超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】「リズと青い鳥」完成披露舞台あいさつで、種﨑&東山が青春を語る!

2018/4/5



 4月21日(土)公開の映画『リズと青い鳥』の完成披露舞台あいさつが東京・丸の内ピカデリーで行われ、種﨑敦美、東山奈央、本田望結、山田尚子監督が登壇した。

 作品について東山は「キャラクターデザインから伝わる通り、静かな映画ですが、その中に充実したものが詰まっています。いつまでも浸っていたい作品」とコメント。種﨑は「その通り!」と頷きつつ、「キャラクターのつま先から髪の先、瞳の動きまでが繊細で、絵がお芝居しているようです。実写かと思うような…アニメ映画だけど、2人の女の子を見ているような気持になりました」と、作品の魅力を熱く語った。

 また、声優初挑戦で1人2役を演じた本田は「不安はありましたが、山田監督から『どっちが喋ってるか分からないくらい、自然な感じで演じてほしい』と言っていただきました」と監督からのアドバイスを明かし、「完成を見たら監督の言葉は間違ってなかったんだと思いました」と自信を覗かせた。

 さらに青春について聞かれた種﨑は「青春を語ると止まらない」と身を乗り出し、「みぞれと似た経験をしました。一緒にいたくて高校を選んだくらい大好きな友達がいて。全部身に覚えがある」と、自身の学生時代を振り返った。東山も「女子高だったので、女の子同士のやりとりは分かる。何でもないことが面白かったり、傷ついたり。単純なことに感情を揺り動かされてました」と語った。一方、「青春ってどんな…」と首を傾げる中学生の本田に、種﨑が「2度と戻れないキラキラした瞬間とか」と助言を。本田が「恋愛のことかと思っていました」と照れ笑いを浮かべる一幕も。

 最後に山田監督は「この作品で描かれているのは、女の子だけじゃなく皆が経験した心の動きです。男性も大丈夫だと思います。音楽を大切に作っている作品なので、映画館で見ることで最大のパフォーマンスにつながる作品。ぜひ映画館で見てほしい」と、集まったファンに向けてアピールした。

<映画『リズと青い鳥』情報>
421日(土)より全国劇場で公開

◆あらすじ  
北宇治高校吹奏楽部に所属するオーボエ担当の鎧塚みぞれとフルート担当の傘木希美。2年生のころ、退部していた希美が部に戻り、ふたりは3年生になった。そんなふたりが出場できる最後のコンクールの自由曲は「リズと青い鳥」。オーボエとフルートのソロの掛け合いがあるこの曲に、希美は「自分たちのようだ」と屈託なく告げる。しかしみぞれは、「リズと青い鳥」のようにいつか来る別れを恐れ、ふたりの歯車は噛み合わなくなっていく。

◆スタッフ
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

公式サイト
http://liz-bluebird.com/

公式Twitter
https://twitter.com/liz_bluebird

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会



PAGETOP