超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】最終回直前!TVアニメ『いぬやしき』小日向文世、村上虹郎、本郷奏多が語る作品の魅力

2017/12/20


 明日12月21日(木)に最終回を迎えるTVアニメ『いぬやしき』。本作で犬屋敷壱郎役を演じる小日向文世、 獅子神皓役を演じる村上虹郎、そしてTVアニメと実写映画両方で安堂直行役を演じる本郷奏多による鼎談を掲載! 一部は発売中の『アニメディア1月号』に掲載中だが、「超!アニメディア」では、誌面では掲載しきれなかった本鼎談のロング版をお届けする。

――ご自身が演じられたキャラクターへの印象を教えてください。

小日向 1話での犬屋敷さんは悲哀たっぷりで、あまりにもショボくて。僕よりも年下のはずなのに、ずっと年上に見えるおじさん……というより、おじいちゃんというイメージでした。どうして僕が犬屋敷さんの役に決まったのか、聞いてみたいところですが(笑)。

本郷 僕は、以前から原作マンガを愛読していたのですが、犬屋敷さんの役は小日向さんがピッタリだと思いました。

小日向 ホントに!? イメージピッタリって、ショボく見えるところ? それって、喜んでいいのかどうなのか、微妙なところだなぁ。

本郷 「温厚で心やさしきヒーロー」というところが合っているなって(笑)。

小日向 まあ、たしかに犬屋敷さんの役柄としては、行動原理や考え方は共感できるものばかりだったので、スッと入りやすかったですね。難しかったのは、兵器ユニットとしての一面を出したときの演技ですね。食べた物が機械化した腕から吐き出されるなんて、さすがに経験したことないじゃないですか。どんな心持ちなのかあれこれ想像しながら、一連の動きのなかで演じるのは結構ハードで。「監督が納得するまで何度でもやりますから、遠慮なく言ってください!」と言って臨みました。僕自身も納得するものにしたいので、わりと何度も録り直して妥協せず演じ抜きました。

――それでは、獅子神についてはいかがでしょうか。

村上 獅子神はいろいろな側面があるキャラクターでした。基本的には平凡な高校生なんですが、普通の人間が持っている倫理観が抜け落ちてしまっているんです。普通の人は、他人を殺すときに罪悪感や恐怖を覚えるものだと思いますが、獅子神は他人が死のうが生きようが、なんの感情も抱かない。「心のブレーキがないんです。その一方で、親友の安堂や自分の母親、同級生の渡辺しおんといった大切な人たちに対しては、深い親愛の情を示して守ろうとします。近しい人は大切にするけど、関わりのない人たちにはとことん無感情で冷酷になる。そのバランスが極端すぎるんですよね。

小日向 人は生まれて生きていくなかで、倫理観を身に付けていくじゃないですか。だから人は、悪の方に走る勇気をなかなか持てない。獅子神も「力」を手に入れる前は、どこか冷たいところはあるけれど、人を殺したりする子ではなかったはず。それなのに、身体が兵器になってしまった途端に、タガが外れてしまったかのように破滅的な行動に出た。それって、やっぱり自分が普通の人間ではなくなってしまったことに絶望したからなんじゃないかと思うんだよね。

村上 ある意味、悲劇ですよね。ごく普通の高校生で、ごく普通に恋をしたり進学したり、その後もいろいろな可能性が待っていたはずなのに、そんな未来が壊れてしまった。いや、自分で壊してしまったと言ったほうが正しいのかな。

小日向 犬屋敷さんは機械の身体になってしまったけれど、人を救い、感謝されることで生きる喜びを得られたわけだから。そう考えると、獅子神も悲しい存在に見えてくるね。

村上 迷いながらも人を救い、生きる喜びを得ていく犬屋敷さん。そして、迷いなく人を殺して自分自身を追いつめていく獅子神。異なるベクトルをもつキャラクターの対比が面白いです。

――一方、犬屋敷のサポート役に徹している安堂についてはいかがでしょうか?

本郷 人を救うヒーローとなった犬屋敷さんに憧れ、人類の敵となった獅子神に脅威を覚える安堂は、ごく普通の倫理観を持った高校生で、一番視聴者目線に近いキャラクターです。気弱ないじめられっ子ではありますが、芯の部分はすごく強い少年だと思うんです。たとえ自分をいじめっ子から救ってくれた親友とはいえ、獅子神って恐いじゃないですか。自分のためにいじめっ子を殺すとか、やることが極端すぎて、もし機嫌を損ねたりしたら自分もどうなるかわからない。それでも、安堂は相当なリスクを覚悟したうえで、獅子神のことを止めようとします。それは純粋な正義感もあるでしょうけど、それ以上に獅子神のことを大切な親友だと思っているからなんだと思うんです。普通だったら、こんなヤバそうなやつとは関わらないでいるでしょうけど、安堂はそうしない。危険を冒してまで獅子神に関わっていこうとするところは、安堂のやさしさなのだと思います。

――アニメ本編をご覧になった感想は?

小日向 とにかく絵作りのインパクトがすごい。いきなりおじさんの頭が開いたと思ったら、中に精密な機械がびっしり……なんていう描写を見たのは初めてだったので、衝撃と感動を覚えました。あとは、人を救うため奔走する犬屋敷さんと、なんの感慨も抱かず人を殺め続ける獅子神、ふたりの「生」に対する思いの違いが描かれているところも面白いです。

村上 犬屋敷さんと獅子神は中身がメカで、攻撃時や空を飛ぶ時は身体がパカッと開いて内部構造が丸見えになるじゃないですか。でも、それ以外のときはごく普通の人間。そのギャップが面白いです。犬屋敷さんは人助けに行くとき、背中のパーツが開くのが邪魔にならないように上半身ハダカで出かけますが、ただ徘徊している人に見えちゃうなって(笑)。

――たしかに、そう見えてもおかしくないですね(笑)。では、アニメと実写映画の両方に出演されている本郷さんから見て、両作品の魅力の違いをどのように感じるかを教えてください?

本郷 やっぱりアニメの魅力は「絵」そのものにあると思います。作画のクオリティーが非常に高いというのが、素人目にも感じられるレベルですよね。実写映画の方は、制作途中のものを見せていただいたんですが、こちらもまたすごいです。実写だからこそ伝わる「映像の説得力」は、アニメとはまた別の魅力があるので両方楽しんでいただきたいですね。

――次に、これまででとくに印象に残っているシーンはどこでしょうか?

小日向 まずは1話で、機械の身体になって涙が出なくなった犬屋敷さんが、再び涙を流したシーン。ホームレス狩りに遭っていたところを助けた人から感謝されたとき、喜びと同時に自分が生きている実感を覚えて涙を流したところは、非常に感動的でした。一方、2話で獅子神が知らない人の家に上がり込んで、一家を惨殺していくシーンも印象深いですね。こちらは犬屋敷さんのシーンとは真逆で、かなりショッキングでした。

村上 見ず知らずの人間をたやすく殺す獅子神の所行は、僕にとっても衝撃的でした。でもその一方で、大切な人が傷つくことに対しては、ごく普通の人間らしく心を痛めるんです。6話で母親が自殺したことを知ったときや、8話でSATの突入によってしおんやその祖母が撃たれたときなどは、耐えきれない悲しみに慟哭していました。その意外な姿に驚きましたし、あのとき演じた感覚がまだ身体に残っています。

本郷 僕は5話で、犬屋敷さんの能力を試すため安堂と一緒にスクラップ工場で練習するシーンが面白かったです。基本的に張りつめた場面が多い作品なんですが、能力の使い方をよくわかっていない、犬屋敷さんの不器用さやお茶目なところが描かれていて、心なごむシーンになっていました。スーパーマン並の力を手に入れたのに、どこか頼りないところは以前と少しも変わっていないんだなって。

――では、もしみなさんが犬屋敷たちのような機械の身体を手に入れたらどうしますか?

小日向 もし本当に犬屋敷さんと同じ力を手に入れたら、僕は役者を辞めます。そして、困っている人を助けたり、悪を倒しに行きますね。たとえば、若くして不治の病に冒された人を助けに行くとか。自分の力を使って人によろこんでもらうのって、最高だと思うんですよね。

村上 役者のお仕事は辞めちゃうんですか!?

小日向 芝居の稽古とかしているヒマがあったら、とにかく人助けをしたいね。むしろ、助けて欲しいという人が殺到してきて、役者の仕事どころじゃなくなるんじゃないかな。

村上 僕は……そうだな。まず自分の能力を試すと思います。宇宙に飛んでいったり、どのくらいのことをしたら壊れるのか、いろいろ実験をしてみたい。ただ、役者の仕事は続けると思います。兵器ユニットの能力を活かした役を演じたりするのも面白そう。搭載されている能力を使えば、ピアノやヴァイオリンなどの楽器も弾きこなせそうですよね。

小日向 ピアノは僕も弾いてみたいな。コンサートホールでものすごい演奏を披露してみたい。

本郷 僕は獅子神みたいな破壊活動はしないでしょうし、小日向さんみたいにきれいな善意も持ち合わせていないので、お金を取って病に冒された人を直す事業を始めますね。

小日向 お金を取るにしても、困っている人を助けるんならいいんじゃない?

本郷 ただ、僕は結構黒いですからね。患者の足元を見た高額な医療費を請求しますよ(笑)。どんな病気も治すけど、きっちり払うものは払ってもらいます。

――三者三様の望みがあって、面白いですね。では、みなさんがこれまで演じてきて、難しいと感じたシーンは?

小日向 驚いたり、悲しんだり、怒ったりと、犬屋敷さんはいろいろなシーンで叫ぶことが多く、声が枯れそうになるのが毎回大変です。劇団に所属していたころ、「心がともなわずに演じるとのどを潰す、心がともなっていれば、おのずと声は出る」と教わったことがありまして。それで、想像のなかでいろいろなシーンを膨らませ、感情を高ぶらせたうえで叫ぶ演技をしているので、エネルギーを消耗するんですよ。

村上 たしかに、自分が実際に体験したことのないようなシーンを演じるときは苦労します。僕は獅子神が銃でハチの巣にされるシーンを演じるのが大変でした。実際に撃たれたことなんて当然ないし、撃たれても死なないけれど、それなりに苦痛は感じているという状況ってどんな感じなんだろうと。小日向さんと同じく、自分のなかでイメージを膨らませ、想像のなかで体験しながら演じました。また、アニメのアフレコに挑戦するのは本作が初めてだったので、毎回手探り状態でやっています。

本郷 僕の場合は、実際の演技で苦労したというよりも、アフレコブース内の人の多さに驚き、難儀しました。『いぬやしき』はメインの登場人物はそれほど多くありませんが、警官や街の人など、意外と出演者の数は多いんです。決して広くないブースのなかに30人ぐらい入って、入れ替わり立ち替わりマイクの前に立って演技するのは、ある意味スリリングでした。自分の番が来て、マイクの前に行ってしゃべったら、すぐまたススッと自分の席に音を立てずに戻るなど、マイク前での入れ替わりが難しかったです。

小日向 えぇっ、そうなの!? 僕はいつもひとりかふたりしかいなかったけど。

村上 僕も同じです。

本郷 それはもう、おふたりはスターだからVIP待遇なんですよ(笑)。

小日向 いやいやいや!(笑)

村上 僕は声優初挑戦なので、ゆっくり演出を受けれるよう考慮して下さったんだと思います。

――最後に読者に向けてメッセージを。

小日向 原作マンガには原作マンガの、アニメにはアニメの魅力があると思います。ぜひ両方を見比べてみてください。

村上 『いぬやしき』は実写映画版の制作も進んでいます。実写版の獅子神は佐藤健さんが演じるそうですが、僕が演じた獅子神の演技も楽しんでいただけるとうれしいです。

本郷 僕はアニメと実写映画の両方で安堂を演じさせていただいているんですが、両作品とも異なる魅力を持った作品になっています。アニメの方はクライマックスを迎えて、ここからもう止まらない展開に突入していくので見逃さないようにして欲しいですね。また、実写映画の方にもご期待いただければと思います。

◆プロフィール
小日向文世
【こひなた・ふみよ】1月23日生まれ。北海道出身。ファザーズコーポレーション所属。

村上虹郎
【むらかみ・にじろう】3月17日生まれ。東京都出身。ディケイド所属。

本郷奏多
【ほんごう・かなた】11月15日生まれ。宮城県出身。スターダストプロモーション所属。

<TVアニメ『いぬやしき』情報> 
フジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜 24:55 から放送中。 
ほか各局でも放送。
Amazon プライム・ビデオにて日本・海外独占配信

<イントロダクション> 
定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、 ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。
その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ 機械の体に生まれ変わった彼は人間を遥かに超越する力を手に入れることに。 
一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、 手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。 
自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、 獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。 
人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…? 強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。

<キャスト>
犬屋敷壱郎:小日向文世
獅子神皓:村上虹郎
安堂直行:本郷奏多
犬屋敷麻理:上坂すみれ
渡辺しおん:諸星すみれ

 <スタッフ> 
原作:奥浩哉 (講談社「イブニング KC」所載) 
総監督:さとうけいいち (「TIGER&BUNNY」「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」監督 「GANTZ:O」総監督) 
監督:籔田修平 (「甲鉄城のカバネリ」「進撃の巨人」3D 監督) 
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司 (「亜人」「残響のテロル」) 
キャラクターデザイン:恩田尚之 (「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」「GANTZ」 キャラクターデザイン・総作画監督) 
音楽:池頼広 (「相棒」「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」) 
オープニング・テーマ:MAN WITH A MISSION 「My Hero」 エンディング・テーマ:クアイフ 「愛を教えてくれた君へ」 
制作:MAPPA (「この世界の片隅に」「ユーリ!!! on ICE」)

※実写映画 鋭意制作中! 
2018 年 実写映画化 
出演:木梨憲武 佐藤健 本郷奏多 二階堂ふみ 三吉彩花 濱田マリ 斉藤由貴 伊勢谷友介 
監督:佐藤信介

公式サイト 
http://www.inuyashiki-project.com/ 

公式ツイッターアカウント 
https://twitter.com/inu_noitamina

©奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会



PAGETOP