超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

三木眞一郎演じる新キャラも登場! 『文豪ストレイドッグス』“黒の時代”についてキャスト陣が語る

2016/10/20


 2016年10月から第2クールの放送が開始となったTVアニメ『文豪ストレイドッグス』。メインキャラクター・太宰治の過去を描く“黒の時代”で、新たに登場するキャラクターの設定画とキャストが公開、また、メインキャスト陣が“黒の時代”について語ったコメントが到着した。

『文豪ストレイドッグス』は、太宰治や芥川龍之介など実在の文豪をモデルにキャラクター化。彼らの著作をモチーフとした異能を用いて戦いを繰り広げるアクション漫画だ。コミックスは累計410万部を突破。2016年4月からはTVアニメの放送が開始となり、10月からは13話からの第2クールが放送されている人気タイトル。

 第2クールでは、メインキャラクター・太宰治のポートマフィア時代の過去を描いた“黒の時代”を放送中。そして、第2クールで新たに登場する新キャラクター・ジイドの設定画が公開、キャストを三木眞一郎さんが務めることが判明した。

▼ジイド CV:三木眞一郎

inside2016102005-01

かつて欧州で権勢を誇った異能犯罪組織「ミミック」の首領。
その冷徹さと強力な異能力をもって、旧対戦の敗残兵たちを統率する。

 さらに、“黒の時代”でのメインキャラクターを務める声優陣から、“黒の時代”について語ったキャストコメントが到着した。コメントの全文は公式サイトで読むことができる。

■織田作之助役・諏訪部順一さん

inside2016102005-02

スピンオフ小説「太宰治と黒の時代」は、ぶっちゃけ織田作之助が主人公。
本編のメインキャラである太宰に対して彼が与えた影響は、今日の人となりに大きく繋がっています。クール、されど熱く。そして哀しい物語でした。

■太宰治役・宮野真守さん

inside2016102005-03

ミステリアスな太宰の奥底にある「何か」に触れるための、すごくすごく大事なエピソードです。
このエピソードが、彼を物語る「全ての答え」では無いと思うのですけど、彼の「きっかけ」を知ることが出来る貴重なお話だなと思いました。

■坂口安吾役・福山潤さん

inside2016102005-04

タイトルとモチーフを知った時にものすごく興味がわいて読みましたが、とても台詞まわに魅力を感じる面白い作品でした。

■ジイド役・三木眞一郎さん

inside2016102005-05

一見するとハードだけど、それだけでは終わらない作品だと思いました。

>>「黒の時代」キャストコメント全文はこちらから

 徐々にひも解かれていく太宰の過去に、今後も注目していきたい。

<『文豪ストレイドッグス』作品概要>
孤児院を追い出され、餓死寸前の青年・中島敦が出会った風変わりな男たち――。白昼堂々、入水自殺にいそしむ自殺嗜好の男・太宰治。神経質そうに手帳を繰る、眼鏡の男・国木田独歩。彼らは、軍や警察も踏み込めない荒事を解決すると噂される「武装探偵社」の社員であった。何の因果か、巷を騒がせる「人喰い虎」退治への同行を求められる敦だが……。
架空の都市 ヨコハマ。登場するは、文豪の名を懐く者たち。その名になぞらえた異形の力が火花を散らす。奇怪千万の文豪異能力バトル、ここに開幕!

TVアニメ『文豪ストレイドッグス』公式サイト
http://bungo-stray-dogs.jp/

(C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
(C)2016 朝霧カフカ・春河35  発行:株式会社KADOKAWA



PAGETOP