超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

声優ユニット「SHiFT」がトレーディングカードゲーム『Z/X』の魅力と今後の活動目標を語る!【インタビュー】

2019/10/8


 ブロッコリーが送る本格的戦略トレーディングカードゲーム「Z/X(ゼクス) -Zillions of enemy X」(ゼクス ジリオンズ オブ エネミー エックス。以下、Z/X)。本作は、地球へ赤・青・白・黒・緑という、別の時間軸における未来の地球の住人が侵攻し、それぞれの未来を守るために争いを行っている世界が舞台となっているコンテンツ。2012年4月にコンテンツの始動が発表され、同年7月にカードゲームの製品版が発売、2019年が8周年目となる。構築済みのデッキを含むフリーカードやプレイマットなどが公式サイトでダウンロード可能。美麗なイラストや深い世界観が話題となり、多くのプレイヤーたちから愛されている。

 そんな『Z/X』をもっと広めるべく誕生したのが、「SHiFT」。実際のトレーディングカードゲームにも登場するアイドルユニットの声優を務める春村奈々、中澤ミナ、和泉風花、星谷美緒、会沢紗弥の5人がライブ活動や番組・イベント出演などを通じて『Z/X』をPRしている。

 彼女たちは2019年9月15日に開催された「東京ゲームショウ2019」にも出演。結成してまだ1年も経っていないにも関わらず、堂々としたライブパフォーマンスを披露した。

 超!アニメディアでは、「東京ゲームショウ2019」のステージ後に「SHiFT」のメンバーへインタビュー。ライブの感想などに加えて、これまでの活動や2019年10月にTVアニメも放送される『Z/X』の魅力についてたっぷりと語っていただいた。

(左から)星谷美緒、中澤ミナ、会沢紗弥、和泉風花、春村奈々

――まずは皆さんの自己紹介をお願いします。 

星谷 黒の世界のディアボロス「アグリィ」役の星谷美緒です! ディアボロスというのは特徴的な仮面の力で悪魔のような姿になった人間のこと。アグリィちゃんは引きこもりでちょっと控えめな子ですね。

中澤 青の世界のバトルドレス「ニュー」役の中澤ミナです。バトルドレスというのは超科学の産物である優美な姿をしたパワードスーツを着た人間のことです。ニューちゃんはすごく真面目で努力家なんですよ!

会沢 緑の世界のリーファー「ペクティリス」役の会沢紗弥です。リーファーとは、植物と同化したいたずら好きな人間で、光合成なども行うことができるんですよ。ただ、ペクティリスちゃんはマジメなほうで、あんまりいたずらをする様子はないんです(笑)。

和泉 白の世界のエンジェル「ミーリィ」役の和泉風花です! エンジェルは精神力で翼やオーラを具現化する能力を得た人間です。なかでもミーリィちゃんは精神力が強め! そして、努力しなくても何でもできちゃう天才肌ですね。特に悪意はなく、自分が世界で一番かわいいと思っている子でもあります(笑)。

春村 赤の世界のマイスター「プリズム」役の春村奈々です。マイスターというのは最高峰の武具を作る職人のことです。そのなかでもプリズムは望遠鏡のパーツを作る職人。すごくドジっ子なんですけども、前向きで明るい女の子ですね。

各キャラクターの画像はこちら。クリックすると拡大します。

 

――5人とも“人間”なんですね。 

春村 そうです! 赤・青・白・黒・緑の世界は別の時間軸における未来の地球なので、それぞれに人類がいるんですよね。ただ、種族は世界によってさまざま。色々な種族がいるのも『Z/X』の魅力だと思います。

和泉 そんな色々な種族がいる世界で、私たちが演じる5人のキャラクターはアイドルユニットとしても活躍しています。

会沢 元々、ペクティリスちゃんだけは前から『Z/X』の世界に存在していたのですが、他の4人はアイドルユニット企画と共に誕生したキャラクターなんですよ。そういう経緯もあって、ペクティリスちゃんが先輩、他の4人は後輩アイドルという立ち位置になっています。

和泉 そんなアイドルユニットを現実の世界でも活動させたい! ということから、私たち「SHiFT」が誕生しました。

星谷 私と奈々ちゃんは元々『Z/X』の商品告知をしたり、お店の『Z/X』公式イベントでお客さんと対戦したりといったPR活動を行う「イグニッションガールズ」として活動していました。「SHiFT」はそれらに加えてライブ活動なども精力的に行っていくユニットです!

