超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

ソロデビューアルバム『YOU&YOU』がいよいよ発売! 芹澤 優インタビュー

2017/4/25


声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット”i☆Ris”のメンバーとして活躍する芹澤 優さんが、4月26日に発売されるミニアルバムで待望のソロデビューを果たす。田村ゆかりさんなどの楽曲を数多く手掛けてきた、太田雅友氏(SCREEN mode)をプロデューサーに迎え、衣装デザインは、AKB48をはじめとした数々の名だたるアイドル達のステージ衣装を手掛けてきたオサレカンパニーの茅野しのぶ氏と、豪華スタッフのもと制作された本作。かねてからソロデビューは夢だったと話す彼女が、作品について、そして“芹澤 優”としての今後について、たっぷりと語ってくれた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット”i☆Ris”のメンバーとして活躍する芹澤 優さんが、4月26日に発売されるミニアルバムで待望のソロデビューを果たす。田村ゆかりさんなどの楽曲を数多く手掛けてきた、太田雅友氏(SCREEN mode)をプロデューサーに迎え、衣装デザインは、AKB48をはじめとした数々の名だたるアイドル達のステージ衣装を手掛けてきたオサレカンパニーの茅野しのぶ氏と、豪華スタッフのもと制作された本作。かねてからソロデビューは夢だったと話す彼女が、作品について、そして“芹澤 優”としての今後について、たっぷりと語ってくれた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●嬉しさと新たな決意で挑むソロデビュー
 ーー昨年12月に行われたソロライブでソロデビューが発表されました。あらためてソロデビューが決まった時の気持ちを聞かせてください。
 ソロデビューするってこと自体は結構前から聞いていたんですが、12月にファンの方々の前で発表した時はドキドキしましたね。嬉しい気持ちはもちろんなんですけど、ソロデビューっていうのは“これから自分の名前だけで背負っていかなきゃいけない”ということなので、「頑張るぞ!」と気合いが入りました。ドキドキでした。もともと「ソロでもやってみたい」とずっと言っていたので、周りのスタッフさんやファンの方は「よかったね」とか「おめでとう」って言ってくれましたね。そういう声をいただくと、「みんながこんなに祝福してくれるんだからちゃんとやらなきゃ! 中途半端じゃ絶対ダメだぞ!」って、自分の中にもっと頑張らなきゃという気持ちがたまっていったんですけど、今回の作品を制作していくなかで、そういうプレッシャーはうまく消化できたんじゃないかなと思います。

ーーソロで活動してみて、i☆Risとしてグループで活動している時との違いやそれぞれの魅力を感じることは?
 全然違いますね。グループでやってる時は6人のバランスが大事だと思っていて、私が急にカッコいいことをやり始めてもキャラじゃないし、いろいろやるっていうよりは“自分のやるべきことをやる”というのを大事にしているんです。でもソロ活動では、i☆Risの時だったらやらないような曲や歌い方に挑戦できたりする。自分の意見を全面に出していけるところが違うなと思いました。あと、ライブも全然違いますね。6人だとやっぱり安心感があるし、ソロでやってみて「メンバーに助けられてたんだなぁ」と思うことが多くて、6人のありがたみを改めて感じました。楽屋は、ソロではもちろん一人なんですけど、それは寂しくはなかったですね。i☆Risって仲いいんですけど、程よい距離感もあって、うるさい時はみんなですっごくうるさくしてるんですけど(笑)、静かな時は本当に静かで、個々の時間を過ごしていたりするので。特に一人で寂しいってことはなかったです。寂しさは、ステージ上で感じました。

●自分の好きなテイストを再確認したミニアルバム
ーーデビューミニアルバム『YOU&YOU』を聴いた感想を教えてください。
 全部聴いてみて思ったのが、「私って可愛いのが好きなんだな」(笑)。いろんなテイストの曲が入っているんですけど、私って可愛らしいものとかアイドルっぽいものが好きなんだなって、自分を再発見しましたね。今回、ジャケットの写真やMVのテイストなど、お客さんの目に触れるものは自分で選ばせてもらったんですけど、コンセプトというのはきっちり決めていなかったんです。曲を作ってくださった太田(雅友)さんと私で一緒に作り上げていったものが最終的にこの形になったという感じですね。太田さんの中に“芹澤 優にこういう曲を作りたい”というのがあって、私は曲を聴いて自分の解釈したように歌っていって……今回の形になりました。でも、特にそうしようと話し合ったわけじゃないんですけど、ファンの気持ちをすごく大事に作ってくれているなというのをすごく感じましたね。たとえばリード曲の「Voice for YOU!」には、お客さんが掛け合いで入ってこれるところがすごくたくさんあるんです。私もそういう曲が好きだし、いつもライブではあおってお客さんが声を出せるようにしていきたいと思っているので、そういう意味でファンの方に寄り添ったものになったんじゃないかなと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーー元気いっぱいなものから、しっとりとしたバラードまでさまざまな楽曲が入っていますが、特にオススメの曲を一つ挙げるとしたら?
 「Voice for YOU!」は殿堂入りさせていただくとして(笑)、「片思いExpansion」ですかね。だいたいの曲は、曲をいただいた段階で歌詞もほぼ出来上がっていたんですけど、この曲は「歌詞はどんなのがいい?」って聞いていただいたんです。それで、告白する寸前の女の子のドキドキした描写をリアルに描いてほしいっていうお願いをして、出来上がったのがこの曲です。“どこで、どんな子が、何を思って”というのが分かりやすく出ていて。もともと少女漫画が好きなので、両思いになるまでのソワソワ感が伝わってきて「やっぱり片思いって最高だな!」と思いました(笑)。あと、サビに「もしも もしものもしも」っていうフレーズがあるんですけど、ここがすごく好きです。ライブでも盛り上がりそうですよね。高まる系の曲です(笑)。もともと松井五郎さんと太田さんが作った田村ゆかりさんの「Endless Story」っていう楽曲がすごく好きで、お二人のタッグを自分の作品で見ることができて、こんな素敵なものを作っていただけて本当に幸せです!

●6人のキャラを見事に演じきったMV撮影
ーー特典についている「Voice for YOU!」のMusic Video撮影時の様子を教えてください。
 朝から日付けが変わるくらいまでの撮影で、長丁場でしたね。i☆RisでMVを撮る時って、他のメンバーが撮っている時は「お休みだ~♥︎」みたいな感じで(笑)、結構ゆっくりできたりするんですけど、ソロではずっと出ずっぱり。今回、6パターンの芹澤優がいるんですけど、一回一回メイクや衣装を変えて、さらに性格も自分の中で一人一人キャラクターづけをしていったので、終わった後の達成感と燃え尽きた感がハンパなかったです。「やりきったぞ!」みたいな(笑)。

ーーそのご自身でキャラ設定を考えて演じた6人のキャラについて、解説をお願いできますか?
 メインの赤い衣装が通常の私。青と赤のストライプの衣装の子は、“芹澤 優の憧れるザ・アイドル”のイメージで、白い衣装の子は27歳くらいのちょっとドジっ子なおとなしい系のお姉さんという設定でやりました。ツインテールの子は、若干イラっとするくらい(笑)上目遣いが似合うブリッコちゃんなイメージ。ストレートヘアーの子は「パリピのお姉さん」って私は呼んでるんですけど(笑)、深夜3時とかに呼び出しても「行くよー」って来てくれるような、飲み会大好きなお姉さんっていうイメージです(笑)。白のドジっ子お姉さんとは正反対なタイプ。黒い衣装の子はクール系で、ほかのみんながワチャワチャしているなかで「ツラい……」と言っている感じ(笑)。でも、無理矢理ヒゲのメガネとかをつけさせられて仕方なくやってる、みたいなイジラれ要素もあるキャラです。この6人でグループを組んだら……最高にうるさいと思います(笑)。もともとこういう設定はなくて、全部自分で勝手に考えました(笑)。MVのイメージについては、CGやイラストが飛び出したり、ハデめでハッピーな感じにしたいというのをお伝えしたら、今回のMVが出来上がってきてて、私の想像をはるかに超えるものになっていて、すごく嬉しかったです。

ーー今回、衣装は数々のアイドルの衣装を作ってきたオサレカンパニーの茅野しのぶさんが手掛けられたそうですね。
 そうなんです。いろんな意味で衝撃でしたね、こんなのもあるんだって。パニエを4枚くらい重ねたりとか。「i☆Ris」の時は、踊るのでインソールスニーカーを履くことが多いんですけど、今回はヒールのあるパンプスだったり。何もかもが新鮮でした。赤い衣装は何枚かあったなか中から選ばせていただいたんですけど、ほかの5着のデザインはしのぶさんに初めてお会いしたときにすでに出来上がっていたんです。今までの私のMVや画像を見て、イメージして書いてきたって言われて。天才なんだなって思いました。一番“こういうの着てみたかった!”っていうのは……ツインテールの子の衣装かな。パステルカラーも可愛いし、いろんな色が入っていることが、メンバーカラーのあるi☆Risだとないので(笑)。おなかの部分にも1つ1つビーズがついてて、肩もオフショルダーになってて、フェアリーな感じがすごく好きです。やっぱりこういうフワフワした可愛いものが好きなんだなと、ここでも気付いちゃいましたね(笑)。赤の衣装は、黄色いチェックとかロックっぽいのとかいろいろあったなかで、一番ビビビっときたので選びました。スカートや背中に私の名前がプリントされてるんですけど、これは当日手縫いでスタッフさんが縫ってくださったものなんです。丁寧で、熱意がすごいチームだなと感動しました!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●今後の目標と元気のヒケツ
ーー今回のソロデビューで、i☆Risとしてはもちろん、芹澤さん個人としての今後もよりしっかり見えてきたのかなと思います。これからやってみたいことや目標を聞かせてください。
 まず、ソロでのライブ経験が少ないので、いっぱいライブをして力をつけていきたいというのがあります。最終的には、i☆Risがライブで行ったところにはソロでも行きたいし、負けたくないっていうのがあるので、i☆Risで公演した武道館でいつか芹澤優としてもライブもやりたいですね。i☆Risでのライブを入れたら、同世代の声優アーティストの中で一番ライブをしている自信があるので(笑)、ライブでのパフォーマンス力をこれからももっともっと鍛えていきたいです。

ーーi☆Risとしての活動とソロの活動で忙しい毎日を過ごすなかで、元気でいるヒケツは?
 妄想することです(笑)。近い未来でもずっと先の未来でもいいんですけど、いろいろ考えることがすごく好きなんです。たとえば、「もし私が武道館でライブしちゃったらどうなるかなー」とか、今回リリースイベントもやるんですけど、「この衣装でチェキ会をやるってなったらファンの人きっと喜んでくれるだろうなー」とかいろいろ想像をして、先にワクワクして、そのために頑張ろうって思うことをよくしています。カッコイイ自分を想像して、落ち込んでたり疲れてたり、そういうダメダメな時に「そうならなきゃ! なりたい!」って思うんです。今の自分に満足できないからこそ頑張れるのかなと思いますね。
 あと、最近映画をよく観るようになりました。昔は仕事以外のことに時間を費やすのが苦手だったんです。そんな時間があるなら「練習する!」って思ってたんですけど、最近はそういう時間を大事にできるようになってきて。『ララランド』は3回観ました(笑)。この前は『シン・ゴジラ』と『モアナと伝説の海』も観ましたね。最近観始めたばかりなので、とりあえず話題作を手当たり次第に観るって感じです(笑)。だいたい一人で行きますね。映画好きなのをこれからアピールしていこうと思うので(笑)、いろいろ観て行こうと思ってます!

