超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

水木一郎が熱唱!「YouTube Music Night with水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』」オフィシャルレポートが到着!

2017/11/17


 2018年1月13日(土)より全国公開される『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の公開を記念して、六本木ヒルズ29階のYouTube Space Tokyoにて、11月16日(木)に、「YouTube Music Night with水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』」イベントが実施され、そのオフィシャルレポートが到着したので、ご紹介する。

 イベントでは映画のオープニングテーマを歌う水木一郎が登壇して熱いトーク&ライブを繰り広げたほか、イベントにて、最新ポスタービジュアルを世界初解禁となった。

 会場が暗転し、おなじみの「マジンガーZ」のイントロが流れると本日の主役・我らが“アニキ”水木一郎が登場。冒頭から水木の熱唱でイベントがスタートして大興奮のお客さんから次々と「アニキー!」の声援が飛び交うと、歌唱を終えた水木は「俺ってなんでこんなに人気者なんだろね(笑)」と、茶目っ気たっぷりに一言。のっけから会場を爆笑で包んだ。

 会場がアツアツにあったまったところで続いて、今回のイベントの模様がYouTube Liveにて全世界に生配信されることから、YouTubeクリエイターであり、シンガーソングライターのうみくんを司会の有村昆の呼びかけでステージに招く。「今日水木さんにお会いするということで、昨日の夜は眠れなかったです(笑)。(イベントのはじめから)もうフィナーレかってくらいの大盛り上がりでしたね(笑)」と、アニメ「ヤングブラックジャック」の主題歌を務めるなど、着々とアニソン界でも活躍の場を拡げる期待の新星・うみくんも、さすがに大先輩・水木の生のパフォーマンスに圧倒された様子。

 そんな緊張気味のうみくんから水木へさまざまな質問が投げかけられる中、アニソンを歌うコツについて水木は「アニソンはアニメの顔。作品の代弁者だから、そのヒーローになりきることが大事!」と、これぞアニソン界の帝王といった名言でアドバイス。また、マジンガーZ放送当時のアニメソングについては、「子どもが歌えるキーの幅で作曲されている」といった特徴を挙げ、「オーケストラアレンジの贅沢な音楽が多かった。今は打ち込みが多くなっているが、(本作オープニングテーマの)『マジンガーZ INFINITY ver.』は豪華なアレンジ音で、気持ちがとても高ぶった」と振り返った。

 ここで、海外から集った「マジンガーZ」を愛する猛者たちもゲストに加え、「俺の国が一番だ!」というマジンガー愛を水木に語るコーナーに。水木の歌を聞いて独学で日本語を勉強したというイタリア人のアントニオさんは、「威張っているのか?」ということを意味するのに、「お前はマジンガーだと思っているのか?」ということわざのようなものがイタリアにあるという驚きのイタリア事情を披露。するとスペイン人のアミールさんも負けじと「スペインには10メートルくらいのマジンガーZの巨大な像がある!」と、写真を見せて大いに自慢。マジンガーZ愛を語った二人に対し、フランス人のピエールさんは、約30年前のものという原作者・永井豪直筆によるマジンガーZのイラストを自慢のお宝として披露。会場から大きな歓声があがり、満足そうな表情を浮かべていた。

 そして本作『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』について話が移ると、公開に先駆けて映画を鑑賞したという水木は「自分の歌が大画面で流れて感動した!ものすごい迫力で画も良いし、ストーリーも良いし、歌も良いし!エンディングの吉川(晃司)さんの歌も良い!」と感想を述べ、同じく本作鑑賞済みの有村は「TV放送当時の1972年と2017年の今とでは、悪の描き方の違いがある。あえて人間にそれを考えさせるとこがある。いまの日本の問題に直結している感じですごくびっくりした」と、映画コメンテーターならではの視点で感想を語った。また有村が「インフィニティが大きすぎてびっくりした!(笑)」と、本作ストーリーの鍵である”第三の魔人”インフィニティについてコメントすると、水木も間髪入れず「そう!」と声を張り上げた。有村は「そのインフィニティに対し、マジンガーZがどうするのかも見どころだと思います!」と語った。

 また、公開が待ちきれないといった様子のうみくんは「いまは45年前とは音の綺麗さも違うので、その分ヴォーカルのごまかしが効かなくなる。それなのにパワフルでエモーショナルですごい」と、水木の歌声を新作の期待ポイントに挙げる。すると水木は「45年前に歌った曲が45年後にまたオファーが来るなんてことはない。世界中の人が観てる作品。(昔と比べて)声が出なくなったなあとは思われたくない。けど自然と”情熱”で声帯が潤ってきた!」と語った。「予告編で曲を聞いただけでも感動した。劇場の大音響で聞きたい!」といううみくんのコメントに水木は、「泣かせたいなあ(笑)」と、笑顔をみせてはにかんだ。

 ここで、本作の最新ポスタービジュアルを会場で世界初解禁!カウントダウンと共に暗幕に包まれたポスターを初お披露目すると、会場は「おおお!!!」と、大きなどよめきの声と拍手に包まれ、「すばらしい!」「かっこいい!」と、次々と賞賛の声が沸き上がった。

 ファンお楽しみの水木のライブパフォーマンスでは、アニメ最盛期を彩り当時の子供たちを熱狂させた、アニソンメドレーを立て続けに披露。曲間のMCでは、長い歌手生活を振り返りながらも、「声が出なくなるまで俺は歌い続けるゼーット!」とお客さんを煽り、水木の熱唱に合わせて大合唱が起きるなど会場が一体に。熱気が最高潮になったところで、水木は「これまで何千回、何万回と歌ってきた『マジンガーZ』の曲を忘れて、新曲のつもりで挑みました」と語り、本作のオープニングテーマ「マジンガーZ INFINITY ver.」を生披露。この日一番の大熱狂に包まれた圧巻のステージを終え、終始大盛況のままスペシャルイベントの幕を閉じた。

◆「YouTube Music Night with水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』」概要
■日時:11月16日(木)
■場所:YouTube Space Tokyo (港区六本木6−10−1 六本木ヒルズ29階)
■登壇者:水木一郎、うみくん、海外ファン代表の皆様、有村昆(司会)

<『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』情報> 
2018年1月13日(土)全国ロードショー

◆ストーリー 
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。 
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。 
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。 
それは神にも悪魔にもなれる―  
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣  上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治 石塚運昇 石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井豪  
監督:志水淳児 脚本:小沢高広(うめ)  
メカニックデザイン:柳瀬敬之  
キャラクターデザイン:飯島弘也  
美術監督:氏家誠(GREEN)  
助監督:なかの★陽 
音楽:渡辺俊幸  
オープニングテーマ:水木一郎  
制作:東映アニメーション  
配給:東映

公式サイト 
mazinger-z.jp

©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会



PAGETOP