超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

土岐隼一がアニメ『真夜中のオカルト公務員』EDテーマ「約束のOverture」でアーティストデビュー!デビューシングルは「線から自分で描かなければいけないような気持ち」【インタビュー】

2019/5/15


 声優・土岐隼一が、自身も出演するTVアニメ『真夜中のオカルト公務員』EDテーマ「約束のOverture」でアーティストデビューを果たした。デビューシングルでは自分の歌を作り、歌うことの難しさを感じたという。アニメディア6月号では楽曲制作について聞いた。


いろいろなキャラクターから得た歌い方で歌い、自分の決意と思いも込めたデビュー

――アーティストデビューおめでとうございます。決まったときの感想を教えてください。

 マネージャーから、「こういう(デビューの)お話をいただいている」と連絡が来たのですが、最初は何を言われているのかわかりませんでした(笑)。その後、詳細を聞いてだんだんと、緊張と不安が混じりつつではありますが、アニメのEDを務められるという嬉しさと、頑張っていこうという覚悟が出てきました。

――これまでにキャラクターソングは多数歌われていますが、それとは違った緊張感でしたか?

 まったく違いました。僕の感覚としては、キャラクターソングは“色塗り”なんです。枠線が描かれた絵があらかじめあって、それに僕が色をつけていく感じ。でも今回のCDに関しては、線から自分で描かなければいけないような気持ちで、自分の歌を作り、歌うことの難しさを感じました。

――実際に完成した「約束のOverture」は民族音楽的なテイストがとても強い曲です。

 曲に関しては、僕からも希望を出させていただきました。今回の曲は僕が出演させていただく『真夜中のオカルト公務員』のEDでもあるのですが、僕が演じるウェウェコヨトルは、南米の神様なんです。せっかく出演させていただいている作品のタイアップなのであれば、僕の演じるキャラクターの雰囲気も活かせたらいいなと思いまして。それに、僕自身がポルノグラフィティなどの曲をよく聴いていたので、そういうテイストが自分にも馴染みがあるなと思い、そういうお話もさせていただいて、今回の曲が出来上がりました。

――歌詞についても意見は出されたのですか?

 意見というか、ディスカッションはしました。作詞家の方が事前に僕にいろいろ話を聞いてくださったんです。それを踏まえて歌詞を見ると、すごくきれいなワードの中に、僕の好きなものやコンプレックスに感じていることを見事に入れていただいているんです。レコーディングでは、ついキャラクターっぽい歌い方になってしまったりもして苦戦しましたが、いろいろなキャラクターから得た歌い方をたくさん混ぜ込むことで、僕らしい曲にできたのではないかと思います。

――では、アニメディア読者へメッセージを。

 この曲は、悩むことも正解だという、僕の思いが強く込められた曲になっています。前に進むことはそれだけで正しいのだという決意もこもっていますので、これから何か新しく始める人や今、何か悩んでいる人に聴いていただいて、元気になってもらえたらと思います。

取材・文/野下奈生(アイプランニング)

PROFILE
【とき・しゅんいち】5月7日生まれ。東京都出身。WITH LINE所属。本作でアーティストデビュー。主なアニメの出演作は、『TSUKIPURO THE ANIMATION』衛藤昂輝役、『アイドルマスターSideM』都築圭役、『かくりよの宿飯』銀次役など。

約束のOverture
5月15日発売
ポニーキャニオン
初回限定盤:1,800円
通常盤:1,500円
きゃにめ限定盤:2,500円
アニメ盤:1,500円(各税別)

※画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

 土岐隼一のアーティストデビューとなる1枚。表題曲は、自身がウェウェコヨトル役で出演中のアニメ『真夜中のオカルト公務員』のED。ラテンアメリカの民族音楽・フォルクローレ調のメロディーラインが美しい1曲に仕上がった。初回限定盤には、同曲のMVを収録したDVDを同梱。きゃにめ限定盤には、DVDのほか豪華ブックレットも付く。

(C)2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP