超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『機動戦士ガンダム』40周年プロジェクト「閃光のハサウェイ」から動くガンダムまで!発表内容総まとめ

2018/11/22



 11月21日、TVシリーズの放送開始から2019年に40周年を迎えることを記念し、2019年から2020年にかけて「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の始動が発表に。

 発表会に、バンダイナムコホールディングス代表取締役社長・田口三昭、創通専務取締役・難波秀行、サンライズ代表取締役社長・宮河恭夫(兼 一般社団法人ガンダム GLOBAL CHALLENGE代表理事)、同専務取締役・浅沼誠、横浜市副市長・荒木田百合、そして40周年プロジェクトのテーマ曲を手がけるSUGIZOが登壇。

 SUGIZOは「まだ未完成」としつつ、「翔べ!ガンダム」と40周年テーマ曲を生で披露。楽曲について、「希望を未来に託したい、僕らの力で導きたいという気持ちを込めて生まれた曲」とコメント。さらに『ガンダム』について「僕の哲学の根幹。リアルタイムで好きになって、11歳でシャアに憧れ『僕は、ああなるんだ』と決めて。子供の頃に、富野監督の哲学が凝縮されたあの深いストーリーを知ることができたのは、僕らの世代の日本人の財産だと思います」と、熱い想いを語った。さらに「世界で活動していると、日本で思っている以上に、『ガンダム』は世界から求められ、世界を救っていると思います。ミュージシャンとしても、いち日本人としても、『ガンダム』に関われることがどれだけ光栄なことか。より広く世界へ飛翔するため、僕個人として、バンドとして、全霊で向かい合っていきたい」と、40周年プロジェクトに向けてファンへメッセージを送った。


 発表内容について、まとめてご紹介する。

◆「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」コンセプト&キービジュアル
 プロジェクトのコンセプトは、「BEYOND(ビヨンド)」=“全てのものを超えていく”。ガンダムワールドを拡大するため、個々の作品の枠、国境、世代を超えて、幅広い方々にアプローチするという思いが込められている。合わせて発表されたロゴは「未知のガンダムに出会い、その出会いがまた新たなつながりを生んでメビウスになる」というイメージが表現されている。


 キービジュアルは、コンセプトに基づき、作品の枠を超えたキャラクターが共存する可能性の世界を描いている。

左から①『機動戦士ガンダム』と『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』②『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』と『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』③『新起動戦記ガンダムW(ウィング)』と『機動戦士Z(ゼータ)ガンダム』④『ガンダム Gのレコンギスタ』と『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』

◆機動戦士ガンダム40周年 展開作品

■『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVシリーズ
 1979年放送の『機動戦士ガンダム』に登場したシャア・アズナブルが、“赤い彗星”として登場するまでを描いた作品。2015年から2018年にかけて、全6話の劇場イベント上映を展開したものを、13本のTVシリーズに再編集し、2019年4月よりNHK総合テレビにて放送予定。
 また、今回のシリーズ化に当たり、SUGIZOによる全OP、ED楽曲が決定。書き下ろしの新曲や名曲を様々なフィーチャリングアーティストとコラボレーションによりカバーしていく。そして、全てのOP曲は、SUGIZOが所属するLUNA SEAが担当することも発表された。



■『ガンダムビルドシリーズ』新作
 ガンダムのプラモデルが動くアニメとして制作された『ガンダムビルドファイターズ』シリーズの最新作が、企画進行中。


■『SD ガンダムワールド 三国創傑伝』
2018年に30周年を迎えた「SDガンダムシリーズ」が、世界中の子供たちに向けて新作を展開することが決定。


■『劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ』
 2014年に放送された『ガンダム Gのレコンギスタ』に、新作カットを大幅に追加し、映像を再編集。20周年を迎えるフランスパリJAPAN EXPOに、富野総監督が登壇することも決定した。


■『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
 1989年に出版された富野由悠季書き下ろしによる同名小説を元に、劇場版3部作として制作。今年4月に発表された「UC NesT 0100」プロジェクト第2弾作品。第1弾として11月30日より公開される『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』にて、予告トレーラーが公開される。


◆ガンダムシリーズ初!『機動戦士ガンダム00』舞台化
 40周年プロジェクトの一環として、シリーズ初の舞台化が決定。2019年2月15日(金)〜2月18日(月)に東京・日本製年間ホール、2月23日(土)・24日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。さらに、千秋楽に24日はライブビューイングも決定。11月25日(日)より先行受付開始。


◆音楽イベントも多数開催予定!
 夏には「機動戦士ガンダム フィルムコンサート」を実施。これまでの楽曲を集めた音楽イベントも秋頃開催予定。そのほか、配信など様々なコンテンツが企画中。

〈「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」〉
 一般社団法人ガンダム GLOBAL CHALLENGEでは、さらなる飛躍に向けて、2020年に18メートルの実物大ガンダムを動かし、一般公開することを目指すプロジェクト「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を、横浜市と連帯し計画を進行中。

 さらに、様々な企業や地方とのコラボレーションも予定されているとのことなので、これまで興味のなかった人でも楽しめる機会が増えそうだ。

機動戦士ガンダム40周年プロジェクト公式サイト
http://gundam40th.net/

(C) 創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS



PAGETOP