われたことのニュースを紹介。年末の恒例行事で、床や梁などもキレイにしたとのこと。なお、道後温泉本館は来年の秋以降から7~9年かけての大規模改修を予定しており、その回収費用を募るためのクラウドファンディングを行っているという。しかし、まだ予定金額に達成しておらず、道後温泉の温泉むすめのCVを担当する篠田をはじめとした登壇者からも「ぜひ協力を!」というお願いがされた。

 最後に取り上げたのは「温泉総選挙2017」が開催されたというニュース。リフレッシュ部門、女子旅部門、ファミリー部門など、部門ごとに順位をつけるという総選挙において、なんと「SPRiNGS」が担当する温泉地は一つも一等賞を取れなかったという事実が発覚してしまう。ただ、一等賞は取れなかったものの、歴史・文化部門の5位に箱根温泉がランクイン。この部門のどれかで一等賞を取るため、これからも宣伝していくことを宣言しつつ、ぽか旦那・ぽか女将にも協力を募った。

 続いて行われたのは、「温泉むすめかるたを作ろう!!」のコーナー。本コーナーは温泉や『温泉むすめ』にちなんだ絵札のカルタを作っていくというもので、今回は篠田・桑原・本宮が「と」、高橋・長江・日岡が「な」を担当することとなった。それぞれが発表した絵札は以下の通り。

●「と」担当
篠田「とんでもねぇ、熱々玉川温泉」
桑原「飛びこみ禁止」
本宮「特別な あなたに捧げる ワッチョイナ」
●「な」
高橋「なることね 秋保は同じ 宮城県」
長江「泣く子も黙る泉海の逆鱗」
日岡「なつみはねぇ 登別綾瀬役 なんだなあ」

 「と」に採用されたのは、インターネットの力に頼って情報を収集したという篠田の解答。また、「な」についてはぜひボイス実装もしてほしい程にキャラクター性がしっかりと表現されていた長江の解答が選ばれた。

 後半戦最後に設けられた「おたよりのコーナー」では、「公式サイトはどのくらいの頻度で見ているか」という質問が寄せられる。登壇者もカルタを作成する際などに使用していると話していたが、様々な情報が随時更新されているので、是非チェックしていただきたい。

クリスマスプレゼントはライブ!

 ここで公開録音収録の全行程が終了。収録の後にはミニドラマ「みみぽか温泉物語」が披露された。このミニドラマはイベントでしか聞けないストーリーをキャストがその場で演じるというもの。今回は「サンタさんがくれるもの」をテーマにストーリーが展開した。台本率68%、アドリブ率32%というストーリーでは、思い出に残っているクリスマスプレゼントなどを温泉むすめたちが語り合う。綾瀬が手裏剣をもらったことがあるなど様々なエピソードを話し合ったが、最終的には聖なる夜にはライブがしたいという展開へ。そして、その夢はもうすぐ叶うという形で物語は締めくくられた。

 なお、本ミニストーリーでは、ドラマの途中で魂が演者に戻るというコーナーが設けられ、「子供の頃の印象深いクリスマスプレゼント」について登壇者が語り合った。その会話のなかで篠田は「毎年サンタさんにクッキーを焼いていた」という思い出を振り返る。そのクッキーはいつも食べてあって、翌日に筆記体で「Thank you Minami」と書いてあったという素敵なエピソードを披露した。

 本イベントの最後に行われたのは恒例の「温泉の素争奪バトル」。今回でフィナーレになるという本企画で盛り上がった後、イベント第1部は終了の時間となった。

第2部のレポートはこちら⇒cho-animedia.jp/event/35382



PAGETOP