――なるほど。キャラクターとご自身で共感できる部分などはございますか?

会沢 私はペクティリスちゃんみたいにしっかり者ではないです……。ただ、ペクティリスちゃんはリーダーなので、私も「SHiFT」でいるときは、何とかみんなを引っ張らなきゃ!っていう気持ちでいます。なんだかペクティリスちゃんの役が決まってから自立した気がする。「SHiFT」として活動する前よりもちょっとはしっかりしてきたんじゃないかな。

中澤 私は最初から信頼しかしてなかったです。

星谷 さーやん(会沢)が真ん中にいてくれるだけで安心感が違うよね。

和泉 うん。振付で左右をみて笑いかけてくれることがあるけど、その顔を見るとホッとします。

会沢 嬉しい! ペクティリスちゃんは先輩アイドルなので、キャラクターとして踊るときは後輩たちを見守るぞ!っていう気持ちでいます。

――今後のライブではそこも見どころですね。

会沢 頑張ります……!

――ほかの皆さんはどうですか?

春村 プリズムちゃんはドジっ子なんですが、私もよく天然と言われることがあります(笑)。ただ、「SHiFT」での立ち位置は個人的には聞き役、みんなの一歩後ろで構えているポジションかなと思っています。

会沢 『Z/X』のわからないことはななぽん(春村)とみおぽん(星谷)に聞けば分かる。現実世界ではふたりが『Z/X』の大先輩ですから!

中澤 わからないことがあれば、頼りにさせてもらっています。

春村 これからも頼られるよう頑張ります!

中澤 ニューちゃんはすごく真面目で努力家ですが、私も根が真面目なのでそこは似ている気がします。あと、ニューちゃんは自他共に厳しすぎて周りと溶け込めない雰囲気を発しているときがあるのですが、それが過去の頑張りが空回りしていた時代の自分に似ている気がしますね。「頑張らなきゃ……」って気持ちが強すぎた、当時の痛かった私と似ているんです。だから、わかりみは深い。

会沢 もう普段からニューちゃんだよね!

和泉 本当にそう思う!

星谷 でも、意外とホワホワしているよね。たまに「中澤、いる?」って心配されている(笑)。

中澤 私、結構抜けているところがありまして……。

星谷 しっかりしていそうなのに意外と抜けているギャップも可愛いよ!

中澤 ありがとうございます!

――和泉さんはいかがですか?

和泉 ミーリィちゃんはすごく自信家で誰よりも自分のことを可愛いと思っているので、ダンスなどのパフォーマンスでも自信があるように魅せています。実際の和泉は幼稚園児みたいな人間です。

会沢 幼稚園児(笑)。

和泉 「SHiFT」で集まると落ち着いた雰囲気になるので、私ひとりくらい好きにしていてもいいだろうと思って、好き放題暴れています(笑)。

星谷 そういうところがミーリィちゃんだよね。

和泉 自由奔放にやらせていただいております(笑)。ただ、ミーリィちゃんは天才で、練習しなくてもできるんですけども、私にそれは不可能なので……。だから、ミーリィちゃんに追いつけるように真面目にやるところはやる、遊ぶところは遊ぶようにしています。

会沢 ライブのパフォーマンスでお客さんへのアピールがみんなより大きくて、ミーリィちゃんを全身で演じているよね。

和泉 ほんと? 嬉しい!

――最後に、星谷さんはいかがですか?

星谷 引っ込み思案で引きこもりがちなアグリィちゃんを演じていますが、星谷はインドアなところが似ているくらいで、あとは真逆です。むしろ、「元気だね」と言われることが多くって。自己紹介のときもアグリィちゃんとしてセリフを言うときと個人で言葉を発するときのギャップがあるとよく言われます(笑)。なので、パフォーマンスする時は引っ込み思案なアグリィちゃんが頑張っている感じを意識しています。

――頑張っている感。

星谷 はい。実はアグリィちゃんを演じるにあたってスタッフさんに「アグリィが一番伸びしろがある」って言われたんですよ。よく考えると引きこもりの彼女にとって、まずは家の外に出るところが第一歩の頑張りなんですよね。

春村 確かに、そこからだね!

星谷 だから、アイドルとしても他のみんなに追いつくために頑張っているんです。それを意識しながらパフォーマンスしています。私としては、ライブを重ねるごとに頑張っている感がなくなって、自然とパフォーマンスをできるようになっていく、そんなストーリーが描けたら……と思っています。アグリィちゃんをちゃんとアイドルにしたい!

中澤 何か、5人の声質がいい感じにバラバラで、しかもみんながハマり役な気がしているんですよね。一緒にいて何だか安心する。偶然なのに、奇跡を感じます。

星谷 「SHiFT」は奇跡だ。

――そんな奇跡のユニット「SHiFT」ですが、これまではどのような活動を行われてきましたか?

会沢 2019年1月に初ライブを行いました。あの時は、お客さんの前で初めて披露する曲ばかりでしたし、カードゲームをプレイされている方々にライブを楽しんでもらえるのかな……という不安があったんですけども、皆さんが盛り上がってくださってとっても嬉しかったです。

和泉 最初のライブは(『Z/X』の運営をする)ブロッコリーさんが光る棒をお客さんに配ってくださったんです。それをお客さんがちゃんと振ってくださって! スタッフさんとお客さんの「楽しいライブをみんなで作ろう!」という想いが伝わってきてので、とても心があたたかくなりました。

星谷 あと、ライブでいえば、2019年6月に行われた「ゼクストリーム 2019.SUMMER in 秋葉原」でも歌を披露しました。これが二回目だったよね。

春村 うん。会場が満員になったんだよね。

星谷 ね! 最初のライブよりも規模が大きくなったので、ここでも不安な気持ちが大きかったのですが、このライブではお客さんが光る棒を自分たちで準備して持ってきてくださったんです! そのおかげで、とっても楽しくライブができました。

――あたたかいお客さんに支えられてきたんですね

和泉 ライブをする度に盛り上がってくださる方が増えているのが分かるんです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

春村 その後も8月には大阪・名古屋でライブをさせていただきました。

中澤 そう考えると、何だかんだ月1くらいのペースでこの5人で集まっていますね。

和泉 そうだね! それもありがたいことですね。

星谷 10月27日には「SHiFTシークレットライブ2」もあるので、当選された方は楽しみにしていてください!

――宣伝もバッチリですね! 本日(9月15日)の「東京ゲームショウ2019」のライブはいかがでしたか?

会沢 「ゲームショウ」みたいに色々なコンテンツが一堂に会する場所でライブをするのが「SHiFT」としては初めてだったんです。でも、ブースの前を通る方が足を止めて私たちのライブを観てくださって!

和泉 途中でライブを観てくださるお客さんが増えて嬉しかったです! 「なんだ、なんだ」って顔をして立ち止まってくれるのがすごくしっかり見えました(笑)。

会沢 ね! ブースも超満員で嬉しかった。

和泉 今回は私たちだけでなく、『Z/X』のことも知らない方たちがいるなかでのライブだったのでいつもとは違った緊張があって……。でも、見てくれた皆さんがライブをしやすい環境を作ってくださったので楽しく歌うことができました!

星谷 いつもは私たちから煽ることが多いんですが、今回はそういうことをしなかった分、お客さんの顔をいつも以上にしっかり見ることができました。

和泉 確かに! そういえば、ミナちゃん、いつも本番前は緊張でガチガチだけど、今回はちょっと違ったね。

中澤 そうなんです! 私、いつもは全然笑えなくて……。この前は粘土で作った人形の顔みたいになってるんだろうなと思ってたし。それが今日は自然と笑えていた気がします。

会沢 慣れてきたのかな?

中澤 この5人が一緒だと安心できるからかもです。

星谷 最初のライブのときはほぼ初対面の状態で「あの……がんばりましょ」って感じで、よそよそしかったよね(笑)。

春村 うん(笑)。

会沢 始まったばかりなのにもう、実家のような居心地の良さがある。

和泉 確かに!

中澤 とっても居心地がいいです!

――「SHiFT」の結束力の強さを感じました。そんな「SHiFT」ですが、『Z/X』の宣伝活動を行っていますよね。せっかくなので、ぜひ皆さんが感じる『Z/X』の魅力について教えてください!

春村 まず、『Z/X』は2012年にトレーディングカードゲームとして始まったコンテンツで、ことしで8周年を迎えます。おめでたい!

5人 パチパチパチ!

春村 で、現在はコンテンツのテーマとしてエンジョイというのを掲げており、『Z/X』に関わるすべての人がすべてのコンテンツを楽しめるように、頑張っています。そんな『Z/X』の魅力は……。

星谷 キャラクターの種族がすごく多いこと! 可愛い女の子からロボットや渋いおじさん、イケメンや動物もいます。好きなものは人それぞれだと思いますが、入り口が広いっていうのはすごく魅力的だと感じています。

和泉 皆さんの好みにもきっと引っかかるはず!

中澤 あとはイラストが全部綺麗。レア度に関係なく、全部可愛い。

和泉 わかっているよね。

会沢 ね! わかってる!!

星谷 個人的に感動したのは、「SHiFT」みんなのプレイヤーカード! その衣装の加工部分を照らすと「SHiFT」って文字が入っているんだよね。

会沢 加工も細かいよね。

和泉 一枚、一枚、すべてに愛があります。

星谷 あとは、カードゲーム以外にもコミック、10月からはアニメ、そしてアプリの配信など、コンテンツとして色々と展開しているのも魅力的だよね。

――ブロッコリーさんといえば、グッズも魅力的ですよね。

春村 そうなんですよ! クオリティとこだわりがものすごいんです。

星谷 特に布もの!

会沢 抱き枕の質感、すごいよね。ペクティリスちゃんの抱き枕をみたときは「この絵をぉ、抱き枕にぃぃ、しちゃうんだぁ~~(ぐへへへ)」って感じでした。

和泉 (笑)。掛け軸とかのクオリティも高いよね。

――さすが、ブロッコリーさんです。魅力のひとつにアニメというのもありました。こちらのストーリーもおうかがいできればと思います。

春村 はい! TVアニメ『Z/X Code reunion (ゼクス コード リユニオン)』はストーリーを浦畑達彦先生、作画を藤真拓哉先生が担当されている『Z/X』のコミックを原作としたアニメです。カードゲームのストーリーでは「赤」「青」「白」「黒」「緑」の5つの世界の仲が悪く、みんな敵対しているのですが、アニメではひとつになって新たな敵に挑む、という展開になっています。主人公の各務原あづみとそのパートナーであるリゲルの絆が結ばれて、どんどん強くなっていく、という点がぜひ見て欲しいポイントですね。

星谷 あとは、あづみちゃんとクラスメイトが友情を築いたり、切磋琢磨して成長したりしてくところも見どころです。カードゲームのキャラクターもたくさん出てきますが、カードゲームとは立ち位置が違うキャラクターもいます。そういう意味では『Z/X』のユーザーさんも新鮮な気持ちで楽しめるストーリーになっていますね。

――逆に言えば、カードゲームやっていなかった人でも楽しく観られそうです。

春村 そうですね! どんな方でも新鮮に楽しめる作品になっていると思います。

――お2人はアニメにもご出演されるんですよね。

春村 はい! 私はアムリタちゃんっていうアムールトラを元にしたキャラクターを演じています。でもニャーしか言わない(笑)。みんながバトルしているときの画面端、日常のシーンでも突然木に登って毛づくろいをしているシーンなど、とにかく色々なところに映っています。そして、色々な登場シーンではアドリブを入れているところもあるので、ぜひ注目してください。

星谷 私はゾンネという東雲纏ちゃんのパートナーの声を担当しています。個人的な感想を言うと、ゾンネが滅茶苦茶可愛い(笑)。纏に抱えられているゾンネがとにかく可愛いのでぜひ見て欲しいです。

――ちなみに他の3人はアニメでの出番は?

和泉 あったらいいなぁ。

中澤 いいなぁ。

会沢 アニメを観ていただければきっと……。

星谷 何かが分かるかもしれないよね。「やっぱり出てないじゃん!」かもしれないけど(笑)。

――ぜひチェックしてくださいということですね! 本日はありがとうございました。最後に「SHiFT」として今後、どういう活動をしていきたいですか?

和泉 「SHiFT」5人としてはもちろんだけども、「SHiFT」内の2人ずつの組み合わせで歌ってみたい。

星谷 ペアカードも出てるもんね。

和泉 あとはキャラクターソングも歌いたいです!

会沢 各キャラクターのソロ曲のタイトルだけはもう存在しているもんね!

和泉 そうだね! カードにもなっている、あのタイトルの曲を歌えたら嬉しいな。

星谷 曲に関していえば、私はハロウィンの曲が歌いたい!

中澤 私も!

星谷 ね! 絶対に可愛い。

会沢 季節もののソングがあればいいよね。

星谷 バレンタインとかクリスマスとかシーズンに合わせた曲を歌いたい。

会沢 私はCDの発売とMVの制作をコンスタントに続けていきたいな。あとは、カードゲーム目当ての人にこのユニットを知ってもらうことと、「SHiFT」目当ての方にカードゲームの楽しさを知ってもらうことで、どんどんコンテンツとしての輪を広げていきたい。

星谷 朗読劇とかもやってみたいよね。セリフを言ったことはあるけども、掛け合いはほとんどやったことがないから、そういう場があれば嬉しいな。

中澤 ……月1とかでいいので、定期的に生放送やラジオなど5人が集まる番組ができたらいいですね。

和泉 定期的に会いたいってこと?

会沢 会いたい!

中澤 で、時々番外編でロケしたいです。

星谷 こりゃ、食べ歩きしたいのかなぁ(笑)。

会沢 言えば叶うかもしれないから、言っとこう!

春村 そうだね(笑)。それなら私は、お客さんとの距離が近いイベントをやりたいな。カードショップさんが各地にあるから、そこでお渡し会とか距離の近いイベントをしたい。キャラクター、そして私たち個人も応援してもらえたらより嬉しいから、どんどんアピールしたいです!

星谷 一日店員とかいいかも。

春村 やりたいね!

会沢 言えばきっと叶う! 運営さん、よろしくお願いします(笑)。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

 

撮影=寺坂ジョニ

アニメ『Z/X Code reunion(ゼクス コード リユニオン)』放送情報
放送局:TOKYO MX、AT-X
放送:2019年10月8日(火)23時~(以降、毎週火曜23時~)
※dアニメストアほかネット配信も実施
メインキャスト
各務原あづみ:小倉唯
リゲル:内田彩
天ノ川衣奈:水瀬いのり
鬼神野シュリ:鈴木愛奈
東雲纏:長縄まりあ
月形由仁:富田美憂
ネフライト:白井悠介
ゾンネ:星谷美緒
ムラマサ:山口愛
アムリタ:春村奈々
イラ:祖山桃子
メインスタッフ
原作:ブロッコリー
キャラクター原案:藤真拓哉
監督:末田宜史
キャラクターデザイン:せれす
シリーズ構成:浦畑達彦
脚本:浦畑達彦、イシノアツオ
アニメーション制作:パッショーネ
音楽:桑原聖
音楽制作:Arte Refact
OP、EDテーマ: Elements Garden

あらすじ
――世界各地に突如として現れた異世界の門「ブラックポイント」。
門が開くと同時に、この世界は5つの異世界と繋がった。

その頃、異世界では「ゼクス」と呼ばれる異世界存在が各世界間の威信をかけ、壮絶な争いを繰り広げていた。人類は不運にも、この争いに巻き込まれることとなった。

……時は流れ、季節は春。

長らく続いたゼクスと人類との戦いも、人類と五世界間での休戦条約を経てようやく落ち着きを見せ、今やゼクスの存在は、日常において当たり前のものとなっていた。

幼少期に病に倒れるも、青の世界の技術によって一命をとりとめた少女「各務原あづみ」は長きの眠りから目覚め、パートナーとなった青の世界のゼクス「リゲル」と共にとある学園へと向かっていた。

招かれた理由も知らない2人だったが、同じく学園に招かれた4人の少女と出会い、向かう先が「日本中のゼクスをパートナーとした少女たちから“最強クラスのエリート”を集めた学園」であることを知る。

彼女たちが集められた理由とは!?あづみとリゲルは、最強のパートナーとなれるのか!?

「各務原あづみ、答えよ。君は生きたいか?」

少女たちの戦いが今、始まる……!

『Z/X』公式サイト
https://www.zxtcg.com/

『Z/X』公式Twitter
https://twitter.com/zxtcg

アニメ『Z/X Code reunion』公式サイト
https://www.zxtcg.com/reunion/

(C)BROCCOLI/Happinet/AMATA
(C)Broccoli/Happinet/AMATA
(C)Z/X Code reunion製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP