超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「魔法少女リリカルなのは Reflection」スタッフトーク付き 上映会イベントオフィシャルレポート公開!

2017/8/18


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 8 月 17 日(木)、東京の新宿ピカデリーで、大ヒット上映中『魔法少女リリカルなのは Reflection』のスタッフ トーク付き上映会が開催され、そのオフィシャルレポートが到着したので、ご紹介する。

 登壇者は、統括プロデューサーの三嶋章夫さん、アニメーション制作プロデューサーの畑中悠介さん、監督の浜名孝行さん、総作画監督の新垣一成さん、総作画監督の坂田理さん。 本編上映前のイベントではあったものの、公開から 1 か月近く経っていることもあり、事前の告知通りにネタバ レも含む制作秘話が語られていった。

 司会の新井プロデューサーから、来年公開予定の『Detonation』との前後編という形になった経緯について質問 を受けたのは、三嶋統括プロデューサー。

三嶋「約 5 年前、『The MOVIE 2nd A’s』を上映させて頂いた時には、すでに(原作&脚本の)都築(真紀)さ んの書かれた、3 作目に関するプロット(シナリオの前段階の草案)がすでにあったんです。その段階ですごい 手応えを感じていたのですが、非常に膨大なボリュームのお話だったので、これを1本の映画として丸々やると、 途中でトイレ休憩が必要な長さになるなと(笑)。だから、最初から前編と後編に分けたいという構想はありま した」

 本作で初めて『なのは』シリーズに関わることになった浜名監督。オファーがあったときには、光栄さと同時に大きなプレッシャーも感じたとのこと。「過去のシリーズから意識的に変えたところはありますか?」という質問への回答からも、長い歴史を持つ『なのは』シリーズや、それを愛してきたファンへのリスペクトが感じられ た。

浜名「ご覧になった皆さんが、どのように感じたかは分かりませんが、自分としては、何かを変えようというつもりはなく、わりとスタンダードに作ったつもりです」 作画のクオリティー維持の肝となる総作画監督を務めた、新垣さんと坂田さんには、「特に大変だったことはありますか?」という質問が。

新垣「新規のデバイス、新規のキャラクターデザイン、新規のバリアジャケットなどには、最初のうちは慣れな くて苦労しました。特に僕は『なのは INNOCENT』というソーシャルゲームの原画をずっとやってたこともあ って。そのラインの絵になれてしまっていたので、そこから今回の絵に切り替えていくのが、すごく難しかった です」

坂田「個別のキャラで言うと僕はキリエに苦労しました。自分で『毛がモジャモジャで冴えない子』と言ってるのに、髪の毛がぺったりしていると矛盾してしまうので、髪のボリュームに気を付けました。あと、僕は途中か ら参加したのですが、なのはの絵が今ひとつ上手く描けないなと思っている時、キャラクターデザインの橋立(佳奈)さんから、「もみあげの長さと太さに気を付けると良いよ」とアドバイスを頂きました。それは、この作品 のキャラ全体に言えるポイント。もみあげの崩れは分かりやすいので、キャラクターを修正する際は、そこに気を付けました」

 メインスタッフの手配、制作現場の管理、ストーリー全体のボリュームコントロールなどを担当したアニメ制作 プロデューサーの畑中さんは、「今回一番苦労したことは」という質問に、まずは「ボリュームのコントロール」 と回答。

畑中「最初はボリュームが非常に大きかったので、それを予算とスケジュールの範囲内にどう収めていくかが大 変で、ちょっと時間がかかってしまいました。都築さんと浜名監督にシナリオやコンテを上げていただいたのに、 『すみません。ちょっと削っていただけないですか』とお願いしたんです。最初のシナリオからは 2 割か 3 割くらい削っていただいてなんとか 100 分という尺に収めました」

 また、劇伴(BGM)や主題歌も『なのは』シリーズの大きな魅力。本作では、劇伴の曲を発注する段階では音 響監督が決定しておらず、浜名監督自ら、劇伴を作曲した中條美沙さんと打ち合わせをしながら、方向性を決めたそうだ。

浜名「今回、アクションシーンが山のようにあって。バトルが終わったら、またすぐバトル、という感じなので、 ずっと激しい曲で良いのかと悩みました」

 そして、水樹奈々のプロデューサーでもある三嶋統括プロデューサーには、主題歌『Destiny’s Prelude』と挿入歌『Invisible Heat』に関する質問が。

三嶋「映画になって以降の主題歌と挿入歌は、コンペという形で、大勢の作家さんに書いてもらって、その中か ら選んでいます。今回は 300 曲近くあったのですが、『Destiny’s Prelude』は、その中には無かった曲なんです よ。でも、加藤裕介君という作家さんが一番『Reflection』の曲に近いものを上げてきてくれて。奈々ちゃんと も話した上で、もう一度、加藤君に書き直してもらってできたのが『Destiny’s Prelude』なんです。聴いた瞬間、 『Reflection』の風景が浮かんで泣いちゃいました。『Invisible Heat』は 300 曲の中にあった曲です。フェイト ×レヴィ戦で流れる曲なのですが、リンディさんも出てくるシーンなので、どこか母性も感じられる曲ということで選びました」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 トークショーも終盤に突入したところで、坂田総作画監督から、ぜひ伝えたい事があるとアピール。それは、なのはたちが八神家を訪れるシーンで、土足のままスリッパを履いていることについての真相。ネット上では作画ミスとの指摘も受けているが、あのスリッパは、土足のまま履ける「オーバースリッパ」。その後、八神家経由で異空間へ移動するため、靴を履いたままでも部屋に入れるようにという、八神家の優しさだという。

「『Detonation』について、現時点で言える見どころは?」という最後の質問には、畑中プロデューサーが「前編があのような終わり方をしているので、なのはのパワーアップした戦闘を楽しみにして欲しい」と回答。司会 の新井プロデューサーは、「もう少し突っ込んだコメントはないですか?」とさらに追求したものの三嶋プロデューサーは、「あまり聞かない方が良いと思う(笑)」と、ファンの楽しみを守るために、あえて回避。しかし、 最後の挨拶で浜名監督から「『Detonation』もアクションシーンが山のようにあります」と少しだけヒントが追加。『Reflection』以上に熱く濃い作品となるのは間違いなさそうだ。

 トークコーナーの後は、来場者を対象にした抽選会。三嶋プロデューサーが「なのは史上最大のプレゼント」と 話した通り、賞品は超豪華。特に、3 人の総作画監督が 1 枚ずつ描いたイラスト付きのサイン色紙がスクリーンに映されると大きな歓声が上がっていた。

 『なのは』では初の試みとなったスタッフトークイベント。三嶋プロデューサーによると、今後は、こういった 形でいろいろなスタッフが『なのは』について語る機会を増やしていきたいとのこと。 2018 年上映予定の『Detonation』だけでなく、次の『なのは』スタッフトークイベントの開催も楽しみにしていて欲しい。

<「魔法少女リリカルなのは Reflection」情報> 
公開中

【スタッフ】 
原作・脚本:都築真紀 
監督:浜名孝行 
キャラクターデザイン:橋立佳奈 
総作画監督:橋立佳奈・新垣一成・坂田 理 
バリアジャケット・デバイスデザイン原案:黒銀 
デバイスデザイン:宮澤 努 
色彩設計:赤間三佐子 
美術監督:鈴木 朗 
美術設定:平澤晃弘 
撮影監督:榎本めぐみ 
編集:関 一彦 3D 
総監督:名倉晋作 
3D モデリングディレクター:島野達也 
CG ディレクター:中園麻衣 
3DBG ディレクター:山口直人 
音響監督:亀山俊樹 
音楽:中條美沙 
主題歌:水樹奈々(キングレコード) 
アニメーション制作:セブン・アークス・ピクチャーズ 
配給:松竹 
製作:NANOHA Reflection PROJECT

 【キャスト】 
高町なのは:田村ゆかり 
フェイト・T・ハラオウン:水樹奈々 
八神はやて:植田佳奈 
アミティエ・フローリアン:戸松 遥 
キリエ・フローリアン:佐藤聡美 
イリス:日笠陽子 シグナム:清水香里 
ヴィータ:真田アサミ 
シャマル:柚木涼香 
ザフィーラ:一条和矢 リインフォースⅡ:ゆかな 
アリサ・バニングス:釘宮理恵 
月村すずか:清水 愛 他

【STORY】 
荒廃によって静かに滅び行く惑星エルトリア。 死にゆく土地に残った家族、フローリアン一家は「惑星再生」を夢見て研究を続ける研究者夫婦と、2 人の 娘・アミティエとキリエの 4 人家族。 しかし父親であるグランツ・フローリアンが病に倒れ、惑星再生の夢が潰える。 そんな中、キリエは「遥か遠い異世界」に、父の救済と惑星再生の希望を求める。 そんなキリエを止める姉のアミティエだったが、キリエは姉の制止を振り切り、幼馴染みで親友のイリスと ともに、遥か遠い異世界への旅に出る。 行き先は「地球」と呼ばれる星の、極東地区の小さな島国、日本。 惑星再生の夢を叶える「鍵」を探索するキリエとイリスは、日本で暮らす 3 人の少女たちのもとへ向かう。 少女たちの名は「高町なのは」「フェイト・T・ハラオウン」「八神はやて」。 その出会いは、二つの世界と二つの惑星の命運を賭けた戦いへと繋がってゆく—。

「魔法少女リリカルなのは」シリーズ公式ホームページ 
http://www.nanoha.com

上映館情報 
http://nanoha.com/theater.html

公式ツイッター 
@lyricalnanoha_

©NANOHA Reflection PROJECT



PAGETOP