超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「サンリオ男子」2周年&TVアニメ放送直前記念イベントinピューロランドのオフィシャルレポートが到着!

2017/12/30


 2017年12月17日(日)、「サンリオ男子」の2周年そして、1月からのTVアニメ放送開始を記念したイベントが、「サンリオ男子」の聖地でもあるサンリオピューロランドにて行われた。本イベントの夜の部「Sweet Stage」のオフィシャルレポートが到着したので、ご紹介する。

 オープニングからポムポムプリン、マイメロディ、ハローキティ、リトルツインスターズ(キキ&ララ)、シナモンが登場。アプリゲームの主題歌「Fun! Fantastic girl!」と共に可愛らしいダンスを披露すると、観客からは大きな歓声が上がった。

 その後、MCの松岡(ポニーキャニオン)の呼び込みで長谷川康太役・江口拓也、水野 祐役・斉藤壮馬、吉野俊介役・大須賀 純、西宮 諒役・花倉洸幸、源 誠一郎役・内田雄馬の5人が登壇し、それぞれ演じるキャラクターたちがお気に入りのサンリオキャラクターとハグをしたり、手を繋いだりするなど微笑ましい姿を見せてくれた。

 オープニングのダンスの話題になると、大須賀が「(お客さんたちが)正面から見られて羨ましい!」とコメント。さらに内田はシナモンと共に軽快なステップを披露し、「一緒に踊りたくなった」とコメントする場面もあった。斉藤は「アニメ放送直前に、この場所で、こうして『サンリオ男子』ファンのみなさんとお会いできて嬉しいです」と話した。

 拍手でキャラクターたちを送り出したあとは、「サンリオ男子」の5人について、演じるキャストたちそれぞれから紹介があった。江口は「普通感をいかに出すかが重要なキャラクター」と語った。斉藤が演じる水野 祐については「5人のなかではムードメーカー的なポジション」とコメント。大須賀は吉野俊介について「勝利の女神としてハローキティを尊敬していて、『キティさん』と“さん”づけしている。僕もサンリオさんから公認をいただいているので『キティさん』と呼ばせていただいています」と話した。花倉は西宮 諒については「自分の容姿にコンプレックスを持っている子です。好きなサンリオキャラクターは僕と同じで、リトルツインスターズ(キキ&ララ)です」と話した。内田は、源 誠一郎のプロフィールが他のキャラクターより短いことに触れつつも、「誠一郎は完璧な人間で、みんなから慕われているキャラクター」と語った。

 ここでTVアニメ「サンリオ男子」の最新PVが初公開。5人が歌うオープニング主題歌「青春インターリュード」、追加キャスト、放送情報も併せて解禁となった。新たに発表された追加キャストは、康太のお友達の町田大和役・岸尾だいすけ、土屋 正役・鈴木千尋、そして俊介の部活の先輩でサッカー部のキャプテン松尾 智役・古川 慎の3人。

 オープニング主題歌「青春インターリュード」については、これまでのPOPなイメージとは一転して疾走感のあるカッコいい楽曲とコメント。斉藤の「雄馬くん、MVはどんな感じなの?」というフリに対して、内田は着ているジャケットを自ら半分脱いで、前から風を浴びている様子を表現。勢いで「シナモン…」と歌うが、周りからは「そんな歌詞はない」と突っ込まれていた。江口は「レコーディングで、康太のカッコいい一面も出してみようとしたら、『もうすこし可愛らしく』と言われてしまった。可愛カッコいいの絶妙なラインが難しかった」と明かした。

 エンディング主題歌「Now on dream!」は、サンリオらしいキラキラした楽曲とのことで、内田は「誠一郎の役を作り込んで歌ったら、『朗々としすぎてます』と言われてしまった」とコメントした。

 PVの映像についての話題になると、大須賀が「俊介がお守りを出すシーンは監督渾身のカットらしいです。あんなにスマートにお守りを出せる人を知らない」と話した。康太の変顔について江口は「今回、アフレコ収録のときから映像があって、色もついているんです。しっかりと表情に併せてアフレコできるので、変顔に合わせた声も全部変えています。ぜひ見てほしい」と語った。

 続いて、「サンリオ男子」の始まりは、2年前から開始したTwitterということで、ファン参加型の企画が行われた。TVアニメ『サンリオ男子』の公式ツイッターにアップされた5人の写真をリツイートして、リツイートが1000を超えたらミッションクリア。フォロー&リツイートしてくれた方の中からキャストのサイン入り年賀状をプレゼントというものだ。あっという間にリツイート数は1000を突破。5人がそれぞれ書いた、世界に1枚しかない年賀状がプレゼントされることとなった。

 次のコーナーは「ドキドキすごろくアトラクション!」。キャストたちがサイコロをふって、出た数の分だけサンリオキャラクターがマスを進んでいき、止まったマスに書かれたお題に、キャストと一緒に挑戦するというもの。内田&シナモンが「滞空時間、短い!」心配されながらも「縄跳びチャレンジ」で素晴らしいジャンプを披露したり、江口が振ったサイコロの目は「2」で、お題は「キューティーポーズ」となった。江口&ポムポムプリン、大須賀&ハローキティ、斉藤&マイメロディがそれぞれ「キューティーポーズ」で思い思いのキスを披露したり、キキ&ララのクオリティの高い“お餅つき”のジェスチャーで花倉が見事正解したりと大いに盛り上がった。4組がゴールしたところで、それぞれ「きゅんきゅんシチュエーション告白」をすることに。観客たちの評価(拍手)で、改めて優勝が決まることとなった。

 シチュエーションのお題は「クリスマスデート」。まずは1番でゴールした内田&シナモンが挑戦。イルミネーションを見に来た様子で、「何かあったかい飲み物でも飲む?」と言った内田は、シナモンの頭に乗っている飲み物を飲みつつ、「やっぱ、俺、お前のシナモンが最高に好きだよ。お前がいないとダメだよ。これからも俺のシナモンでいてくれ」と告白。観客からは大きな歓声と拍手が送られ、文句なしの優勝となった。センターに移動した内田とシナモンだったが、優勝のファンファーレが鳴らず、「鳴らないんかい!」とツッコみを入れる場面もあった。優勝は決まったが「他のチームも見たい!」という観客の要望に答え、「きゅんきゅんシチュエーション告白」を続けることになった。

  江口&ポムポムプリンチームは、終電を逃したプリンに「しょうがないから俺んち来るか?」と伝え、雪が降ってきて「ゆき…すき!」と韻を踏んで告白した。大須賀&ハローキティチームは、「ダニエルには内緒なの? 僕たちはこういうときにしか会えないからね。年末年始もいいかな…いいよね?」と意味深な告白を披露した。斉藤&マイメロディチームは、夜景を見終わったあとに「あれ、なんか聞こえない? そっか、ここから聞こえていたんだ…“俺のメロディ”」と告白ながら抱きしめた。

 最後は、花倉&リトルツインスターズ(キキ&ララ)チームがシチュエーション告白を披露。花倉が「今日はクリスマス・イブ。ララの誕生日だね。僕も誕生日なんだ。これからずっとお互いの誕生日を祝っていきたいです」とララに告白すると、再びヤキモチを焼くキキ。しかし、花倉は「でも、やっぱりララだけじゃなくて、キキとララと僕の3人で祝っていきたいです。こい!」と告白しながら両腕を広げると、キキ&ララのふたりが花倉の胸に飛び込み、3人が抱き合う感動的なシチュエーションとなった。

 告知コーナーでは、OP&ED主題歌が2月21日、オリジナルサウンドトラックとBlu-ray&DVDの第1巻が3月21日に発売されることなどが解禁された。Blu-ray&DVDの特典としてイベントチケットの優先販売申込券がついてくるということで、新たなイベントにも期待が寄せられた。

  “TVアニメ「サンリオ男子」にあなたが登場しちゃう!? キャンペーン”では、第1巻 Blu-rayもしくはDVDを、きゃにめ「サンリオ男子」特設ページで、対象期間中にご予約した人全員に、もれなく第2巻以降のBlu-ray&DVDのEDクレジットに出演者としてあなたの名前が登場するという。さらに、その中から抽選で選ばれた5名は、TVアニメの最終回のEDクレジットにも名前が登場するということなので、気になる方はきゃにめ「サンリオ男子」特設ページをチェックしよう。

 冬のコミックマーケットの紹介では、販売されるうちわ(5種)をそれぞれのキャストが持つと、「扇ぎやすい!」「いい風がくる」という話題から、斉藤の「雄馬くん、めっちゃ風感じてる」というフリに、内田が再び風を浴びるジェスチャーで応え、観客から笑いが起きた。

 さらに2018年1月1日アニメイト池袋本店にて、ポムポムプリンのグリーティング・イベントが開催決定!! 写真撮影OKで、プリンの写真を「#SdanA」「#プリンと戌年を迎える」のハッシュタグをつけて、TwitterやInstagram、Facebook等のSNSに投稿した画面をスタッフに見せることで、サンリオ男子・特製年賀状をプレゼントされるそうだ。

 このほかにも、さまざまなキャンペーンが続々開催予定。詳しくは公式HPをチェックしてみよう!
 
