超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

オリジナルキャラ役で花江夏樹、安元洋貴、古川慎らが出演!! アニメ『ワンピース』オリジナルエピソード「海軍超新星編」が3月19日から放送へ

2017/3/7


inside2017030705-01

 大人気TVアニメ『ワンピース』が2017年3月19日からアニメ完全オリジナルエピソード「海軍超新星(ルーキー)編」に突入することがわかった。

 海賊を舞台にした壮大な世界観と個性的かつ魅力的なキャラクター、白熱のバトルと仲間との絆を描いたストーリーで国民的人気を博し、2017年で放送18年目を迎えたアニメ『ワンピース』。ゾウ編もクライマックスを迎え、3月19日からはアニメオリジナルエピソード「海軍超新星(ルーキー)編」が放送される。

 この発表と同時に、メインビジュアルとオリジナルキャラクター&キャストが発表。このエピソードで麦わらの一味が潜入することになるという海軍基地で、ルフィを追い詰める若き海軍3人組を花江夏樹さん、安元洋貴さん、古川慎さんが演じることが決定、最前線海軍基地「G-F」支部の所長であり、ルフィの祖父・ガープと旧知の仲であるプロディ中将役として、数々の外画で吹き替えを務める多田野曜平さんがそれぞれアニメ『ワンピース』に初参戦するという。

 アフレコの感想や出演が決まった気持ちなどコメントが到着しているのでご紹介する。

<オリジナルキャラクター紹介&キャストコメント>
■グラント
inside2017030705-02
元海軍大将青キジを慕う熱血漢の若き海兵。悪魔の実の能力者で底知れぬ力を秘める。

【グラント役 花江夏樹さんコメント】
「ワンピース」は小学生から見ていたアニメだったので、その中のいちキャラクターとして参加することができて純粋に嬉しかったです。
グラントはルフィを追い掛け、対峙することになるキャラクターですが、戦闘シーンでは「ルフィを倒すんじゃないか」と思わせるような気迫と意志の強さ、そしてボナム・ザッパとの掛け合いでは17歳の年相応で生意気で少し子供っぽい面も出せればと心がけました。
「ワンピース」の中では海軍は敵として扱われていますが、今回は海軍側の視点から見ても面白いストーリーになっていると思います。あと、グラントは「悪魔の実」の能力者ですが、どんな能力なのか、どんな背景があるのか注目してもらえればと思います。気合いと熱量をグラントにたくさん込めて精一杯演じたので、それを受け取って見ていただければ嬉しいです。

【花江夏樹さんプロフィール】
6 月26 日生まれ。アクロスエンタテインメント所属。
主な出演作は『ドラゴンボール超』ジャコ役、『双星の陰陽師』焔魔堂ろくろ役、『東京喰種 トーキョーグール』金木研役など。テレビ東京「おはスタ」では月・水・金のメインMC を務める。

■ボナム
inside2017030705-03
手長族の巨漢な海兵。独自の技で体型を自由に変えられる。3人の中では兄貴的存在。

【ボナム役 安元洋貴さんコメント】
出演の話をいただいた時はとても緊張したのですが、麦わらの一味の方々始め、とても優しくして頂いたので馴染みやすく、素敵な現場でした。ボナムは気が優しく力持ちな兄貴キャラで、グラントやザッパとは、青キジを師と仰ぐ同士であり、信頼し合っている関係ですが、実際グラント役の花江君やザッパ役の古川君は別の現場でも親交があり、キャストとしてのコミュニケーションも十分取れていたので、だからこそ出来るやり取りもあって、そこも面白くなっていると思います。チョッパーとの戦闘シーンがあるのですが、マンガやアニメでずっと見ていたキャラクターと戦うというのは、少し不思議な感覚でした(笑)。チョッパー役の(大谷)育江さんも、全力で応じてくださったので、全力で挑ませていただきました。今回は“3人組”というところに意味があると思っていますので、3人で麦わらの一味に挑んでいく姿やその関係性を通じて、「友達」「仲間」っていいものだなと感じてもらえたら嬉しいです。

【安元洋貴さんプロフィール】
3月16 日生まれ。シグマ・セブン所属。
主な出演作は『ユーリ!!! On ICE』クリストフ・ジャコメッティ役、『ワンパンマン』キング役、『鬼灯の冷徹』鬼灯役、『BLEACH』茶渡泰虎役など。

■ザッパ
inside2017030705-04
二刀流の剣士。人見知りだが、女性を見かけると猛アプローチを仕掛ける女好き。剣を抜くと豹変する。

【ザッパ役 古川慎さんコメント】
自分が子供の頃ワクワクしながら見ていた「ワンピース」に出演が叶い、現場でもそのワクワクを感じることができて感動しました。僕が演じたザッパは、女の子が好きで、女の子に対して好きという気持ちを隠さず全力で伝えていく、ある意味純粋なキャラクターで、ギアの高い芝居は演じていて楽しかったです。ナミさんへ猛アタックをする日がくるとは…(笑)。コメディ要素が強いキャラクターですが、戦闘シーンでの豹変ぶりにも注目いただければと思います。
「ワンピース」はシリアスあり笑いありの、多様な面を見せてくれる作品ですが、その中で自由に演じられるザッパというキャラクターとして出演できて本当に楽しかったです。
今回のオリジナルエピソードでは、グラントとルフィの対峙や、彼らが成長していく様を見ていただきたいです。そして絆の深さや、3人だからこそ出せる空気感を感じてほしいと思っています。

【古川慎さんプロフィール】
9月29 日生まれ。スペースクラフト・エンタテインメント所属。
主な出演作は『ワンパンマン』サイタマ役、『ハイキュー!!』金田一勇太郎役、『タブー・タトゥー』赤塚正義役、『刀剣乱舞-花丸-』大倶利伽羅役など。

■プロディ中将
inside2017030705-05
ルフィたちが潜入する最前線海軍基地「G-F」支部の所長。ルフィの祖父ガープとは旧知の仲。

【プロディ中将役 多田野曜平さんコメント】
55 歳にして!やっと憧れの番組「ワンピース」に出れたァ~~!!
苦節30 年!?長くこの仕事やってて良かったナ~自分~~!!
しかし、約780 話も演じてきたベテランの方々の中にいきなり入って対等に渡り合う
のは、ムリだゾ~~!ムリ、ムリ、だいたいアニメやった事ないのに、ほとんどぶっつけ
本番でしょ!?でもキャラはつかめた!プロディまたやりたいぞ~~

【多田野曜平さんプロフィール】
3月10日生まれ。テアトル・エコー所属。
クリント・イーストウッドほか数々の洋画で吹き替えを務める。

 また、本作のプロデューサーを務める東映アニメーションの小山弘起氏からは、このオリジナルエピソードについてのメッセージも届いている。

■プロデューサーコメント/小山弘起(東映アニメーション)
今回のオリジナル編の見どころは、敵となる海軍超新星グラントたち3人のキャラクターです! 主人公ルフィを必死に追い詰める彼らの目線を描くことで、今や「5億の男」となったルフィのスケールの大きさや魅力を、いつもとは少し違った角度から引き出すことにチャレンジしました。
スタッフは、今回初監督を務める伊藤聡伺監督!グラントたちのデザインは、こちらも初キャラデザの松田翠さん! そして3人のキャストには若手実力派の花江夏樹さん、安元洋貴さん、古川慎さん! そんな海軍超新星さながらの、若く勢いのあるスタッフ・キャストを支えるのは、映画「ONE PIECE FILM Z」の長峯達也監督や、熟練技が光るプロディ役・多田野曜平さんらベテラン陣!そしてもちろん麦わらの一味!全員一丸となって、熱を込めて鋭意製作中です。
また、とある部分の設定を、尾田先生に相談しつつアイデアを頂きました!それがどんなところかも、あわせてお楽しみ頂きたいと思います!海軍超新星編、ぜひお楽しみに!

 原作・尾田先生からもアイデアもらったという完全オリジナルエピソードにファンからの期待が寄せられそうだ。放送を楽しみにしよう。

■「海軍超新星編」あらすじ
四皇ビッグ・マムの元へ連れ去られたサンジを奪還する為、ホールケーキアイランドへ向かうルフィ(声:田中真弓)たち一行。だが、食料が尽きて絶望的な飢餓状態に陥ってしまう。
そんな中、ビッグ・マムの動向を監視する最前線海軍基地「G-F」支部(フロン島)を発見し、命がけの食料調達作戦に乗り出す!しかしそこには、海軍の次世代を担う若き実力者であり、元海軍大将青キジの部下でもあったグラント(声:花江夏樹)、ボナム(声:安元洋貴)、ザッパ(声:古川慎)たちが派兵されていた!5億の男ルフィと海軍超新星グラントたちとの激闘が始まる!

シリーズディレクター:深澤敏則・伊藤聡伺・長峯達也
キャラクターデザイン:久田和也・松田翠
脚本:上坂浩彦・中山智博・田中仁

<『ワンピース』概要>
原作は週刊少年ジャンプで絶賛連載中の、尾田栄一郎作による少年マンガ。連載開始から、またたく間に人気を博し、1999年よりTVアニメーション放送開始。以来、常に高い人気を誇るロングシリーズとなり、2016年にはついに700話を突破。劇場版作品も多数制作され、12作目の『ONE PIECE FILM Z』では東映の興業収入歴代最高記録を樹立。2016年公開の映画最新作『ONE PIECE FILM GOLD』は最終興収51億を達成。2017年原作連載開始20周年を迎える。

東映アニメーション『ワンピース』公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/onep/

尾田栄一郎公認ポータルサイト
https://one-piece.com/

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション



PAGETOP