超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

早見沙織、金子有希、石川由依らが登壇! 映画『聲の形』Blu-ray&DVD発売記念イベント舞台挨拶レポート

2017/5/23


_k2_8132-resize

 興行収入23億円、観客動員数177万人を突破し、第26回日本映画批評家大賞アニメ部門作品賞を受賞した映画『聲の形』。5月17日(水)に発売されたBlu-ray&DVDがオリコンデイリーランキング1位(5月18日付)を記録する中、 5月22日(日)丸の内ピカデリー2にてBlu-ray&DVD発売記念舞台挨拶付リバイバル上映を行った。そのオフィシャルレポートが登場したのでご紹介する。

 2016年9月17日の劇場公開から約8か月後、30回目となった同舞台挨拶には、ヒロイン西宮硝子役・早見沙織、植野直花役・金子有希、佐原みよこ役・石川由依が登壇。登壇前には、Blu-ray初回限定版映像特典として収録されている新規アニメーション・aikoの主題歌「恋をしたのは」、牛尾憲輔「speed of youth」を劇場にて初公開された。舞台挨拶の冒頭、本作の監督を務めた京都アニメーションに所属する山田尚子監督からのメッセージが読み上げられた。山田監督は「この映画は関わったスタッフみんなで夢中になってつくりあげた作品です。本編もさることながら、特典やパッケージデザイン、メニュー画面など、隅から隅までスタッフの愛の結晶でできた初回限定盤。本当にお勧めです。」とコメントを寄せた。石川は、「ちょっとつまづいてしまった時や、立ち止まりたい時にこの作品を観ていただいて、この作品が皆さんにとって寄り添っていけるようなものであるといいなと思っています。是非これからも沢山観ていただきたいと思います。」金子は、「沢山のキャラクターが出てくるので、一つでも二つでも共感できることがあると思います。自分に重ね合わせてみたり、色々なことを考えながら何度でも何度でも観ていただけたら嬉しいです」早見は、「この作品を見終わった後、同じ道を通って帰って、同じ風にお風呂入って、同じ風に寝てもなんか違う1日だったなと思わせてくれる作品だと思っています。是非噛みしめて観て頂けると嬉しいです。」とコメントした。

_k2_7883-resize

_k2_7908-resize

_k2_7992-resize

 

bddvd_tenkai

<映画『聲の形』Blu-ray&DVD情報>
発売中
 本編129分
 ■Blu-ray 初回限定版(BD本編ディスク+BD特典ディスク):8,000円+税
 ■Blu-ray 通常版(本編ディスク1枚組):5,200円+税
 ■DVD(本編ディスク1枚組):3,800円+税
発売元:京都アニメーション・映画聲の形製作委員会
 販売元:ポニーキャニオン

【Blu-ray初回限定版特典】
 ・キャラクターデザイン西屋太志描き下ろし特製ケース
 ・スペシャルブックレット

【Blu-ray初回限定版映像特典】
 ・主題歌「恋をしたのは」
・牛尾憲輔「speed of youth」
 ※aikoの主題歌「恋をしたのは」、牛尾憲輔の劇伴「speed of youth」にインスパイアされた山田尚子監督が本編コンテ作業時から温めていたカットも含めて自らコンテ・演出を担当した新規描き下ろしアニメーション。
・映画『聲の形』公開記念特番 ~映画『聲の形』ができるまで~ ロングバージョン
・インタビュー
 [山田尚子(監督)/西屋太志(キャラクターデザイン)/篠原睦雄(美術監督)/牛尾憲輔(音楽)]
・取材地実景映像「将也の見た景色」
 ・舞台挨拶映像
 ・ロングPV
 ・TV-SPOT 1/TV-SPOT 2

【Blu-ray共通音声特典】
 ・新規音声トラック “inner silence”
 ※本編制作初期段階でコンセプトに根ざして作曲されたパイロット楽曲を、Blu-ray化にあたり新たに本制作。 Invention no.1と本編ラストを彩った lit(var) を解体再構成して、本編全編にわたり収録。もうひとつの作品世界を提示するアンビエント/ドローン音響。
・DTS Headphone:X
・オーディオコメンタリー
 [山田尚子(監督)×西屋太志(キャラクターデザイン)×石田奈央美(色彩設計)×髙尾一也(撮影監督)]
[早見沙織(西宮硝子 役)×悠木碧(西宮結絃 役)×山田尚子(監督)]
[山田尚子(監督)×牛尾憲輔(音楽)×鶴岡陽太(音響監督)×名倉靖(録音)]

【Blu-ray/DVD共通特典】
 ・日本語字幕
 ・特報/本予告
 ※DTS Headphone:X(略称:DTS HP:X)はサラウンド音声技術で、5.1chなどのサラウンド音声を通常のステレオヘッドホン、イヤホン上で再現できる技術です。ステレオヘッドホンであればどのような機器にでも対応できます。最大11.1chまで対応可能で、専用のヘッドホンやホームシアターサラウンドシステムがなくても、手軽に映画館で鑑賞しているような臨場感を味わえるシステムです。
※商品仕様は予告無く変更になる場合がございます。

公式サイト
http://koenokatachi-movie.com

公式Twitter
@koenokatachi_M

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP