超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】優木かな&水樹奈々が語る“女子的アニメ『ブラッククローバー』の見どころ”とは?

2018/6/25



 TVアニメ『ブラッククローバー』に登場する個性的な男子キャラクターについて、ノエル役の優木かなとバネッサ役の水樹奈々が語ったインタビューが、「アニメディア7月号」に掲載中。「超!アニメディア」では、本誌では紹介できなかった部分も含めたインタビューをお届けする。

――『ブラッククローバー』に登場する魔法騎士団の中でもくせ者揃いの「黒の暴牛」ですが、女性の目線から見て「黒の暴牛」の男子にはどんな印象がありますか?

水樹 社会に不適合な人たち?(笑)「黒の暴牛」があって本当によかったねって思います。みんなかわいいんですけど、中に入ると大変そうですよね。ツッコミを入れすぎて声がカスカスになりそうですし、誰も聞いてくれないだろうし……(笑)。すごく大好きな団なんですが、自分だったら俯瞰で見ていたいです。

優木 変わった人たちの集まりですもんね。でも、だからこそマイナスな部分を補い合ってファミリー的な絆が強くなるのかなとも思っています。

――男子だけでなく、女子も十分社会に不適合な感じがありますが……。

優木 でも、ノエルは最初のころと比べると「黒の暴牛」のメンバーにも心を開いていますし、アスタに対して恥ずかしがって赤面するような部分も見られるようになっているんですよ! 普通の女の子らしい部分がかわいいと思うんです!

水樹 ノエルのツンデレぶりにどんどん磨きがかかって可愛いよね!バネッサはまだキャラクターの核心には迫っていないんですよね……。現状だと、下着で歩き回って飲んだくれているか寝ているか吐いているかしかしていない、ダメなお姉さんだ……。

優木 いえでも、ノエルはバネッサさんのことをとても頼っていると思うんです。魔力のコントロールの仕方も教えてもらったし、11話では闇市(ブラックマーケット)にも連れていってくれたし……。色気があってセクシーですから、女性として憧れます! 私はお酒が飲めないので、楽しそうに飲めるのも素敵です!

水樹 ありがとう(笑)。確かにバネッサは面倒見がいいんですよね。きっとこの先、バネッサが何故ああなったのか、その過去も描かれると思うので、ただの酔っ払いじゃないところが見せられたらいいなと思っています!

――水樹さんから見た、ノエルのいいところはどこだと思いますか?

水樹 まっすぐなピュアさが素敵だなって思います。魔力がコントロールできなくて、周りから白い目で見られてきた過去の経験から、素直に感情を出せない性格になってしまったと思うんですが、それがたまらなくいじらしくて。

優木 ありがとうございます! 最近はだいぶデレの比率も上がっているので、ストレートにデレている部分は出していきたいなと思っています。

――今一番気になっているキャラクターについて教えてください。

優木 「黒の暴牛」のなかだったら、ゴードンに心を奪われています。回を追うごとに、松田健一郎さんの演技も相まってかわいさが増している気がするんです! それ以外なら、グレイさんが気になります。何しろ、まだキャストさんもわからないですし、本当の姿も分からないので……。

水樹 私もゴードン好き!!松田さんがセリフを言うたびに、後ろでキャスト陣がみんなニヤニヤしてます(笑)。あと、友達になりたいのは、ユノですね。。一番話が通じそうだから(笑)。クールかと思いきや熱いハートもあって、自分が高い能力を持っていることを鼻にかけるでもなく努力していくところが素敵です。それでいて、アスタと会ったときには子どものようにライバル意識をむき出しにしちゃうところもいいなって思います。

優木 あ、もちろんアスタも好きですよ! 計算していない、素直なところが素敵です。最近は女の子にモテているので、ノエル的にはちょっと心配です。

――読者への“とっておき”の情報として、アフレコ現場の雰囲気を教えてください。

優木 「黒の暴牛」が集まると、楽しいアドリブが始まることがあります(笑)。

水樹 フィンラル役の福山潤さんのアドリブがすごい。ダジャレまで織り交ぜながらアドリブをしているシーンもあるので、楽しみにしていてほしいです。それから、マグナのセリフがうるさすぎて、マグナだけ別録りになっていたりします(笑)。

優木 マグナが隣のマイクに入ると、声がかき消されちゃうんですよね。

水樹 鼓膜がビリビリするよね(笑)。あと、私はアスタ役の梶原岳人くんに「黒の暴牛」のお兄ちゃんたちが、いろいろアドバイスをしている姿が印象に残っています。ヤミ役の諏訪部順一さんが「主人公の成長物語なので、最初からうまくやる必要はない。キャラクターと一緒に成長していけばいいんだ」っておっしゃっていて。それを見て、このチームは本当に素敵だなと思いました。

優木 私は、アドバイスをされている梶原さんがすごくうらやましいです。こんなに先輩方から温かいアドバイスをいただける現場ってすごく貴重だと思うので、私も梶原さんの近くに座っているときは、こっそり聞き耳を立ててアドバイスを聞かせていただいています。

――今後の展開も楽しみです。

優木 “白夜の魔眼”という明確な敵が現れて、「黒の暴牛」も一致団結して進んでいきます。また、水着回では任務から離れたオフの姿も見られますので、いつも以上にわちゃわちゃします!

水樹 バネッサもそうなのですが、にぎやかし的な立ち位置にいたメンバーたちにもスポットが当たります。さらに多くの「黒の暴牛」のメンバーが活躍するので、ぜひ注目してほしいです。

優木 ノエルが限界を超える回もあるので、楽しみにしていてください!

構成/野下奈生(アイプランニング)

<TVアニメ『ブラッククローバー』情報>  
テレビ東京系にて毎週火曜 夕方6時25分〜
BSジャパンにて毎週金曜 深夜0時58分〜

◆あらすじ 
人間は、魔神に滅ぼされるかに見えた それを救ったのは、たった一人の魔道士だった 彼は『魔法帝』と呼ばれ、伝説になった―― 魔法がすべての、とある世界――。 生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、 己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、 魔道士の頂点『魔法帝』を目指す!

◆スタッフ 
監督=吉原達矢 
シリーズ構成=筆安一幸 
キャラクターデザイン=竹田逸子 
サブキャラクターデザイン=徳永久美子 
プロップデザイン=髙橋恒星 
色彩設計=篠原愛子 
音楽=関美奈子 
アニメーション制作=studioぴえろ

◆キャスト 
アスタ:梶原岳人 
ユノ:島﨑信長 
ヤミ:諏訪部 順一  
ノエル・シルヴァ:優木 かな 
フィンラル・ルーラケイス:福山 潤 
マグナ・スウィング:室 元気 
ラック・ボルティア:村瀬 歩 
ゴーシュ・アドレイ:日野 聡 
バネッサ・エノテーカ:水樹 奈々 
チャーミー・パピットソン:安野 希世乃 
ゴードン・アグリッパ:松田 健一郎 
グレイ: -   
ウィリアム・ヴァンジャンス:小野大輔 
クラウス・リュネット:寺島拓篤 
ミモザ・ヴァーミリオン:西 明日香
ユリウス・ノヴァクロノ:森川 智之 
ノゼル・シルヴァ:鳥海 浩輔 
フエゴレオン・ヴァーミリオン:小西 克幸 
シャーロット・ローズレイ:小林 ゆう 
セッケ・ブロンザッザ:逢坂 良太 
神父:中尾 一貴 
シスター・リリー:久保田未夢 他

公式サイト 
http://bclover.jp/ 

公式Twitter 
@bclover_PR

(C)田畠裕基/集英社·ブラッククローバー製作委員会



PAGETOP