超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニメ「ブラッククローバー」新エピソード突入! 海底神殿編の重要キャラに細谷佳正、チョーが決定!

2018/7/23


 人気放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』の今週より放送となる 「海底神殿編」にて登場する新キャラクター、キアトを細谷佳正が、ジフソをチョーが担当することに 決定。

力を続ける、陽気でまっすぐな性格が気持ちのいい青年です。そんなキアトを演じるのは「メガロボ クス」(ジョー/ジャンクドッグ)や「この世界の片隅に」(周作)など、数多くの作品でメインの役をこな す細谷佳正に決定。細谷は今回演じるキアトへ向けて「真っ直ぐで、前向きでと…『THE・少年漫画 の主人公』みたいなキャラクターで、青くて凄いな~と眩しがりながら、いつも見ています。」とコメン ト。そんな細谷が演じる「THE・少年漫画の主人公」にご注目ください。 さらに海底神殿の大司祭ジフソを、「ONE PIECE」(ブルック)や「逆境無頼カイジ 破戒録篇」(大槻 太郎)を演じる大ベテラン、チョーが演じます。チョーはブラッククローバーに出演するにあたって「年 寄りのパワーを見せてやるぞィ!!」と彼らしいコミカルなコメントを寄せています。

■キアト CV:細谷 佳正


海底神殿 神官魔道士 舞踏魔法
カホノの兄。 「王国中を魅了する踊り手になる!」という夢を持ち、妹の カホノ同様、いつか、生まれ育った“海底神殿(かいていしんでん)”から出 ることを夢見る。踊りながら戦うことで変則的に動いて相手を惑わす。ただでさえ動きをとらえにくい戦闘スタイルだが、さらに無意識のトランス状態となることで、“ 氣(き)”も読み取りづらくなっている。 優れた剣技の使い手でもある。 
<コメント>
「キアトの声をやらせていただくことになりました、細谷佳正です。 真っ直ぐで、前向きでと…『THE・少年漫画の主人公』みたいなキャラクターで、青くて凄いな~と眩しがりながら、いつも見ています。擦れた感じが出ないように頑張ります。」

■ジフソ CV:チョー


海底神殿 大司祭 遊戯魔法
“強魔地帯(ごうまちたい)”のひとつ、“海底神殿(かいていしんでん)”の 長である大司祭。キアト、カホノ兄妹の祖父。ちょっとスケベでハイテンションなおじいさん。一定の場所を自分自身の思い通りのゲーム空間に変える“遊戯魔法(ゆうぎ まほう)”を使い、海底神殿を訪れた者には必ず“ゲーム”を持ちかけること にしている。 だがその魔法には、「ゲームが終わるまで解除できず、たとえゲームマスターであるジフソ自身でも決められた場所から出ることはできない」というルールがある。
<コメント>
年寄りのパワーを見せてやるぞィ!! 役作りが間違っていたら許してチョ~~~♡ ちなみに、我が家の前に自生しているクローバーは、抜いても抜い ても生えてくる~っ‼ すんごいパワーです。

<TVアニメ『ブラッククローバー』情報>  
テレビ東京系にて毎週火曜 夕方6時25分〜
BSジャパンにて毎週金曜 深夜0時58分〜

◆あらすじ 
人間は、魔神に滅ぼされるかに見えた それを救ったのは、たった一人の魔道士だった 彼は『魔法帝』と呼ばれ、伝説になった―― 魔法がすべての、とある世界――。 生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、 己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、 魔道士の頂点『魔法帝』を目指す!

◆スタッフ 
監督=吉原達矢 
シリーズ構成=筆安一幸 
キャラクターデザイン=竹田逸子 
サブキャラクターデザイン=徳永久美子 
プロップデザイン=髙橋恒星 
色彩設計=篠原愛子 
音楽=関美奈子 
アニメーション制作=studioぴえろ

◆キャスト 
アスタ:梶原岳人 
ユノ:島﨑信長 
ヤミ:諏訪部 順一  
ノエル・シルヴァ:優木 かな 
フィンラル・ルーラケイス:福山 潤 
マグナ・スウィング:室 元気 
ラック・ボルティア:村瀬 歩 
ゴーシュ・アドレイ:日野 聡 
バネッサ・エノテーカ:水樹 奈々 
チャーミー・パピットソン:安野 希世乃 
ゴードン・アグリッパ:松田 健一郎 
グレイ: -   
ウィリアム・ヴァンジャンス:小野大輔 
クラウス・リュネット:寺島拓篤 
ミモザ・ヴァーミリオン:西 明日香
ユリウス・ノヴァクロノ:森川 智之 
ノゼル・シルヴァ:鳥海 浩輔 
フエゴレオン・ヴァーミリオン:小西 克幸 
シャーロット・ローズレイ:小林 ゆう 
セッケ・ブロンザッザ:逢坂 良太 
神父:中尾 一貴 
シスター・リリー:久保田未夢 他

公式サイト 
http://bclover.jp/ 

公式Twitter 
@bclover_PR

(C)田畠裕基/集英社·ブラッククローバー製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP