超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】今井翼『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』自身に関するナゾは●●の減りが早いこと!?

2018/4/14


 レイトン教授の娘であるカトリーエイル・レイトンが「どんなナゾもすべて解決、それが我がレイトン探偵社のモットーです」を掲げ、しゃべる犬のシャーロと助手のノアと一緒に事件を解決していくTVアニメ『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』。その第1話のゲスト俳優として今井翼が出演! 現在発売中のアニメディア5月号では、そんな彼のインタビューが掲載中だが、超!アニメディアでは誌面では紹介しきれなかった部分を含めロングバージョンをご紹介する。

――声優として『レイトン』への参加が決まったときの気持ちを教えてください。
 以前から、声を通してのお仕事はすごくやってみたかったんですが、まさか人気ゲームシリーズのアニメ化の1話でお声がけをいただけるとは思ってもみなかったので、すごく驚きましたし、すごくうれしかったです。10代のころに洋画の吹き替えをさせていただいたことがあったのですがアニメ作品は初めてで、しかも大人になってからプロ意識を持ってやらせていただくと、声に特化した表現の奥深さというか、それだけの難しさっていうものを非常に感じました。

――実際にアフレコをしてみて、声だけでの演技はいかがでしたか?
 自分の肉体を通したときの芝居とは異なる、セリフ以外の喜怒哀楽や、声にならない声の表現にはずいぶん苦戦しました。頭ではわかっていても実際に声に出して届けることが難しくて、思うようにいかないことのほうが多かったです。でも、自分で準備してきたこと以上に現場に入って気づくことがたくさんあったので、よい学びになりましたね。ただ、もちろん一生懸命はやらせていただいたんですが、プロの声優のみなさんの声と合わさった完成作が楽しみな反面、どういう風になったのか観るのはちょっと怖いです(笑)。

――ご自身のアフレコ前に、ほかのキャストの方々の収録現場を見学されたそうですね。
 ものすごく感銘を受けました! 逆に言うと、見なきゃよかったなっていうくらい緊張感が芽生えました(笑)。

――もしも、声の演技について声優のみなさんに質問ができるとしたら、どんなことを聞いてみたいですか?
 聞きたいことはたくさんありすぎますけど、一番は“リアクションを声で表現するコツ”ですかね。もちろん本職の声優のみなさんはコツではなく鍛錬されてのことだと思うんですが、今回自分が一番苦戦した部分なので質問してみたいですし、自分自身もっとそういった技術を身に付けたいと思ってます。今回の出来栄えがどうかはわからないですけど、せっかくこういうチャンスをいただいたので、また次があれば表現者としてもっともっと声での演技を追及していきたいです。

――今回は、依頼人・サイモンの声を担当されましたが、ご自身の役以外で気になるキャラクターはいましたか?
 カトリーの助手を務める、犬のシャーロですね。僕も犬を飼ってるので、『うちの犬もしゃべってくれたらいいな』って映像を観ながら何度も思いました。具合が悪いときとか、『言ってくれたらもっと早く気づいてあげられたのにな』って思うこともありますし、なんでも話せる仲になれたら、今まで以上にいい相棒になってくれそうな気がします。

――さて、『レイトン』シリーズの魅力のひとつは、やはり“ナゾトキ”。“ミステリー作品”や“探偵”という職業などに興味はありますか?
 映画とかで観るのは好きなんですけど、ナゾトキそのものは全然得意ではないです。推理力もないので、今回も台本を読みながら事件が解決に向かう痛快さに、ひたすらに心を奪われていました。とくに、探偵という職業は誰かを救うお仕事でもあり、ときに誰かを犠牲にしなければいけない職業ですよね。となると、あまり僕には向いていないかな……と。

――今井さんが探偵なら、変装や尾行を颯爽とこなして事件を解決出来そうですが……。
 いや、僕の尾行とかすぐにバレちゃうと思いますよ(笑)。それこそ声の話なんですが、飲食店とかタクシーの中とか、僕自身は(今井翼だって)バレてない自信があるんですけど、声でバレてしまうことが多いんです。なので声を出したら、すぐに気付かれてしまいそうですし、探偵が駆使するような機械にも疎いので、足をひっぱってばかりで間違いなく役に立たないと思います(笑)。

