超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『つくもがみ貸します』ティザ―ビジュアル、スタッフ、キャストが公開に!

2018/3/20


 江戸の町を舞台に、一種の妖となった古道具たち「つくもがみ」と、人間たちとが 織り成す悲喜こもごもの人情噺、畠中恵の小説『つくもがみ』シリーズのアニメ化、 『つくもがみ貸します』のティザ―ビジュアル、スタッフ、キャストが公開となった。

 また、3月24日(土)から東京ビッグサイトにて開催される「AnimeJapan 2018」内、 トムス・エンタテイメントブースにてキャスト登壇のステージイベントを開催することが決定した。

日時:3月24日(土) 16:00
会場:東京ビッグサイト ブースNo, J14 トムス・エンタテインメント
登壇者:榎木淳弥、小松未可子、櫻井孝宏
参加方法:ステージはプログラムごとの入れ替え制となります。 混雑状況により、観覧エリアへの入場方法を変更ないしは 制限させていただく場合がございます。 ステージ本番中の撮影・録画・録音は禁止とさせていただきます。

<TVアニメ『つくもがみ貸します』情報>
NHK総合テレビにて2018年7月から毎週日曜24:10~放送予定! (関西地方は日曜24:50~)
※放送日時は変更になる場合がございます。

◆イントロダクション
江戸は深川、仲町にて損料屋・出雲屋を営む、お紅と清次という姉弟がいた。 損料屋というのは、日用品から骨董品、そして美術品とありとあらゆる品をいく らかで客に貸し出す商いのこと。 ただこの出雲屋が取り扱う道具たちが、他の店のものと一味も二味も違うのは、 作られてから百年以上が過ぎ、魂を宿した「つくもがみ」という一種の妖のような ものになってしまっているところ。 お客の元に貸し出されては、色々な話を聞いて来て、噂話を繰り広げる 「つくもがみ」たち。人が良く情け深いお紅と清次は、そんな「つくもがみ」たちの 力を借りながらこの町で起こる大小さまざまな騒動を解決していく。 江戸の町に花開く「つくもがみ」と人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺、 骨の髄までとくとご堪能あれ―――。

◆スタッフ
原作:畠中 恵(角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:むらた雅彦
シリーズ構成:下山健人
キャラクター原案:星野リリィ
キャラクターデザイン:谷野美穂・吉沼裕美
美術監督:村本奈津江
色彩設計:岡 亮子
撮影監督:蒲原有子
音響監督:えびなやすのり
音楽:佐藤五魚
制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム

◆キャスト
清次:榎木淳弥
お紅:小松未可子
佐太郎:櫻井孝宏

公式サイト
http://tsukumogami.jp/

公式Twitter
@tsukumogami_tv  推奨ハッシュタグ #つくもがみ

©2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会



PAGETOP