超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

ショートアニメ『むぎゅっと!ブラッククローバー』の見どころを梶原岳人&島﨑信長が語る「ずっと笑って楽しめる作品」【インタビュー】

2019/7/8


 アスタとユノたちおなじみの魔法騎士団メンバーが、デフォルメキャラになって暴れまくるショートアニメ『むぎゅっと!ブラッククローバー』が、7月1日からdTVで配信スタート。監督とキャラクターデザインを『秘密結社 鷹の爪 DO』の、西山司が手がけている。アスタ役の梶原岳人、ユノ役の島﨑信長に、同作とふたりが歌う主題歌「POSSIBLE」について聞いた。

梶原岳人

 

■『ブラクロ』だけど『むぎゅっと!』だけの世界観!

ーー『むぎゅっと!ブラッククローバー』は、どんな印象ですか?

島﨑 毎回本編放送の最後に『プチット・クローバー』というショートアニメが放送されていて、それもなかなかぶっ飛んだ内容なんですけど、そのスタッフならこういう作品もあり得るよなと思う作品です(笑)。ユノにいたっては、毎回どこかの地方を推していて、その地方の方言をしゃべって特産品を食べているんです。いつも「これはユノなのか? 誰なのか?」と思いながらやっています。

梶原 アスタは本編とほとんど変わらず、いつものようにボケまくる周りに、どんどんツッコミを入れまくる立場です。ユノのように、普段はボケるイメージがない役がボケていて、普段はクールな役ほど『むぎゅっと!』では引き立っている印象ですね。

ーー梶原さんご自身は、ツッコミかボケかで言うと?

梶原 ボケているつもりはないんですけど、何かとツッコまれることが多いです。しゃべらなさすぎて、「しゃべれよ!」とか(笑)。

島﨑 がっくんは『ブラクロ』の現場では、イジられキャラですよね。でもそれは主人公を務める新人の宿命です。周りに先輩しかいないから、仕方がないですよね。(笑)逆にがっくんとキャリアや年齢が近い人と、一緒のときはどういう感じなんだろうな?って、観てみたいですね。

ーーYouTubeの『ガクともチャンネル』では、だいぶハイテンションな梶原さんをお見かけしましたけど。

島﨑 え! そうなの?

梶原 あれは、「元気にやらなきゃ!」と思って意識してやっているところがあるんです。だから、普段の「あまりにしゃべらない自分」を消してやっていて本来より一個テンションをあげた僕なんです!だから、普段も現場とあまり変わらないですよ。

ーー収録現場の雰囲気は、本編と違いますか?

梶原 いつもの『ブラッククローバー』の現場という感じです。

島﨑 でもシリアスさが一切ないから、「ノリで楽しくやろう」みたいな感じですよ。収録もリテイクがほとんどなく、ノリ一発でOKになることが多いです。


ーー収録はやっぱり別日にまとめて?

島﨑 いえ、本編と同じ日でした。人によっては、本編に出番がないけど、『むぎゅっと!』のためだけに呼ばれている人もいて(笑)。

梶原 ある収録日は、本編と、Blu-rayとDVDの特典ショートアニメ『プチット・クローバー あどばんす』、そして『むぎゅっと!』の4本立てで録ったことがあります。あれは、めちゃ長かったー!

島﨑 アスタはもともとテンションが高いから、4本全部上げっぱなしで大変だったんじゃない?

梶原 やばかったです(笑)。

ーー『プチット』では、毎回タイトルコールを全員で録っていた。今回は、そういうのは?

梶原 そう言えばなかったですね。それ以前に収録しているときは、『むぎゅっと!』というタイトルになることも知らなくて。

島﨑 さっき、知りました(笑)。でも、尺も短いしワイワイ感があって、気楽に観てもらえる内容です。これをきっかけにして、本編のアニメや原作などを楽しんでいただけたらうれしいですね。

梶原 でも、『むぎゅっと!』から入って本編を観たら、どういうアニメなのか混乱させそうですね。

島﨑 たしかに『むぎゅっと!』から入ると、ユノは単なる食いしん坊で方言をしゃべって急に叫ぶ、おかしなキャラクターだと思われそう(笑)。

ーーそしておふたりは、ブラッククローバー特別限定ユニットClover×Clover(梶原岳人&島﨑信長)として、主題歌「POSSIBLE」を歌っていて。すごく格好いい曲で、びっくりしました。

島﨑 僕もびっくりしました。普通に本編の主題歌でもいいんじゃないかと思うくらいです。『むぎゅっと!』は内容がコメディなので、主題歌もそういう方向かと思っていたんですけど、「こっちなんや!」って(笑)。いい意味でギャップがあっていいですね。

梶原 僕も最初は、本編の主題歌なのかなと思っていて、よく話を聞いたら「配信のOPです」と言われたんです。その配信はどういう作風のものなのかと思ったら、とてもユルい内容でした(笑)。これにこの曲を使うのか、「すごいことをやるな〜!」って。

ーー視聴者の反応が楽しみですね。ラップのパートもありますけど。

島﨑 OPでは流れないですけど、フルサイズだとラップパートがあるんです。

梶原 ラップの経験はないんですけど、リズムに乗って頑張りました。

ーー何か聴いて練習したり?

梶原 少しはラップを知っておきたいと思って、エイベックスさんから曲を送っていただきました。でもラップが入った曲があまりなくて(笑)。でもダンスナンバーだったから、少しは雰囲気は知れました!

ーー島﨑さんは、これまでキャラソンを数々歌ってきたので、大きな苦労はなかったのでは?

島﨑 でも、この曲はキャラソンではないんですよね。最初はどうしようかなと思いました。でも歌詞が、ユノとアスタをイメージさせてすごく『ブラクロ』らしかったから、ユノのフィルターを通した僕くらいの感じで歌うことができました。

ーー梶原さんは、いかがですか?

梶原 アスタのイメージでは、歌っていないです。

島﨑 アスタは、こんなにおしゃれな曲は絶対に歌わないよね。ユノは歌いそうだけど。

梶原 だからもう自分として歌いました。歌詞を歌に乗せて表現するという部分では、『ブラクロ』の世界を意識しましたけど。

ーー梶原さんは、歌う機会は今までには?

梶原 最近少しキャラソンを歌わせていただくようになりましたけど、経験はまだ少ないです。

島﨑 ここから増えていくんじゃない?

梶原 そうなったら、うれしいですね!

島﨑信長

 

■ボルダリングとバク転はPOSSIBLE!

ーー『むぎゅっと!ブラッククローバー』の主題歌「POSSIBLE」の歌詞や歌い回しなどで、良いなと思ったところはありますか?

島﨑 がっくんが先に録ったんですけど、がっくんって帰国子女なんですよ。だから英語の歌詞の発音がすごく良くて、ネイティブ過ぎて笑っちゃいました(笑)。僕は英語が全然できないから、頑張っても「ワン、ツー、スリー、フォー」の「ツー」が「トゥー」になる程度なんですけど、がっくんは違います。「フォー」が「フォァッ」って(笑)。でもがっくんがいいお手本になったので、すごく勉強になりました。「こう言えばいいんだな」って、がっくんの発音をマネして録っているうちに、最後は楽しくなっていたし。完成したものを聴いたら、僕史上いちばん英語がそれっぽく歌えていて。「やれるやん、俺!」って、自信が付きました(笑)。

梶原 レコーディングでは、スタッフさんからも今みたいに英語の発音をすごくイジられました。プロデューサーさんからもSNSで、「ポシボーって何?」って(笑)。

島﨑 愛されている証拠だ!

ーーヘヴィロック調の曲ですけど、こういう曲は普段から聴きますか?

島﨑 僕は、昔はいろいろ聴いていましたけど、最近はお仕事仲間の曲や仕事で関わりのある曲くらいしか聴いていなくて。そんな僕の最近のお気に入りは、内田雄馬くんの曲です(笑)! 歌が上手いし、彼自身歌うことが好きだから、本当に楽しそうに歌うんですよね。アーティストとして、いろんなジャンルの曲調も歌っているから、すごいなって思いながら聴いています。

梶原 僕は普段から激しめのロックが好きなので、「POSSIBLE」も好みのタイプの曲でしたね。実は高校生のときからバンドをやっていて。ギターだったんですけど、下手すぎてクビになったという過去があります(笑)。

ーーバンドでは、どういう曲をやっていたんですか?

梶原 大学のときは、オリジナル曲をやっていました。高校生のときはシンガポールにいたんですけど、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オアシス、ニルヴァーナなどカバーしていました。

島﨑 がっくん世代の男性声優で、そういう海外のロックをバリバリ歌う感じの人って他にいないかもしれないね。

梶原 そうなんですか?

島﨑 あくまでも僕の知っている限りだけど。だって、雄馬くんの曲しか聴いていないから(笑)。でもバンドという選択肢もあるよね。「がっくんバンド」とか、どう?

梶原 できたら楽しそうですね。でもそのときは、クビにならないように頑張ります(笑)。

島﨑 『ガクともチャンネル』の次の企画は、これで決まりだね(笑)。

ーー「POSSIBLE」というタイトルは可能性という意味。ムリだと思っていたけど、やってみたら可能だったみたいな経験はありますか?

島﨑 僕はボルダリングです。やる前はハードルが高いイメージで、自分には絶対ムリだと思っていたんですけど、番組の企画でやらせていただいたらすごく楽しくて。最初は声優の川田紳司さんに教えていただいたんですけど、川田さんがすごく教え上手で、わりと早くコツが掴めました!そのあとも何度かやる機会があって、そのたびに面白いなって。

梶原 ボルダリングってどういう感じなんですか?

島﨑 もちろん肉体勝負の部分もあるけど、トライ&エラーのスポーツなんだよ。ルート取りや重心移動など考えることもすごく重要で、僕は思考ゲームも好きだから、自分にすごく合っているんだなって。失敗したら何が悪かったのかを考えて、傾向と対策を練って再チャレンジする。何度もやって、登れたときの達成感がすごくあって。それにインナーマッスルが鍛えられるから、声を出すのに使う筋肉が自然と鍛えられて、声優に向いているスポーツだと思った。

梶原 すごいですね!僕もやってみようかな〜。

ーー梶原さんのPOSSIBLEだったことは?

梶原 『ガクともチャンネル』でやったんですけど、バク転ですね。バク転教室に行くという企画で、怖いし危ないし首がグキッてなったらどうしようって(笑)。でも恐怖心を捨てることができて、それこそPOSSIBLEだと自分が思えば、案外できるものなんですよね。結果的に、約3時間でできるようになりました。

島﨑 今もできる?

梶原 もう一回教室に通えば(笑)。

ーーでは最後に、読者にメッセージをお願いします。

島﨑 アニメも原作も熱い展開が続いているなかで、彗星のごく現れた『むぎゅっと!ブラッククローバー』ですが、まったく熱くはないけど、ある意味で本編よりもぶっ飛び度は上です。気楽に楽しんでもらえる作品なので、本編の熱い展開の箸休めに楽しんでもらえたらうれしいです。よりキャラクターを好きになってもらえる内容ですので、本編ともども応援してください!

梶原 『むぎゅっと!ブラッククローバー』は、今まで観たことがない『ブラッククローバー』の一面を観てもらえるお話です。本編はバトルがメインで、ときに熱くときに悲しくなることもありますが、『むぎゅっと!』はずっと笑って楽しめる作品です。僕と信長さんが歌う主題歌「POSSIBLE」も含めて、世界観を楽しんでください!

取材・文/榑林史章

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

「むぎゅっと!ブラッククローバー」情報
尺:約5分 
本数:8本
作品形態:フラッシュアニメ
キャスト:本編準拠
監督・キャラクターデザイン:西山司
シリーズ構成:ふでやすかずゆき
脚本:ふでやすかずゆき、加藤還一
制作:DLE
2019年7月1日配信開始予定

■配信時期
2019年7月1日開始

■配信サービス
【独占先行】dTV、
配信サイト:https://video.dmkt-sp.jp/ft/p0004001
作品ページ:http://video.dmkt-sp.jp/ti/10024622

主題歌:「POSSIBLE」
歌:Clover×Clover(梶原岳人&島﨑信長)
■配信時期
2019年7月1日開始
配信サイト:https://avex.lnk.to/CC_POSSIBLE


■「むぎゅっと!ブラッククローバー」OPテーマ「POSSIBLE」のリリックビデオを公開
https://www.youtube.com/watch?v=5a9E9HlKYsk

(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP