超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「温泉むすめ」下呂美月役・佐伯伊織インタビュー後編『これからも「SPRiNGS」で歌っていきたい。大好きなんです』-4thライブで実感したメンバーへの信頼とみんなで歌う力

2019/5/16


 日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与える活動を行うプロジェクト「温泉むすめ」。北は北海道、南は鹿児島でイベントを行うなど、プロジェクトのコンセプト通りに全国を盛り上げている。また、プロジェクトが始動してから約2年の間、数々の楽曲が制作され、ライブでも披露されてきた。数ある楽曲のなかでもライブでぽか旦那・ぽか女将(『温泉むすめ』を応援する方々のこと)のボルテージを沸騰させ、盛り上げてきたのが「温泉むすめ」の名刺代わりと言われている「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」。これまではBlu-rayの特典として付属していたプレイパスのみでダウンロードできた本曲だったが、5月10日よりiTunes、LINE MUSIC、Google、YouTube MUSIC、Amazon、mora、レコチョクほかで配信がスタート。今回配信されたのは、下呂美月役の佐伯伊織が歌唱している一人4役バージョンだ。

 超!アニメディアでは配信を記念し、歌唱を担当している下呂美月役の佐伯さんにインタビュー。前後編に分けて紹介する。後編では、「温泉むすめ」のこれまでの活動について振り返っていただいた内容をお届け。

※「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」に対する印象や、ライブでのおすすめの盛り上がり方などについてお話いただいたインタビュー内容はこちら⇒https://cho-animedia.jp/actor/91985/

下呂美月役の佐伯伊織

――前編記事でもお話がありましたが、佐伯さんが下呂美月役を演じられることが発表されたのは2018年5月19日に開催された「温泉むすめ 3rd LIVE “NOW ON☆SENSATION!! Vol.3”〜ワイワイワッチョイナ!!〜」でした。約1年間「温泉むすめ」のコンテンツに関わってみて一番思い出に残っていることは?

 濃い一年だったのでどれも忘れられないですが、インパクトがあったという点ではやっぱりお披露目となった3rdLIVEですね。あとは昨年の8月に行った札幌(「SPECIAL YUKEMURI FESTA in 札幌」)も思い出深いです。あの時は声優活動において初めての遠征でしたし、もちろん仕事で訪れはしましたが、心の片隅では「メンバーと旅行だ、楽しみ」という気持ちもあって! みんなで美味しい海鮮を食べたこと、前日のお渡し会で札幌のぽか旦那・ぽか女将に会えたこと……。思い出がたくさんできました。

――ほかにもさまざまな温泉地でイベントを行われていますよね。こういう遠征の多さは全国の温泉地を盛り上げるプロジェクトである「温泉むすめ」ならではかもしれません。

 そうですよね! 北海道でのイベントでも、「SPRiNGS」(※)の何人かは登別温泉にも行ったんですよ。私も行きたかったな~! 今年は各温泉地でのイベントが増えましたが、もっともっと温泉巡りがしたい!

(※) 「温泉むすめ」のコンテンツから生まれた9人組のグループ。「温泉むすめ」のメイングループとして全国各地でイベント・ライブを行っている

――温泉巡りという点では、佐伯さんはプライベートで下呂温泉に行ったと耳にしました。

 行きましたよ! 元々温泉が好きだったので行きたいなと思ってはいたのですが、下呂温泉の温泉むすめを務めるからには行かねばと思い、お母さんを誘って岐阜旅行をしました。下呂は日本三名泉(有馬・草津・下呂)のひとつなのですが、その名は伊達じゃなかったですね。最高でした。下呂温泉はpH値が9以上というアルカリ性単純温泉なので、「とゅるん、とゅるん!」「ヌルヌル!」って柔らかい感じになるんですよ! さすが「美人の湯」と呼ばれるだけある……私もちょっと美人になった気がしました(笑)。でもそんな「美人の湯」の下呂温泉に負けないくらい下呂ちゃんは美人。可愛いかよ!

――下呂温泉と下呂ちゃんへの愛が溢れていますね(笑)。温泉以外にも色々な場所を回られましたか?

 回りました! これ、話すと長くなるんですけどいいですか?

――大丈夫です!

 まずですね、名古屋まで新幹線で行きまして、その後、特急に乗り換えて下呂に着きました。

――(そこから!?)

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP