超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「これは勝てない…」(松岡禎丞) 鹿賀丈史ら豪華キャストが登壇した『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』初日舞台挨拶

2017/2/21


inside2017022101-01

 アニメ『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の初日舞台挨拶が2017年2月18日、新宿バルト9で行われ、メインキャストを務めた松岡禎丞さん(キリト役)、戸松遥さん(アスナ役)らが登壇した。

『ソードアート・オンライン』は全世界シリーズ累計発行部数が1,900万部を突破し、2度のTVアニメ化やゲーム化、コミカライズなど幅広くメディアミックス展開されている人気作品。本作ではVR(仮想現実)を中心に展開していたTVシリーズから一転し、AR(拡張現実)の世界を舞台に物語が展開する原作者・川原礫氏書き下ろしのオリジナルストーリーとなっている。

 初日舞台挨拶には松岡さん、戸松さんに加え、劇場版に登場するオリジナルキャラクターの声優を務めた神田沙也加さん(ユナ役)、井上芳雄さん(エイジ役)、鹿賀丈史さん(重村教授役)、そして監督の伊藤智彦氏と豪華な面々が登壇。主人公・キリト役を務めた松岡さんはこのメンバーを前に、「いや……これだけ……豪華な……面々で……」と緊張した面持ちで話し、会場からは笑いが上がった。

inside2017022101-02

 今回、劇場版オリジナルキャラクターの声優を神田さん、井上さん、鹿賀さんの3名に決めた理由について伊藤監督は、「劇場版となるとゲストに豪華な人を呼びたくなるんですけど上手くいかない例も多々あり。ただ、ミュージカルをやっている方たちならアニメとの親和性があるんじゃないかと思い、選ばせていただきました」とキャスティングの裏話を明かした。

inside2017022101-03

 本作のファンでもあったという神田さんは、出演のオファーが来た時の心境について「マネージャーさんが『劇場版なんですけど、ソードアート・オ……』って話したくらいで、役も聞かないで『やります!!』って即答しました」と笑顔。

inside2017022101-04
 3人と共演した感想について、戸松さんは「普段、ミュージカルや舞台で活躍されている方々と共演させていただけることはなかなかないことなので、アフレコの日を楽しみにしていました。そして何より、みなさん声がホントによくて、声の表現の仕方だったり空気感の作り方だったり、とても勉強させていただいた現場でした」とコメント。

inside2017022101-05
 また、重村教授を演じた鹿賀とのアフレコについて、松岡さんは「完成されすぎていて、我々とは若干違うところにいるなと。講義のシーンとかでセリフの掛けあいをやったんですけど、『これは勝てないですわ』と正直思いました」と心境を明かした。

inside2017022101-06
 最後に、伊藤監督はファンに向けて「我々スタッフは『劇場のでかいスクリーンで観なければ!』というものを作りました。ぜひ劇場まで足を運んで下さい。また、1期の誰かとか、隠れて画面の端っこにいるはずなので探してみて下さい」とメッセージを送った。

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
公開中
配給:アニプレックス

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公式サイト
http://sao-movie.net/

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公式 Twitter
https://twitter.com/sao_anime

(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project



PAGETOP