超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】最凶死刑囚と戦う範馬刃牙役・島﨑信長が語るTVアニメ『バキ』の魅力は「濃くて熱くて燃えるような作品!」

2018/6/30


島崎信長
 累計発行部数7500万部の板垣恵介原作による人気格闘漫画「刃牙」シリーズ第二部「バキ」・最凶死刑囚編のTVアニメが6月25日よりNETFLIXにて先行配信、7月1日よりTOKYO MX1ほかにてTV放送開始。地下闘技場のチャンピオンとして君臨する高校生の主人公・バキ(範馬刃牙)を演じる島﨑信長が、その作品やキャラクターの魅力を語った。

−―「バキ」が17年ぶりにアニメ化されますが、その作品への出演が決まってのご感想やオーディションについてお聞かせください。

 アニメ化を聞いたときは、自分がやらせてもらえるとは思っていなかったので、オーディションのお話をいただけたときはとても嬉しかったですね。しかも内容が「最凶死刑囚編」ということで、シリーズの中でもすごく盛り上がるところでもあり、気合いを入れてオーディションに望ませてもらいました。

 最初にテープオーディションがあり、そのあとスタジオオーディションでした。スタジオでは監督たちからディレクションや指示があるんですけど、その時に監督から「マッシブな部分だけじゃなくて、一人の青少年、普通の高校生の部分を聞きたい」と言われたと解釈して、デフォルメした部分と生っぽく演じる部分などシーンごとに変えて演じたんです。オーディションの後、手応えはあったんですけど、意外と手応えがあるものはダメだったりするので、(刃牙役に)決まったと聞いて、ものすごく嬉しかったですね。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP