超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

フルCG長編映像作品『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』が立川シネマシティで「極上爆音上映」開催へ

2016/12/5


inside2016120507-01

 2016年11月29日に発売された人気ゲームシリーズ最新作『FINAL FANTASY XV』(ファイナルファンタジー15)の発売を記念し、本ゲームと同じ世界・キャラクター・時間を共有するフルCG長編映像作品『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』(英語版)の「極上爆音上映」が実施されることがわかった。

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』は、2016年7月9日から劇場公開されていた映像作品。全世界で1億本を越える売り上げを誇る人気RPGシリーズの最新作『FINAL FANTASY XV』と同じ世界・キャラクター・時間を共有しながら、もう一つの物語を描き出すという完全連動型のメディアミックス作品だ。

 映像では国王・レギルの視点で、ゲーム側ではその王子・ノクティスの視点で物語を描くことで、父と子の絆を描きながらも、世界最高水準のCG技術を用いて作られた本作は、アクション映画を見る感覚で気軽に楽しめる作品となっている。

inside2016120507-02

inside2016120507-03

inside2016120507-04
 今回、ゲーム『FINAL FANTASY XV』が無事発売を迎えたことを記念して、立川シネマシティ(東京都立川市)で、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の「極上爆音上映」を実施することを発表した。

 立川シネマシティでの極上爆音上映は、音響家による調整で重低音の迫力とクリアな台詞や音楽を共存させた音響で作品を上映するというもので、アニメ映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』でアニメファンから広く知られるようになると一躍人気プログラムとなった。劇場公式Twitterによると、同作では全国総動員数のうち12.4%を当劇場の動員が占め、同作の異例とも言える1年間のロングラン上映に貢献した。

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の極上爆音上映は、12月24日から12月30日まで。第89回米国アカデミー賞 長編アニメーション賞のノミネート候補作にもなっている本作を、数々の爆音上映で好評を博す立川シネマシティで楽しむチャンスとなるこの機会をぜひお見逃しなく。

<『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』作品概要>
神聖なるクリスタルを擁する魔法国家ルシス。クリスタルを我が物にしようとするニフルハイム帝国。
二国はあまりにも長い戦いの歴史を続けていた。
ルシス国王レギス直属の特殊部隊「王の剣」。ニックス・ウリックら「王の剣」は魔法の力を駆使し、進行してくるニフルハイム軍を辛くも退けていた。
しかし、圧倒的な戦力の前に、レギスは苦渋の決断を余儀なくされる。
王子ノクティスとニフルハイム支配下のテネブラエ王女ルーナとの結婚、そして、首都インソムニア以外の領地の放棄。
それぞれの思惑が交錯する中、ニフルハイムの策略により人知を超えた戦場へと変貌したインソムニアで、ニックスはルシス王国の存亡をかけた戦いに向かう。
全ては“未来の王”のために。

【スタッフ】
プロデューサー:田畑端
ディレクター:野末武志
脚本:長谷川隆
ミュージック:John Graham
メインテーマ:下村陽子

【英語版キャスト】
ニックス・ウリック:アーロン・ポール
ルナフレーナ・ノックス・フルーレ:レナ・へディ
レギス・ルシス・チェラム:ショーン・ビーン

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』公式サイト
http://www.kingsglaive-jp.com

ゲーム『FINAL FANTASY XV』公式サイト
http://www.jp.square-enix.com/ff15/

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



この記事のキーワード

PAGETOP