超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

『クロックワーク・プラネット』×「超アニ」スペシャルコラボ! 南條愛乃、加隈亜衣、大西沙織から特別メッセージ!

2017/4/1


 2017年4月放送開始のTVアニメ『クロックワーク・プラネット』。本サイト「超!アニメディア」にてWEBラジオの人気番組を配信中の南條愛乃さん、大西沙織さん、加隈亜衣さんがメインキャストを務めるということで、奇跡のコラボレーションが実現! 描き下ろしのサイトトップイラストと、メインキャスト3名からスペシャルメッセージを頂戴した。

 イラストは、主人公の高校生ナオト、ナオトに仕える自動人形(オートマタ)のリューズ、天才時計技師のマリーが、ラジオマイクを持って、カメラ目線でかわいくポーズを決めている。「超!アニメディア」でしか見られない特別なシチュエーションだ。

 ナオト役の南條愛乃さんはWEBラジオ『真・ジョルメディア 南條さん、ラジオする!』を、リューズ役の加隈亜衣さん、マリー役の大西沙織さんはWEBラジオ『加隈亜衣・大西沙織のキャン丁目キャン番地』を、それぞれ当サイトで配信中という繋がりもある。作品やキャラクターについて、そして今回のコラボレーションについて、独占コメントをいただいたので、ここにご紹介する。

■南條愛乃さん(ナオト役)
――『クロックワーク・プラネット』の見どころを教えてください。
 可愛いヒロインの女の子たちと、時計や歯車などをモチーフにした独自の世界観、子供達を周りで支える大人たちの優しさや頼もしさ、ナオトの変態っぷりでしょうか!

――南條さん演じるナオトについて教えてください。
 基本的に機械や歯車・時計などにしか興味がないという、偏愛性の強い男子高校生です。いきすぎた愛情が、変態にしか見えない時もありますが、考え方や生き方はとてもまっすぐで純真でシンプル。そして可愛らしい外見とは裏腹に実に男らしい(むしろ漢らしい)一面も見せてくれる、魅力ある男の子ですね。

――実は「超!アニメディア」用に、マイクを持った3人のイラストを描きおろしていただいています。マイクを持ったナオトは、どんなことを話し出しそうでしょうか?
 リューズさんとアンクルちゃんの可愛さ、素敵さ、美しさをひたすら言いだしそうで怖いです……(笑)。私はマリーも好きだよ!

――「超!アニメディア」をご覧の皆様へ、メッセージをお願いします。
 このキャストが発表されたときは、「キャン丁目×ジョルメディアだ!?」と思わずにはいられませんでした(笑)。第一回目のアフレコから、完成されたチームワークの加隈ちゃん、大西ちゃんの二人を見ながら楽しみつつ、そこへ楽しくお邪魔させてもらってます(笑)。このメンバーでラジオもスタートしているので(お二人は各回交代制ですが……)、実質『キャン丁目キャン番地』と『真・ジョルメディア』のコラボだと言っても過言ではないと思います!(笑)。姉妹番組とこういったかたちで関わりを持つことが出来て面白くもあり、嬉しく思います。アニメもラジオもよろしくお願いします!

■加隈亜衣さん(リューズ役)
――『クロックワーク・プラネット』の見どころを教えてください。
 時計仕掛けの惑星ならではの人々の生き方や仕事、考え方、組織が見ていて楽しいです。私がこの世界に生まれていたら……と思うと、この星で一生懸命生きているみんなのことを尊敬してしまいます。

――加隈さん演じるリューズについて教えてください。
 ナオトさまが絶対。ナオトさま中心。リューズのなかでは、ナオトさま以外は存在していないかもしれないくらいナオトさまに従っています。だけど、そんななかにも愛ある毒があったり、実はよく周りを見ている姿が素敵な子です。

――実は「超!アニメディア」用に、マイクを持った3人のイラストを描きおろしていただいています。マイクを持ったリューズは、どんなことを話し出しそうでしょうか?
 ナオトさまの話。……ナオトさま以外の話だと、きっとリスナーさんを罵り倒して笑顔で帰ってしまいそうな気がします。