――では、演じられたサイモンのように、探偵よりは依頼人になる可能性の方が高そうですか?
 そうなっちゃうと思いますね(笑)。

――ちなみに、サイモンは“家の中で家族が消える”という、通常ではありえないような魔訶不思議な事件に遭遇しました。今井さんも、そんな“激レア”な不思議な体験をしたことはありますか?
 不思議な体験……う~ん。これはもしかすると、僕が料理をするっていうのもあると思うんですけど……オリーブオイルの減りが不思議なほどにものすっごく早いです(笑)。

――(笑)。大量に使っているな、という自覚は?
 料理にもよりますけど、確実にありますね(笑)。でも、『もうないの? こんなに使ったっけ?』って思うくらいには減りが早いんですよ(笑)。

――なるほど。それは間違いなく“激レア”な不思議体験ですね!(笑) では最後に、本作の魅力や面白さを教えてください。
 コミカルで、とてもドラマチックなので、巻き起こる事件はアニメという世界観のなかでもありえないことなんだけれど、どんどんそこに入り込ませるテンポ感があります。そして、やっぱり“ナゾトキ”ですね。僕も台本を読んでいて爽快というか、ナゾが解けたときのスッキリ感があったので、そこがすごく魅力的だなと思います。

――作品を見ながら、一緒に謎解き気分を味わえるのは楽しいですよね。
 しかも、朝から痛快な気分を味わえるっていうのがいいですよね。こういうナゾトキってお子さんのほうが頭が柔らかいので、大人こそ複雑に絡まっていたものがほどけたときの爽快感を味わえるのではないかと思ったりもするんです。脳トレみたいな感じで(笑)。毎回さまざまな事件が起こるので、ぜひ朝から一緒にナゾトキをして、スッキリとした気持ちで一日を始めてみてください!

<キャラクター紹介>
カトリーエイル・レイトン(カトリー)(声/花澤香菜)
 ナゾトキの名手として名高い、エルシャール・レイトン教授の娘。明るく活発で、ナゾトキや不思議な出来事には目がない女の子。

サイモン・ライト(声/今井翼)
 突然、愛する妻と子どもたちが消えてしまい、レイトン教授を頼って探偵社にやってきた依頼人。教授の不在を知りガッカリするが……。

◆プロフィール
【いまい・つばさ】10月17日生まれ。神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。

<『レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~』 情報> 
4 月 8 日スタート 毎週日曜あさ 8 時 30 分 
フジテレビ、北海道文化放送、仙台放送、東海テレビ、岡山放送、テレビ西日本にて放送!

4 月 15 日スタート毎週日曜あさ 6:30~ 
関西テレビにて放送! 
※放送時間は変更になる場合があります。 
※最新の放送情報は公式サイトをご覧ください。

◆出演者 
カトリーエイル・レイトン:花澤香菜 
シャーロ:小杉十郎太 
ノア・モントール:池田恭祐 
ダージリン・アスポワロ:多田野曜平 
〈第1話ゲスト〉 サイモン・ライト:今井翼

◆スタッフ 
・クリエイティブディレクター/原案・シリーズ構成:日野晃博 
・原作:レベルファイブ ・アニメーション制作:ライデンフィルム(「アルスラーン戦記」シリーズ) 
・監督:満仲勧(「ハイキュー!!」シリーズ) 
・キャラクターデザイン原案:長野拓造 
・キャラクターデザイン:高田謡子 
・助監督:migmi ・プロップデザイン:小野田貴之 
・色彩設計:茂木孝浩 
・美術監督:中久木孝将 
・背景:キューン・プラント 
・音楽:西浦智仁 
・音響監督:田中亮 
・音響効果:稲田祐介 
・音響制作:東北新社 
・撮影監督:岡野亜友未 
・撮影:グラフィニカ 
・3DCGI:FelixFilm 
・編集:廣瀬清志 榎田美咲

アニメ公式サイト 
https://www.layton-anime.jp/

アニメ公式Twitter 
@anime_layton

原作ゲーム公式サイト 
http://www.layton.jp/mystery-journey/

©LEVEL-5/レイトンミステリー探偵社



声優になりたい!

PAGETOP