ーーなるほど(笑)。映画鑑賞のほかに、最近初めて経験したことはありますか?
 NYに行って、ブロードウェイに行ったことです。同じステージの上に立つものとして、衝撃的でしたね。ブロードウェイって、ロングランで毎日やってるのに、いつ観ても新鮮なトキメキや楽しさをステージの人みんなが感じているのがすごく伝わってきて、あんなにずーっとやっててもキラキラできるのってすごいなと思いました。私ももっともっと、毎公演毎公演、楽しんでいこうって。学ぶことが本当に多かったです。
 それと、街で「Have a good day!」とか「Have a nice day!」って誰にでも言われるのがすごく嬉しかったです。習慣で何の気なしに言ってると思うんですけど、会う人会う人に言われて、「いい一日を過ごしてね」って誰にでも声をかけるなんて……なんて素敵な文化なんだ!って。それに影響されて、日本に帰っても誰に対してもあと3ミリやさしくなろうって思いました(笑)。i☆Risの時は「ばいちゅっちゅ」ってお決まりのフレーズがあるんですけど、ソロの時は「Have a good day!」にしようかな(笑)。イベントの最後に「Have a good day! See you」って言ったらファンの方も「See you!」って返してくれるみたいな(笑)。さわやかで素敵じゃないですか?

ーーでは最後に、アルバムを楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。
 ずっとやりたかったソロデビューが決まり、こうして皆さんのもとに作品を届けられることが最高に幸せです。このアルバムを聴いて“芹澤優をもっともっと好きになってください。よろしくお願いします。頑張ります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<プロフィール> 
2012年に声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット“i☆Ris”としてデビュー。2013年からは、i☆Risのメンバー全員が主要キャストの声優を務めるテレビアニメ『プリパラ』の 南みれぃ役をはじめ、『実は私は』白神葉子役、『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』天空橋愛佳役、2016 年からは『双星の陰陽師』音海繭良役、『ラブライブ!サンシャイン!!』むつ役など、声優としても活動の場を増やしている。 また昨年11月には、i☆Risのデビュー4周年記念となる武道館公演も大成功させ、4月9日からは全国9ヵ所17公演を巡る全国ツアーも開催。まさに声優とアイドルを全力で活動中。

<ソロデビューミニアルバム『YOU&YOU』情報> 
2017年4月26日発売

CDのみ:【ミニAL】新曲6曲収録 / EYCA-11344 / ¥2,300(税抜) 

<CD収録内容> 1 Voice for YOU! 2 Kiss! Kiss! Kiss! 3 ドラマチックレイディオ 4 WAGA-MA-MA-MAGIC 5 Imaginary 6 片思いExpansion

【ミニAL+Blu-ray Disc】新曲6曲収録 / EYCA-11343/B /¥6,300(税抜) 

<CD収録内容> 1 Voice for YOU! 2 Kiss! Kiss! Kiss! 3 ドラマチックレイディオ 4 WAGA-MA-MA-MAGIC 5 Imaginary 6 片思いExpansion 

<Blu-ray収録内容> 1 Voice for YOU!-Music Video- 2 Voice for YOU!-Off Shot Movie- 3 YU SERIZAWA 22nd Birthday Live ~Present Box~ 4 YU SERIZAWA 22nd Birthday Live ~Present Box~-Off Shot Movie- ★

◆芹澤 優デビューミニアルバム発売を記念して、【芹澤 優 デビューミニアルバム発売記念リリースイベント】実施中! 
・5月6日(土)アニメイト大宮(埼玉)
・5月26日(金)タワーレコード札幌ピヴォ店(北海道)
・6月9日(金)タワーレコード横浜ビブレ店(神奈川)
・6月12日(月)アニメイト名古屋(第三太閤ビルイベントスペース)(愛知)
・6月23日(金)アニメイト大阪日本橋 animateO.N.SQUARE HALL3F(大阪)

芹澤 優オフィシャルHP 
http://yu-serizawa.com/



この記事のキーワード

PAGETOP