超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

フレーム切手『機動戦士ガンダム THE ORIGIN<シャア・セイラ編>』発売イベントで潘めぐみが名セリフを熱演!

2018/5/20



 5月15日(火)、全国の郵便局窓口(一部簡易郵便局除く)・郵便局ネットショップにて、『機動戦士ガンダム』シリーズ初のフレーム切手となる、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN<シャア・セイラ編>フレーム切手セット』が販売開始。発売を記念して、東京中央郵便局にて商品発表会が行われ、声優の潘めぐみ、シャアものまね芸人・ぬまっち、元SKE48でイラストレーターの古川愛李がMCとなり、商品PRを行った。イベントでは、東京中央郵便局金児局長の挨拶、登壇者3人でのトークショー、1日局長任命式などを実施。ファンのリクエストに応えて、セイラ・マス役声優の潘めぐみが作品の名シーン再現。「キャスバル兄さーーん」と迫真の演技を見せ、共演者の感動を誘った。

 この日行われたイベントではMC役に、元SKE48で現イラストレーターの古川愛李が登場。商品説明などを行った。ジオン軍のコスプレをした東京中央郵便局の金児局長が、商品への想いをコメント。「数あるフレーム切手の中でも今年の目玉商品となります。今後も第二弾、第三弾と発表してまいりますので、ぜひご期待ください」と力の入れようを語った。



 さらに、声優の潘めぐみ、シャアものまね芸人ぬまっち、古川愛李がトークショーを展開。現在、映画公開中の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の魅力を語った。トークショー内では、潘めぐみがセイラを演じる難しさについて、「名前が変わる度に、人物が変わっていく、キャスバル(シャア)からヒントを得ました。セイラも同じで名前が変わることによって、過去の自分と別れる、蓋をしていく気持ちで演じました」と貴重なエピソードを披露。さらに、ぬまっちは自作のアイテムを持参。『ニュータイプが閃いたときの音』が出るグッズを持ち込み、登壇者3人による“ニュータイプごっこ”で盛り上がった。さらに、イラストレーター古川愛李は、自らの書き下ろしイラストを見せて、「今回はジ・オリジンを見て感じた想いをイラストにしてみました」と作品への愛を表現。その出来栄えに共演者も関心しきりだった。なお、この古川愛李書き下ろしイラストは商品と共に一定期間、東京中央郵便局に飾られる。

 イベントでは、ファンからのリクエストにこたえるコーナーも実施。男性ファンが、名シーンの再現をリクエストし、プロ声優の演技に酔いしれた。また、シャアが好きという女性ファンは、ぬまっちにモノマネのコツを聞き、納得の表情を見せた。終盤には、潘めぐみが1日局長に就任。局長から委嘱状を受け取り、サイン入りポストカードを進呈してその役目を果たした。

 ファンへのメッセージを聞かれた潘めぐみは「こうした形でガンダムに関わらなければ来られなかった場所、出会えなかった方々がたくさんいるので、このイベントを機に、さらに多くの方にガンダムに触れていただければ嬉しいです」とコメント。最後に、ぬまっちがジークジオン三唱を唱え、終始笑顔が絶えないガンダム好きイベントを締めくくった。





機動戦士ガンダムフレーム切手シリーズ第一弾 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN<シャア・セイラ編>フレーム切手セット』セット内容。キャラファインボードは、ガンダムのキャラクターデザイナーことぶきつかさ氏による書き下ろしイラストとなる

【商品概要】
〇商品名:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN<シャア・セイラ編>フレーム切手セット』
〇商品価格:通常版/1セット7,700円(消費税・送料込み)、キャラファインボード額装版/1セット16,000円(消費税・送料込み)
〇申込受付期間:郵便局窓口でのお申込み:2018年7月13日(金)まで
〇郵便局のネットショップでのお申込み:2018年7月16日(月)まで
〇商品のお届け時期:2018年9月12日(水)より順次お届け
〇商品内容:
・フレーム切手[62円切手(シールタイプ)10枚]×1シート
・特製ホルダー×1個
・特製ポストカード×10枚(10種)(収納ケース付)
・キャラファインボード×1個 ※額装版はシリアルナンバー入り 
〇お申込み方法:全国の郵便局(一部簡易郵便局は除く)の窓口に設置したカタログ販売の申込書に必要な事項をご記入の上、代金を添えて窓口へ提出してください。また「郵便局のネットショップ」(郵便局ウェブサイト)でもお取扱いします  https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/gundam-the-origin.aspx

(C)創通・サンライズ



この記事のキーワード

PAGETOP