 配信終了後は、会場に来てくれた観客のためだけのコーナーとして、リツイート企画でプレゼントすることになった年賀状をその場で描くことに。用意されたシールやペンで思い思いの年賀状を描いていく5人。個性的な世界で1枚だけの年賀状が完成した。

 楽しかった時間もあっという間に終わり、エンディングの時間となった。改めてサンリオキャラクターたちが登場。もうすぐクリスマスが近いということで、抽選で5名の方にサンリオ男子グッズ詰め合わせがプレゼントされた。

 最後は会場の観客たちに向けて、それぞれひと言ずつメッセージが贈られた。

内田「今日は本当に楽しいイベントでした、アニメを観ていただいて、またサンリオピューロランドで集まれることができたらなと思います」

花倉「いよいよアニメが始まりますので、ぜひ観ていただけたらなと思います。『今日は本当にたくさんの“変な人”に会えて嬉しかったです(西宮 諒の声で)』」

大須賀「(放送は)来年1月と言いつつももう数週間後なんですよね。あのキャラクターたちがアニメになって動きます。本当に面白い映像になっていますので、ぜひ楽しんでください」

斉藤「メロちゃんとは良きコンビとして3月に行われた前回のイベントに続いて一緒にやらせていただきました。アニメ『サンリオ男子』は、凝った演出、深く練られたシナリオと、幅広い層の方に楽しんでもらえる作品になっております。我々も楽しみながら全力でアフレコしておりますので、来年の放送を楽しみにしていてください」

江口「本当に面白いアニメです。自信を持って、毎週楽しんでいただけると思っております。来年はアニメの放送だけでなく、イベントも発表されましたし、いろいろな展開があると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします!」

 キャスト陣とサンリオキャラクターたちはそれぞれ仲良く手をつないでステージから退場。内田はシナモンの手を引きながら「1、2、1、2、いいぞシナモン!」と声掛けし、最後まで観客を笑わせていた。

 なお、このイベントレポートの完全版はTVアニメ「サンリオ男子」公式サイトにて掲載されているので、そちらもぜひチェックしてみよう!

写真クレジット:大関敦

<TVアニメ『サンリオ男子』情報> 
■概要 
「俺」が「俺たち」になる物語(ストーリー)。
男子高校生なのにサンリオキャラクターが好きな彼ら。 
5人がそれぞれ思春期の悩みを乗り越え、 
自分を受け入れながら仲間と成長していく等身大青春ストーリー。

■ストーリー  
長谷川 康太、17歳、高校2年生。 
平凡オブ平凡な日々を送っていた康太は、 
同じ聖川高校に通う、水野 祐、吉野 俊介、西宮 諒、源 誠一郎と出会う。 
途端に彼の平凡な日常はキラキラした光に彩られはじめて――。 
そんなサンリオ男子たちの出会いとキラキラした青春の物語。 
はじまる、俺たちの物語(ストーリー)――。

■放送情報  
TOKYO MXにて1月6日より毎週土曜日22時00分から放送開始予定 
MBSにて1月6日より毎週土曜日26時08分から放送開始予定 
TVQ九州放送にて1月8日より毎週月曜日26時00分から放送開始予定 
テレビ北海道にて1月11日より毎週木曜日26時05分から放送開始予定 
ほかテレビ愛知、ミヤギテレビ、テレビ大分でも放送予定

■スタッフ 
原作:サンリオ 
監督:工藤 昌史 
シリーズ構成:あおしまたかし 
キャラクターデザイン:中嶋 敦子 
音響監督:菊田 浩巳 
音楽:藤田 淳平(Elements Garden) 
音楽制作:ポニーキャニオン 
アニメーション制作:studio ぴえろ 
制作協力:studio ぴえろ+

■キャスト 
江口 拓也(長谷川 康太 役) 
斉藤 壮馬(水野 祐 役) 
大須賀 純(吉野 俊介 役) 
花倉 洸幸(西宮 諒 役) 
内田 雄馬(源 誠一郎 役)

アニメ公式HP 
http://sdan-anime.com/

アニメ公式Twitter 
@Sdan_Anime

©1976,1996,2001,2015,2017 SANRIO CO.,LTD. 聖川高校PTA



PAGETOP