超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

主人公の感情にファンへの思いを重ねて…TVアニメ『つぐもも』ED曲を歌うMICHI、インタビュー全文掲載!

2017/5/14


%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%99%e3%80%80%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

 放送中のTVアニメ『つぐもも』のエンディング曲「I4U(アイムフォーユー)」を歌うMICHI。楽曲について、『つぐもも』について語ったインタビューが、2017年4月10日発売の「アニメディア5月号」で掲載されているが、その記事内でお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文をご紹介する。

ーーアニメ『つぐもも』は、原作を読んでどんな印象でしたか?
 妖怪退治のバトルあり、ちょっとしたお色気シーンもあって……お色気と言ってもすごく健康的な感じで。昔あったアニメのテイストがあるので、初めて見たのに初めての気がしない。世代問わず楽しんでいただける作品だと思いました。

ーーそんな作品の魅力を感じながら、ED「I4U」を歌っていかがでしたか?
 今までは、いろんな映画やマンガで思春期の女の子の気持ちを勉強して歌ったり、そのアニメ作品を見て研究して、作品全体の雰囲気を歌っていました。つまり、自分の外側からさまざまなものを吸収していたんです。今回は、主人公の加賀見かずやくんの気持ちが、私自身の気持ちとすごくリンクして。かずやくんに重ねながら、自分の中にある気持ちをストレートに表現することができました。

ーーどういう気持ちがリンクしたのですか?
 かずやくんは、突然の展開に戸惑いながらも、大切な仲間を守りたいとか、ヒロインの桐葉ちゃんのために生きたいと決意を固めていきます。そのかずやくんの気持ちは、私がファンに対して抱いている気持ちと同じだったんです。

ーーMICHIさん自身ライブなどの活動を通して、ファンの存在の大きさや大切さを実感していた、と。
 そう。「君のため僕がいる」という歌詞があるのですが、まさしくその通りだと思いました。歌で救われる方はすごく大勢いらっしゃって、私自身もショックなことや辛いことがあったときは、音楽を聴いて気持ちを発散していた経験があります。そこで今度は、私がみなさんにとってのそういう存在になりたいと思いました。だから、どう歌おうとか変に意識しなくても、自然とかずやくんの気持ちと重なると思ったので、素の私のままで歌いました。ライブでみんなに歌を届けている様子とか、特に最後のサビでは、いつも来てくれるみんなの顔を想像しながら歌っています。

ーーちなみに、MICHIさんを救った曲というのは?
 中学生のときは、加藤ミリヤさんの曲でした。友だちとケンカしたときは、彼女の「B.F.F.」という友情を歌った歌詞がすごく刺さって、友だちと“ムカつく?!”って、叫びながら歌っていました(笑)。

ーー「I4U」(アイムフォーユー)というタイトルは、ちょっとR&Bっぽい表記で。加藤ミリヤさんのお話と、少し繋がるなと思いました。
 たまたまですけど(笑)。でも私自身、洋楽のブラック・アイド・ピーズやビヨンセ、マライア・キャリーなどR&B系が好きなので、とてもしっくりくるタイトルだと思いました。とは言え曲調は、ゴリゴリのアニソンなんですけどね(笑)。ちなみに“I”は、私を表すアイや愛などいろいろ重ねていて、4は4枚目のシングルともかけています。それと、知ってます? この曲ってEDなんですよ!

ーー知ってますよ(笑)。
 EDって、しっとり系とかミディアムチューンとか、キャラソンなどが多いと思うのですが、「I4U」は、疾走感やデジロック調の部分があって。いわゆるEDっぽくない曲なので、制作中に何度も「あれ? OPだっけ?」って、勘違いしそうになるほどでした。EDって、その週の放送最後に「良かったね、面白かったね」と気持ちを締めくくってくれると同時に、次週に向けての希望や高まりを与えてくれるものだと思っているのですが、そういう意味で、EDの役割りを120%果たせた曲になったと思います。

ーーあと今回の曲の特徴としては、今までよりキーが低いですね。
 そうなんです。私史上いちばんの低音にチャレンジしていて、その低音のAメロが、サビよりもすごく難しかったです。細かく話すと、高いところから低いところに急降下するところがあって。高音と低音では声帯の使い方が違うので、それを瞬時に切り替えるのがすごく大変でした。

ーーちなみに『つぐもも』のかずやくんが、母親の形見の帯をずっと大切にしているのと同じように、MICHIさんがずっと大切にしているものはありますか?
 ファンの方からいただいた手紙は、すごく大切にしています。手書きで何枚も書くのはきっと大変だったと思うし、私のために時間をさいてくださっているのは、すごく幸せことだと思うので。手紙はかわいい箱に入れてあって、朝準備をしながらそれを見て“よし今日も頑張るぞ!”と気合いを入れています。

ーーお守りのように、身につけているものでは?
 「Checkmate!? 」のときに衣装としても使った、ネックレスかな。まだ沖縄にいたときに、ひと目ぼれして購入したのですが、付けていると守られている感があります。あとは、お母さんから譲り受けたネックレスとか持っていますよ。

ーーでは最後に、7月に開催する初のワンマンツアーに向けての意気込みを。
 初のワンマンのときは、よろこびもありましたが、もっとできたのにとか、もっと伝えられたはずだと、悔しさも同時にあって。だから今度は、もっと成長した私を見せて、身体が勝手に動くくらい楽しんでもらえるライブにしたいです。ゆたしくうにげさびら〜(よろしくお願いします)!

<PROFILE>
ミチ
沖縄初のアニソンシンガーとして、2015年にアニメ『六花の勇者』OP&EDテーマ「Cry for the Truth / Secret Sky」でデビュー。数多くのアニソンを手掛ける音楽クリエーター集団Elements Gardenのサウンドプロデュースにより、これまでに『だがしかし』OP「Checkmate!?」、『クロムクロ』ED「リアリ・スティック」などリリース。昨年は「Animelo Summer Live 2016 刻 -TOKI-」に出演のほか、1stアルバム『Sprint for the Dreams』をリリース。

<ニューシングル「I4U(アイムフォーユー)」情報>
4月28日発売
初回限定盤1,890円、通常盤1,350円(共に税込み)/ポニーキャニオン

ストリングスやデジタルとバンドサウンドを融合した、壮大さがありながら疾走感溢れる「I4U」は、作編曲を音楽クリエーター集団Elements Gardenが手掛け、歌詞をアイドルからアニソンまで幅広く手掛けるRUCCAが担当した。MICHIのエモーショナルなボーカルと、ドラマチックな楽曲が見事にマッチしている。また、カップリングには、水樹奈々への楽曲提供でも注目のphatmans after schoolによる「超常性ワールド」を収録。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e5%86%99%e5%88%9d%e5%9b%9e%e9%99%90%e5%ae%9a

Print



この記事のキーワード

PAGETOP