超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

いよいよ発進!『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』上映記念キャストインタビューVol.1/岬百合亜役・内田彩

2017/6/22


 アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012 年から2014 年に渡り、 劇場上映、全国ネットでのTV放送を展開し、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト 2199』。 その3年後の世界を描いた、ヤマトファン待望の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』全七章が、2017 年 2月から順次劇場上映中だ。来る6月24日(土)には、第一章「嚆矢篇」に続く、第二章「発進篇」がいよいよ劇場上映となる。超!アニメディアでは、上映を記念して、本作に出演したキャストたちのインタビューを四回にわたって掲載。第一回目は、ヤマトの船務科士官候補生の岬百合亜役の内田彩に、演じた役のこと、印象に残っているシーン、女性目線から見た本作の魅力について聞いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

――完成作を観た感想からお願いします。 
 前作の『宇宙戦艦ヤマト 2199』からの3年後のお話ということで、岬百合亜は3年間何をしていたのか、ヤマトのクルーのみんなはどう過ごしていたのか、そればかりが頭にあって、ソワソワしましたね。第一章の嚆矢篇を見たときは、冒頭から新たな敵のガトランティスが襲ってきて、『~2199』のラストがこれで地球がよくなると思える希望を持ったラストだったこともあって、すごく怖かったです。みんなが3年間何をしていたのかも少しずつ描かれているのですが、加藤(三郎)さんと(原田)真琴ちゃん夫婦の間に赤ちゃんができて、幸せの絶頂だと思っていたところに衝撃の事実が発覚したりだとか、全然落ち着いて観ることができない内容でした。とにかく絶望感がすごくて、「これからどうなっていくんだろう」ってところで第一章は終わったなという感じでした。その続きである今回の第二章の「発進篇」は、もともとヤマトに乗っていたクルーたちが集まって、上層部の命令に背くことになっても発進するぞっていう、手に汗握るアツい展開が繰り広げられています。その中で私が心を打たれたのが、上層部のおじ様方の姿なんです。今までならヤマトのクルーの方に感情移入をして観ることが多かったんですが、おじ様方が「こうやるべき」だと自分は思っていても、いろんな事情が複雑に絡みあって、グッとこらえることも必要だったり、それぞれの生き様みたいなのが見えて胸が熱くなりましたね。私が演じた岬百合亜は、若くて「こうしたい」とか「そんなのおかしい」って自分の信念だけで突っ走るキャラクターなので、そうすることだけではやっていけない中で葛藤する大人の生き様が印象的でした。ほかにもいろんなポイントで目頭が熱くなる展開が目白押しで、息つく暇が本当にないんです(笑)。新キャラクターもたくさん出てきて、その人たちが今後どうなっていくのかというところも気になる展開になっています。

――前作から3年後の世界ということで、演じられた岬百合亜にも何か変化を持たせて今回挑んだのでしょうか?
 『~2199』のときは、百合亜はヤマトクルーの中でも一番フレッシュで、ツインテールでのキャピっとした女の子だったので、あえて空気を読まず、元気に明るくやろうと思って、他のクルーたちに漂う重い空気におされすぎないように、“今風の子”を歴史ある作品に出した意味というものがなくならないように気を付けながら演じていたんです。そこから『~2202』になって、「3年経ってどう変わっているのかな」と楽しみにもしてたんですけど、変わらずまっすぐな彼女がいましたね(笑)。ただそうは言っても、10代の女の子の3年って一番変わるときだと思うので、いろんな経験をしてちょっとだけ頼もしく、大人になったところも出しつつ、変わらない彼女の良さも出せたらいいなと思って今回は演じました。

――そんなちょっぴり大人になった百合亜をはじめ、今回のヤマト発進の際には若手クルーが重要な役割を担いますね。
 そうですね。そのシーンでもやっぱり感情のままに突っ走ってしまっていて、「変わってないな、相変わらずだな」と(笑)。彼女は自分にできることを全力でしたいと思って行動する子で、今回は「星名(透)くんを助けたい」っていう思いがあって、そのために自分にできることがあるなら、誰かに止められてもやるっていう信念があったからこその行動だったんだなと思います。

――百合亜をはじめ、たくさんの魅力的なキャラクターが登場する本作ですが、内田さんの中で“推しキャラ”を一人挙げるなら?
 第二章では真田(志郎)さんです。真田さんは頭脳派としてやってきて、これまで古代(進)とぶつかることもあったんですけど、今回は「ヤマトに乗ろう」ってまず最初に古代に手を差し伸べる立場になっていて。信頼して古代に託すシーンがすごくいいなと思いました。いつもは“静”か“動”で言ったら“静”の真田さんが、今回は古代の背中を押すとか、熱い部分が見えるところがたくさんあるんです。もともと好きなキャラクターではあったんですけど、さらに男度が上がったなぁと思います。あと、西条(未来)さんという船務科の女の子も気になっています。『~2199』のときにあんまり目立って登場することがなかったんですけど、「あのかわいい子は誰だ?」みたいな感じに観てくださっている方の間でもなっていて、百合亜もそうですが、「これから活躍するといいなぁ」と思って注目しています。

――男性ファンが多い印象を受ける本作ですが、出演されてみて、また女性側から見た本作の魅力はどこにあると思いますか?
 一見、戦いの話だと思って苦手だと思う人もいるかもしれないですけど、人間ドラマが本当にたくさん描かれていて、一つひとつにウルっとするんです。男性クルーと女性クルーの恋愛を超えた人間同士の、信頼関係で結ばれた、一緒にヤマトで戦いぬいてきた仲間だからこその絆が描かれていて、胸に響きます。恋人同士の(森)雪と古代の「ひゃあぁー」と思わず照れてしまうようなやりとりもあったりしますし(笑)、女性が見ても存分に楽しんでいただけるんじゃないかと思います。あとは今回から登場する新キャラのキーマンというイケメンが今後どうなっていくのかもお楽しみに!って感じですね(笑)。

――最後に上映を楽しみにしている人たちにメッセージをお願いします。
 第二章は、第一章での「どうなっちゃうんだろう」っていうところが色濃く描かれていて、最後まで本当に目が離せない内容になっています。観てくださる方の期待を絶対に裏切らない物語になっていると思うので、発進していくヤマトを応援しながらぜひ観ていただけたら、と思います。

◆プロフィール
うちだ・あや 7月23日生まれ。群馬県出身。O型。声優、アーティストとして活躍。「ラブライブ!」南ことり役、TVアニメ「けものフレンズ」かばん役など、人気作品に多数出演。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◆次回6/23(金)のキャストインタビューには、島大介役の鈴村健一が登場! お楽しみに!

<『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第ニ章「発進篇」情報> 
  2017年6 月24日(土)より、新宿ピカデリーほか、全国 20 館にて期間限定劇場上映

〈シリーズ全七章順次劇場上映〉 
劇場にて特別限定版 Blu-ray 最速先行販売 デジタルセル版配信も同時スタート!

◆「第二章 発進篇」STORY ※第二章は第三話~第六話の計四話で構成 
謎めいたガミラスの青年キーマンに誘われて、月面のガミラス大使館で大使のバレルと面会した古代は、 惑星テレザートとテレサの物語を聞かされる。そして地球に戻った古代は〈コスモリバースシステム〉が地球に もたらした 負の遺産の存在を知らされるのだった。改めて地球政府の方針に憤る古代は、自分たちに送られてきたテレサのメッセージに応えるべきと防衛軍の上層部に掛け合うが、ヤマト発進の許可を得ることはできなかった……。 海底ドックに眠る宇宙戦艦ヤマトの前に、あのメッセージを受けたヤマトクルーが集う。古代は彼らと共に、“反逆”とも取られかねぬ独断での出航を決意するのだった。いま再び、宇宙戦艦ヤマトが発進する。行く手に待ち受けるの は 最新鋭戦艦のアンドロメダ。一方そのころ、太陽圏に侵攻したガトランティス先遣部隊が、第十一番惑星に迫っていた――。

◆キャスト 
古代 進:小野大輔/森 雪:桑島法子/島 大介:鈴村健一/真田志郎:大塚芳忠/徳川彦左衛門:麦人 佐渡酒造:千葉 繁/山本 玲:田中理恵/新見 薫:久川 綾/南部康雄:赤羽根健治/相原義一:國分和人 太田健二郎:千葉優輝/岬 百合亜:内田 彩/桐生美影:中村繪里子/西条未来:森谷里美 榎本 勇:津田健次郎/山崎 奨:土田 大/土方 竜:石塚運昇/斉藤 始:東地宏樹/永倉志織:雨谷和砂 藤堂平九郎:小島敏彦/芹沢虎鉄:玄田哲章/山南 修:江原正士/バレル:てらそままさき キーマン:神谷浩史/沖田十三:菅生隆之

◆スタッフ 
製作総指揮:西﨑彰司/原作:西﨑義展/監督:羽原信義/シリーズ構成:福井晴敏/副監督:小林 誠 キャラクターデザイン:結城信輝/ゲストキャラクター・プロップデザイン:山岡信一 メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志/美術監督:谷岡善王/色彩設計:福谷直樹/撮影監督:堀野大輔 編集:小野寺絵美/音楽:宮川彬良・宮川泰/音響監督:吉田知弘/音響効果:西村睦弘 オリジナルサウンドエフェクト:柏原 満/CG ディレクター:木村太一/アニメーション制作:XEBEC 製作:宇宙戦艦ヤマト 2202 製作委員会

『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』公式ホームページ 
yamato2202.net

『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』公式 twitter 
@new_yamato_2199

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト 2202 製作委員会



声優になりたい!

PAGETOP