超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニメ『ブラッククローバー』で俳優・新井浩文が声優初挑戦!「WJ作品に一番難しい関わり方でした」

2018/6/4


 テレビ東京系にて人気放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』の35話にて登場する “白夜の魔眼”の幹部・三魔眼(サードアイ)の3人の設定画像が解禁となり、ライア役を映画やドラマ で活躍中の新井浩文、ヴェット役を高塚正也、ファナ役をM・A・Oが演じることに決定した。

 本作は週刊少年ジャンプ(集英社/著:田畠裕基)にて 絶賛連載中で、シリーズ累計600万部を超 える人気作品。誰もが魔法を使える世界が舞台で、最果ての地の教会に捨てられ下民として育ったアスタとユノ。なぜか生まれつき一切魔法が使えないアスタと、天才的な魔力をもつユノ、対照的な2 人が世界を救う魔道士の頂点といわれる“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作。一癖も二癖もある個性的なキャラクター達が繰り広げる群像劇と豪華声優陣、そして魔法バトルシーンの美しさが話題となり、注目の王道アニメとして、老若男女幅広い世代から支持を受けている。

 今回解禁となった白夜の魔眼の幹部・三魔眼は、頭首であるリヒト(CV.櫻井孝宏)より強い戦闘力 を持つといわれる3人。リヒトの右腕として信頼されており、相手の魔法をコピーできる模倣魔法を操 るライアを演じるのは新井浩文。ライアは、原作者の田畠裕基と親交のあった新井から“自身をモデ ルとしたキャラクター”を描いてほしいとの願いが叶い、原作に登場。満を持して、今回声優も務めることに。 映画『銀魂』(2017年)や映画『斉木楠雄のΨ難』(2017年)など多くのジャンプ作品に参加しているが、 今回声優初挑戦となった新井は「難しいし緊張します。39歳でこんなド新人みたいな緊張感を味わ うとは思ってなかったので、すごく刺激的な経験でした」と話しており、どのようにアニメの世界に命 を吹き込むのか必見。

 同じく解禁となった、ヴェットはライアとは打って変わって猛獣のような外見をした荒々しいキャラク ター。ヴェット役の高塚正也は「ヴェットを演じさせて頂きます高塚正也です。吠えます!吠えて 吠えて吠えまくります!」とコメント。そして、三魔眼・最後の一人として登場するのはかつてアスタた ちが魔宮で戦いを繰り広げた「ダイヤモンド王国」の戦士マルスの幼なじみ、ファナ。子供時代とは 異なり、うつろな表情を浮かべる彼女。そんなファナをM・A・Oが続投する。なぜファナが白夜の魔眼の一員となっているのか、物語から目が離せない。

◆新キャラクター解禁

■白夜の魔眼 ライア(CV:新井浩文)


白夜の魔眼 模倣魔法
“三魔眼(サードアイ)”と呼ばれる“白夜の魔眼”の3幹部のひとり“不実”の ライア。軽薄そうに見えるが、頭首のリヒトには右腕として信頼されている 。 他人の魔法をコピーし、自在に使うことができる“模倣魔法(もほう まほ う)”の使い手。 三魔眼は頭首であるリヒトよりも高い戦闘力を持つといわれ、ほかのふたり の幹部と協力して強大な封印魔法を発動することもできる。

〈新井浩文コメント〉
■声優初挑戦に対する感想は?
 難しいし緊張しますね。普段やっている事とは全然違っていて。 39歳でこんなド新人みたいな緊張感を味わうとは思ってなかったので、すごく刺激的な経験でした。
■ライアのモデルになった経緯、第一印象を教えてください
 「特捜警察ジャンポリス」という番組で『ブラクロ』の田畠先生の現場へ行かせて頂き、先生が外国のモデルの方を元にキャラクターを 描いてるというお話を伺いました。そこで思い切って「今度うち(自分)をモデルに描いて頂けませんか?」と交渉したんです。そうしたら「逆にいいんですか!?」と言っていただいて決まりました。初めて絵を見たときに、やっぱり似てるじゃないですか。自分に。多分で すけど映画『LIAR GAME REBORN -再生-』の時の役が、顔に刺青が入ってて「そっか、そういうことかぁ」と思って感動しました。
■ライアを演じるにあたってのイメージは?
 イメージというか、ライアの正解はうちですからね(笑)。一人称もうちだし。口癖も「めんどくせー」とか、かったるそうなのは普段のうちですから(笑)。
■読者の方へメッセージをお願いします
 実写では『バクマン。』『銀魂』など、WJ作品へ色々と関わらせて頂いておりますが、今回のアニメへの参加が一番難しい関わり方でした。アニメを楽しみにして下さっている皆さまの邪魔にならなかったらいいなと思います。 最後ですが、この作品へ関わらせて頂く機会を下さった方々に感謝してます。

■白夜の魔眼 ヴェット(CV:高塚正也)


白夜の魔眼 獣魔法
“白夜の魔眼”の幹部“三魔眼(サードアイ)”のひとり“絶望”のヴェ ット。 数百の猛獣が荒ぶっているかのような荒々しく巨大な魔力を持ち、 珍しい“獣魔法(けもの まほう)”を使う。 自らの強さに自信があり、敵を圧倒的な力で追い詰めて“絶望”の淵 に叩き込むことに喜びを見出す。

〈高塚正也コメント〉
 ヴェットを演じさせて頂きます高塚正也です。吠えます!吠えて吠えて吠え まくります! 翌日、絶望するかもしれません。(笑) 宜しくお願いします。

■白夜の魔眼 ファナ(CV:M・A・O)


白夜の魔眼 炎魔法
“白夜の魔眼”の幹部“三魔眼(サードアイ)”のひとり“憎悪”のファ ナ。 どこかうつろで精神的に不安定なところがある。 四大属性のうち “火”の属性を持つ精霊“サラマンダー”に選ばれた魔 道士。 サラマンダーは四大精霊の中でも最も高い攻撃力を持つと いわれ、その力により強力な攻撃魔法を放つことができる。だがそ れだけではなく、優れた回復魔法の使い手でもある。

<TVアニメ『ブラッククローバー』情報>  
テレビ東京系にて毎週火曜 夕方6時25分〜
BSジャパンにて毎週金曜 深夜0時58分〜

◆あらすじ 
人間は、魔神に滅ぼされるかに見えた それを救ったのは、たった一人の魔道士だった 彼は『魔法帝』と呼ばれ、伝説になった―― 魔法がすべての、とある世界――。 生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、 己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、 魔道士の頂点『魔法帝』を目指す!

◆スタッフ 
監督=吉原達矢 
シリーズ構成=筆安一幸 
キャラクターデザイン=竹田逸子 
サブキャラクターデザイン=徳永久美子 
プロップデザイン=髙橋恒星 
色彩設計=篠原愛子 
音楽=関美奈子 
アニメーション制作=studioぴえろ

◆キャスト 
アスタ:梶原岳人 
ユノ:島﨑信長 
ヤミ:諏訪部 順一  
ノエル・シルヴァ:優木 かな 
フィンラル・ルーラケイス:福山 潤 
マグナ・スウィング:室 元気 
ラック・ボルティア:村瀬 歩 
ゴーシュ・アドレイ:日野 聡 
バネッサ・エノテーカ:水樹 奈々 
チャーミー・パピットソン:安野 希世乃 
ゴードン・アグリッパ:松田 健一郎 
グレイ: -   
ウィリアム・ヴァンジャンス:小野大輔 
クラウス・リュネット:寺島拓篤 
ミモザ・ヴァーミリオン:西 明日香
ユリウス・ノヴァクロノ:森川 智之 
ノゼル・シルヴァ:鳥海 浩輔 
フエゴレオン・ヴァーミリオン:小西 克幸 
シャーロット・ローズレイ:小林 ゆう 
セッケ・ブロンザッザ:逢坂 良太 
神父:中尾 一貴 
シスター・リリー:久保田未夢 他

公式サイト 
http://bclover.jp/ 

公式Twitter 
@bclover_PR

(C)田畠裕基/集英社·ブラッククローバー製作委員会



PAGETOP