――「超!アニメディア」をご覧の皆様へ、メッセージをお願いします。
 お話が進んでくると、世界観やそれぞれのキャラクターのことが少しずつ見えてくると思います。みなさんの好きなロr……新たなキャラクターも出てきてますます盛り上がっていきます。そっちに浮k……ぜひぜひ楽しんでください♪

■大西沙織さん(マリー・ベル・ブレゲ役)
――『クロックワーク・プラネット』の見どころを教えてください。
 私の想像が追いつかないくらいの、不思議な世界観が魅力ですね。久々にこういうSFっぽい作品に関わらせて頂いているので、想像力をすごくかきたてられています。

――大西さん演じるマリーについて教えてください。
 ものすごく演じるのにエネルギーを使うキャラクターです。予期せぬことがあったりすると冷静ではいられなくて、ナオトに嫌味をふっかけられただけでバーンと爆発しちゃう。「この子は……演じるのが大変だぞ……」と、オーディションの時から思っていました(笑)。マリーのようなキャラをやらせてもらうことが今まで少なかったので、新しい一歩になったというか。マリーを演じられてよかったなと思います。リューズも毒舌ですが、リューズがチクチクつついていくタイプなら、マリーは直接石を投げるタイプ(笑)。毒舌のタイプが違うので、視聴者のみなさんは、2種類楽しめるのではないでしょうか?

――実は「超!アニメディア」用に、マイクを持った3人のイラストを描きおろしていただいています。マイクを持ったマリーは、どんなことを話し出しそうでしょうか?
『クロックワーク~』の世界ではなく、こちらの世界でラジオをやるなら……世の中への文句とかですかね? もしこの3人でラジオをやるとなったら、ハチャメチャでしょうね。ナオトが延々機械への愛を語り、リューズがその愚痴をいい、マリーは「あんたたち何なの、ちゃんとやりなさいよ!」みたいな。それか、表ではリスナーさんのお悩み相談にしっかり答えるけど……机の下で、ナオトたちの足を踏んだり蹴ったりしてるかも(笑)。

――「超!アニメディア」をご覧の皆様へ、メッセージをお願いします。
 まだ出ていないメインキャラクターをはじめ、これからたくさん面白いキャラクターがゲストでも登場するので、そちらにも注目しながら、ぜひ最後までご覧いただきたいと思います。「超!アニメディア」で配信中の『キャン丁目キャン番地』はもちろん、『クロックワーク・プラネット』のラジオ番組『レディオワーク・プラネット~時計仕掛けのラジオ~』もよろしくお願いします! そちらは、南條さんがメインパーソナリティーで、私と加隈さんは交代で登場します。実は『キャン丁目~』の収録で、「私たちが分けられてるの、不仲だからかなぁ?」なんて話してたんですが(笑)。どちらも聞いて、『クロックワーク・プラネット』を二倍楽しんでいただけたらうれしいです。

 4月10日発売の『アニメディア5月号』には、春らしいマリーとリューズの描き下ろしイラストと、大西沙織さんのインタビューを掲載! こちらもあわせてチェックしてほしい。

 いよいよ4月6日から放送開始予定の『クロックワーク・プラネット』、最初から最後まで目を離さずにご視聴ください。

 

<『クロックワーク・プラネット』作品概要>
ある日突然、寿命を迎えてしまった地球は、ひとりの時計技師「Y」の手によって歯車だけで再構築された。それから1000年後――。落ちこぼれの少年・ナオトの元に、空から自動人形(オートマタ)の少女・リューズの入った箱が落ちてくる。故障しているリューズを、音だけを頼りに修理したナオト。リューズはナオトをマスターと認め、彼に付き従うことを決める。

【放送情報】
2017年4月6日(木)からTBSほかで毎週木曜日深夜1時58分より放送開始予定

TVアニメ『クロックワーク・プラネット』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/cp/

(C)榎宮祐・暇奈椿・講談社/クロプラ製作委員会

 

<「超!アニメディア」配信 WEBラジオ番組>
『真・ジョルメディア 南條さん、ラジオする!』
http://cho-animedia.jp/program/243/
『加隈亜衣・大西沙織のキャン丁目キャン番地』
http://cho-animedia.jp/program/242/



PAGETOP