超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「温泉むすめ」の楽曲「追伸、ありがとう」配信記念! 人吉青井役・青山吉能にインタビュー「『ごめん』だけじゃなくて『ありがとう』もちゃんと伝えたい」

2019/4/23


 日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与えるアイドル活動を行うプロジェクト「温泉むすめ」。北は北海道、南は鹿児島でイベントを行うなど、プロジェクトのコンセプト通りに全国を盛り上げている。プロジェクトが始動してから約2年。本コンテンツに関わり支えてくださった方々に感謝を伝えたい、という想いからある楽曲が制作された。タイトルは「追伸、ありがとう」。「手紙」をテーマにした「歌」でぽか旦那やぽか女将(「温泉むすめ」を応援する方々のこと)をはじめとするコンテンツに関わる方々への感謝を伝える。

「追伸、ありがとう」は2019年4月26日(金)より配信スタート。今回は過去に大きな震災を経験した地域の温泉むすめたちから代表して、福島県の温泉むすめ・飯坂真尋役の吉岡茉祐、二度の震災に見舞われた熊本県の温泉むすめ・阿蘇ほむら役の髙橋麻里と人吉青井役の青山吉能が歌唱し、各地を応援する。

 超!アニメディアでは、配信を記念して、人吉青井役の青山さんにインタビュー。演じる温泉むすめのこと、そして地元・熊本県のキャラクターを演じるうえでの想いや、今ありがとうを伝えたい人についてうかがった。

人吉青井役の青山吉能

――青山さんが演じられる人吉青井について紹介をお願いします。

 私が演じる青井ちゃんは熊本県・人吉温泉の温泉むすめです! 彼女はお城が好きなのですが、熊本は人吉城址や熊本城などお城がたくさんあって大事なシンボルにもなっているんです。あと、人吉は焼酎も有名なのですが、彼女は焼酎を飲むと甘えんぼになるんですよ。いつもおっとりしているけどさらに拍車がかかってヤバい子になるところが可愛くて推しポイント。私も熊本出身なので、こういう熊本の特徴が彼女の趣味になっているのが嬉しくてたまらないです!

――熊本に関係するキャラクターを演じられて嬉しかった?

 そうですね! 「温泉むすめ」というコンテンツは前から知っていて、熊本のキャラクターがきたら絶対に演じたいと思っていたんです。だからこそ、決まったときはビックリしました。人吉温泉は個人的にも行ったことがありますし、周辺の宿にも泊まったことあるし、名前の元になっている青井阿蘇神社にも行ったことあるし……こんなにも自分の身近だったものをモチーフにしたキャラクターを声優として演じるのが夢でもあったので、幸せです。

――熊本県出身で地元愛も深い青山さん。せっかくなので、熊本のアピールポイントを教えてください!

 何と言ってもご飯と水が美味しい! 熊本市の蛇口から出る水道水って100%地下水で、美味しいんですよ。熊本に住んでいたときは水をほとんど買ったことがなかったなぁ。東京で初めてウォーターサーバーを見たくらいです。上京してから親に言われたのは台所の水を飲んじゃダメってこと。正直、いまだにギャップを感じています。

――水が美味しいから料理も焼酎も美味しいんですね。

 そうですね! 米もそうですし、その水を飲んで育った馬も美味しい。上京してから、熊本ってやっぱりいいところだよなぁって改めて思いました。

――ラーメンも美味しいですよね。

 熊本ラーメンはたまらないです。マー油と焦がしニンニクが入っていて……。いい!

――今回、地元をモチーフにしたキャラクターを演じるうえで意識されたことはありますか?

 青井ちゃんは、熊本弁で喋る子なんですよ。これまでも熊本弁で喋る子を演じたことがありましたが、ここまでではなかったです(笑)。地元出身の私でも、これは熊本の南のほうの方言だなと納得できるくらい訛っています。だからこそ、似非にならないか不安でした。最初のボイス収録では、イントネーションに違和感があったら何度も直して、スタッフさんと一緒にキャラクターを作っていきました。

――地方を盛り上げるコンテンツから生まれたキャラクターならではかもしれません。

 そうですね。人吉以外に熊本では阿蘇、黒川、玉名の温泉むすめもいますが、訛っているのは青井ちゃんだけ。だから、この訛りも売りにしていきたいですね。特に黒川には負けてられないので!

――黒川温泉の温泉むすめである黒川姫楽(CV=田中美海)は5月26日(日)に単独ライブが決定している「温泉むすめ」のユニット・Adharaのセンターを張っていますもんね! 強力なライバルです。

 Adharaがなんだってんだ(笑)。というのは冗談で、 私は私でコンテンツを盛り上げていけるよう頑張ります!

――応援しています! 今回、コンテンツを盛り上げることにもつながることとして、青山さんは「温泉むすめ」の楽曲「追伸、ありがとう。」を歌唱されます。先ほどレコーディングを終えたばかりですが、いまの率直な気持ちをお聞かせください。

 この曲は難しかったですね。実は音源をいただいたときから「歌えないだろうな」と思っていたんです。私、歌うことは好きなんですけども、この曲はドンピシャに苦手なキーとテンポだったんです。しかも、人吉青井として歌うのが初めてだったので、緊張もしちゃって……。最初にフルで歌ったときはあんまりにも歌えなさ過ぎて絶望しました。

――そんなにも……。

 涙が出そうになったくらいです。だから、青井ちゃんに助けてもらおうと思って、歌っているときに、青井ちゃんの画像を拡大して譜面台に置いたんです。そしたら、だんだんと歌えるようになりました。私って、これまで“青山吉能”として歌うことが多かったんですよね。だから、この子として歌うという気持ちをどこかに置いてきちゃっていたのかもしれない。レコーディングしているとき、青井ちゃんのことをもう一度思い出して、この子ならどうやって歌うかな、どうやって届けるかなということを考えたらすんなりとレコーディングが進むようになりました。

――演じる温泉むすめのことを考えて歌った。

 基本的にはそのことばかり考えて歌いました。

――ディレクションではどのようなことを言われましたか?

 ちょっと質問の趣旨と違うかもしれませんが、レコーディング中、すごく褒めてくださったんですよ。私、褒められて伸びるタイプなんですよね。

―ーな、なるほど(笑)。

「グレイトですね」「グレイトですか!?」っていうやり取りをしてどんどん調子も乗っていったんです。きっと気を遣ってくれたんでしょう(笑)。

――本当にグレイトだったんだと思います。

 ありがとうございます(照)。

――「温泉むすめ」にはほかにもさまざまな楽曲がありますが、歌ってみたい曲はありますか?

 メインで活動されている「SPRiNGS」さんが歌っている「青春サイダー」です。「温泉むすめ」のコンテンツで最初に知った曲なんですけど、なんてキラキラした題名なんだろうって思いました。青春とサイダーってどっちもキラキラしているというか、青空が広がっている感じで、素敵ですよね。

ーーノリのいい曲調も奥が深い歌詞も魅力的な曲ですよね!

 しゅき。

――思いが溢れていますね(笑)。

 溢れています(笑)。「温泉むすめ」の曲はバリュエーション豊かでライブも楽しそうなんですよね。私もいつか、ユニットに所属するか、何かしらの形でライブのお手伝いもできたらいいなと思っています。

――ユニットだと九州勢で組むとかどうでしょう?

 それもいいですが、一緒に組んでエモい人たちと組みたいです! 私のバイブルは“エモ”であり、エモいを中心に生きているので、「温泉むすめ」でもエモくなりたい。あとは衣装もあったらいいなぁ。「温泉むすめ」って衣装がすごく可愛いんですよね。さっき話に出てきた「Adhara」とか、「温泉むすめ」代表として『サマソニ』にも出た「petit corolla」の衣装とか見て、いっつも可愛いなって思っています。

――専用衣装ができる日がくることも楽しみにしています。今回の「追伸、ありがとう。」は、ストレートに「ありがとう」を伝える楽曲です。いま、青山さんが「ありがとう」を伝えたい人は誰でしょうか?

 ありきたりかもしれないですが、母ですね。私、小学5年生の頃から未だに反抗期なんです。11歳~22歳までずっと反抗期(笑)。母が東京に来てくれたとき、大体つまらないことで喧嘩するんですよ。あるとき布団を一緒に買いに行ったのですが、ありんこくらい気に障ることを母が言ってきたんです。それを私が象くらいの大きな話にして返しちゃって。で、母は母で気が強いので、お互いに一緒にいたくなくなって一度、デパートのなかでバラバラになる。それから、「言い過ぎたかな(しょぼん)」って私がなって、電話で「お母さんごめん」って言ってまた一緒に布団を買いに行ったんです。いつもそんなのばっかり(笑)。

――「ごめん」だけじゃなくて、「ありがとう」って言葉も伝えたい?

 そうですね。日本人って「ごめんね」のなかに「ありがとう」ってことも含みがちな気がするんです。例えば、何かを拾ってもらったときに「ごめんねっ」って言うときがありますが、その中には「ありがとう」って意味を含んでいることが多い気がして。でも、私はちゃんと「ごめんね」と「ありがとう」を混合せず、それぞれちゃんと伝えたいなと思っています。それが私の今後の課題でもある。まだお母さんに「ごめんね」しか伝えられていないので、「ありがとう」って伝えたいです。

――本日は色々とお話いただき、ありがとうございました。最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

 日本全国共通してあるのが温泉。「温泉むすめ」の声優になったからには日本全国が盛り上がるお手伝いができればいいなと思っています。もっと地域に根付いたコンテンツになるよう、私も頑張っていきます! 今回の「追伸、ありがとう。」はエモい曲なので、ぜひ皆さんにも聞いていただきたいです!

【プロフィール】
青山吉能(あおやま・よしの)5月15日生まれ。熊本県出身。81プロデュース所属。主な出演は『恋愛暴君』グリ役、『約束のネバーランド』マルク、ニーナ、アリシア役、ゲーム『ハイスクール・フリート 艦隊バトルでピンチ!』大谷由美子役ほか。

「追伸、ありがとう。」
4月26日(金)配信スタート

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1460225630?app=itunes
レコチョク:http://recochoku.jp/album/A1011705201/
mora:http://mora.jp/package/43000033/A72386/
ほか

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。



この記事のキーワード

PAGETOP