超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

SKE48高柳明音、「劇場版FAIRY TAIL」イベントで作品への溢れ出る愛を語る!

2017/4/28


%e2%97%8fdsc_9516

「劇場版FAIRY TAIL –DRAGON CRY-」の特集上映会&トークイベントが4/27(木)に東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、原作の大ファンだというSKE48高柳明音が登壇した。

 最初に司会者から「FAIRY TAIL」を好きになったきっかけを聞かれると、「お正月におばあちゃん家に行った時に従兄弟が持ってきて、それを読んだことから大ファンになりました」と明かした。さらに、作品の中での推しメンならぬ推しキャラを聞かれると、「ガジルです。ツンデレで不器用なところや、敵だったのが仲間との友情や愛に触れていく中で、ギルドを大切にするようになるところが好きです」と熱く語った。さらに「もう一人いてジュビアもすごく好き。一途な愛と妄想癖があるところが可愛いな~と思っていつも見ています」と続けた。

 また、作品中に登場する数々の胸アツなセリフの中から自身にとっての神セリフを聞かれると、「罪なんかじゃない、仲間を思う気持ちは罪なんかじゃない」とルーシィが星霊王に対して訴えるシーンを役になりきって披露した。

 原作者の真島ヒロとは過去に対談したことがあるという高柳。対談後に、自らのFAIRY TAIL愛をどうしても伝えたくなり、ファンレターとハッピーの似顔絵を描いておくったことがあるそう。すると、「先生が先生がTwitterで私のことについて呟いてくださり、『次の回をお楽しみに』と書いてあったので、何があるんだろうと思っていたら、次の回でフェアリーテイルの仲間達がビーチで泊まった宿が“明音宿”という名前になっていたんです!」と興奮気味に話した。

 そして、AKB48グループの“オタク事情”については、「SKE48には『二次元同好会』という二次元好きなメンバーの集まりがあって、いつか『FAIRY TAIL』のコスプレで握手会でやりたいと思っているんですが、『FAIRY TAIL』が好きすぎて、恐れ多くて逆にできないんです。でも、もしやるならジュビアのコスプレをやりたいなと思います」と語った。

 最後は「『FAIRY TAIL』のファンの皆さんの前で語るのは緊張したけれど、機会があったら皆さんと語り合いたいです! 好きなキャラクターやセリフのことなど、好きな人同士で一緒に語りたいので、もし興味がわいたら握手会に来てください!(笑)」と、作品のことだけでなく、自身のこともしっかりアピールすると、客席からは笑いが起こり、イベントは幕を閉じた。

<映画『劇場版 FAIRY TAIL –DRAGON CRY-』情報> 
5月6日(土)全国ロードショー

【STORY】 
人間たちに葬られたドラゴンたちの怒りが宿る杖・竜の涙(ドラゴンクライ)・・・ 妖精の尻尾(フェアリーテイル)は、奪われた杖を取り戻し、世界を守ることが出来るのか――!? フィオーレ王国の神殿に祀られた魔法の杖・ドラゴンクライ。世界を滅ぼすほどの力を秘めるというこの杖が、王国の反逆者ザッシュによって奪われ、 ステラ王国の国王・アニムスの手に渡ってしまう。ドラゴンクライ奪還の依頼を受けた魔導士・ギルドフェアリーテイルのナツ、ルーシィ、ハッピー、 グレイ、エルザ、ウェンディ、シャルルは、ザッシュを追ってステラ王国へと潜入する。そしてドラゴンクライを巡る攻防の中で、彼らはアニムスに仕 える魔術師・ソーニャと出会うが・・・。 竜の涙を我が物としようとするアニムスの狙いとは!?国を救いたいと願うソーニャの秘密とは!? 様々な思惑が交錯する中、フェアリーテイルは世界の危機に立ち向かう!!  そして、壮絶な闘いの中で、ナツの本能が目を覚ます――!?

キャスト:柿原徹也 平野 綾 釘宮理恵 中村悠一 大原さやか 佐藤聡美 堀江由衣 
原作:「FAIRY TAIL」真島ヒロ(講談社『週刊少年マガジン』連載) 
監督:南川達馬 
脚本:米村正二 
キャラクターデザイン・総作画監督:山田裕子 
音楽:高梨康治 
音響監督:はたしょう二 
制作:A-1 Pictures 
製作:劇場版フェアリーテイル DC 製作委員会 
配給:ギャガ

公式サイト 
gaga.ne.jp/FT.DC/

(c)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイル DC 製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP