超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

完全新作オリジナルTVアニメ『Re:CREATORS』企画始動! 手がけるのは『ブラクラ』広江礼威×『アルドノア・ゼロ』あおきえいの強力タッグ

2016/12/28


inside2016122803-01

『BLACK LAGOON』などで知られる漫画家・広江礼威さんと、『アルドノア・ゼロ』や『Fate/Zero』で知られるアニメ監督・演出家のあおきえいさんがタッグを組んで贈る完全新作オリジナルTVアニメーション『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』が、2017年のテレビ放送を目指し、企画が始動中であることが明らかとなった。

 原作・キャラクター原案を務める広江礼威さんは、シリーズ累計650万部を超える人気漫画『BLACK LAGOON』の原作者として知られ、本作は2002年から月刊サンデーGXで連載中だ。海賊まがいの運び屋「ラグーン商会」を中心に物語が展開される本作では、「悪徳の街」と表現される架空の都市・ロアナプラが舞台となっており、登場人物もマフィアや殺し屋など裏社会に生きる人物が多く、また社会問題も多く取り上げられるなど、かなり過激な内容となっているクライム&ガンアクション作品だ。

 長らく2014年から休載が続いていたが、2017年春から連載が再開されることが発表されている。

 一方、本作で監督を務めることになるあおきえいさんは、『Fate/Zero』や『アルドノア・ゼロ』といったTVアニメの監督として知られる。人気ゲーム『Fateシリーズ』の中心的な作品となっている『Fate/stay night』の前日譚に当たる作品が『Fate/zero』で、「聖杯戦争」の参加者たちによる直接的な戦いだけではなく、張り巡らされた陰謀や駆け引きをTVアニメで見事に描ききった。

 また、同じく監督を務めたオリジナルアニメである『アルドノア・ゼロ』では、火星と地球の2つの陣営に分かれた人類によるロボットを用いた戦争を描いた。ロボットによる戦いを描くSF作品でありながらも、正義と悪に単純に二分できない対立構造や、同じ陣営内でも様々な思惑が渦巻く群像劇を描き出している。

 そんな2人が新たに贈り出す『Re:CREATORS』が、2017年のTV放送を目指して企画が始動していることが発表され、ティザーPVを公開。ティザーPVでは、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』で知られるアニメスタジオ・TROYCAが本作のアニメーション制作を担当することが明らかとなった。

 なお、2016年12月29日から31日まで東京ビッグサイトで開催されるイベント「コミックマーケット91」では、小学館(NO.2512)&アニプレックス(NO.2232)両ブースで、最新PVなどの最新情報公開を予定しており、ノベルティの配布も予定しているとのことだ。

 時間に余裕があるという人は、注目集まる本作の情報をいち早くキャッチするため、ブースに足を運んでみるのはいかがだろうか。この2人がどのような作品を作り出すのか、今後の続報が待ち遠しい。

TVアニメ『Re:CREATORS』公式サイト
http://recreators.tv

(C)2017 広江礼威/小学館・アニプレックス



声優になりたい!

PAGETOP