超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「山下大輝様」あっての『弱虫ペダル』!? シークレットゲストも登場したTVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』先行上映イベントレポート

2016/12/31


inside2016123105-01

 2017年1月から放送開始のTVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』の先行上映イベント「総北チームプレゼンテーション」が、2016年12月23日にTOHOシネマズ新宿で行われた。

『弱虫ペダル』は「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)で連載中の渡辺航氏原作による人気漫画。自転車<サイクル>ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描いた作品で、コミックス累計発行部数1,600万部を超えるシリーズだ。2期にわたりテレビアニメが放送されてきたが、2017年、第3期のTVアニメとして『弱虫ペダル NEW GENERATION』が放送される。

 先行上映イベントでは、第1話・第2話の先行上映とキャストによるトークショーが行われ、当日は山下大輝さん(小野田坂道役)、鳥海浩輔さん(今泉俊輔役)、福島潤さん(鳴子章吉役)、岸尾だいすけさん(手嶋純太役)、松岡禎丞さん(青八木一役)、宮田幸季さん(杉元照文役)が登壇した。

inside2016123105-02

 先行上映のあとのトークショーでは、まず3期が決まったときの感想について、1期の時点では声優デビュー間もない頃だった山下さんは、3期をやれることがうれしかったと同時に、ここまでシリーズが続いたことに喜びを感じたそう。特に、今期は新キャラクターが加わることで、これまでとは違うアフレコ現場の雰囲気になるであろうことが楽しみだとか。また、作中のアニメソングであり、坂道が熱唱する「恋のヒメヒメぺったんこ」のような歌が今期もあるのかと聞かれると、はっきりとは言わなかったものの何かしらの歌があることをにおわせていた。

inside2016123105-03

 そんな山下さんに対し、他のキャスト陣からは「(アフレコスタジオでは)玉座みたいな椅子に座っている」、「膝にシャムネコを乗せている」、「くわえたばこをしている」など爆弾発言が。山下さんは全否定するも、次から次へとアフレコ裏話(?)が飛び出し会場は爆笑。

 鳥海さんは、今泉が個人ではなくチームのことを考えるようになったことに触れつつ、アフレコ現場では山下さんの隣に座りながら、山下さんのために水を何種類も用意し、「人間としても大きく育てていただいています」と、山下さんを持ち上げるコメントで観客を笑わせていた。岸尾さんは、2期まではサポート役だったが、3期ではキャプテンになる手嶋について、これまでと比べて圧倒的にセリフ量が増え、手嶋の見どころが多い点を話しつつも、手嶋は小野田にアドバイスする立場でありながら、山下さんには「『岸尾くん、いい芝居だったよ』と言っていただいています」とコメント。

 さらに副キャプテンである青八木を演じる松岡さんも、前は全然しゃべらなかったが、今期でたくさんしゃべることについて「3期は爆発しています」と語り、重要なポジションを担当することを話すも、先輩方のトークの流れに乗ろうと、山下さんいじりをスタート。途中、後輩の山下さんいじりを止めるものの、周囲の空気を感じ取り、「僕はスタジオに早く入って、山下さんが(スタジオに)入られたら、足の裏を拭いています」と話し、これには山下さんも「松岡さんはそんなこと言う人じゃないと思ったのに!」と爆笑しながらコメント。

 宮田さんは、これまで目立った活躍のなかった杉元についての魅力を語り、今期では見せ場や「とある変化」があることを明かした。そしてこれまでの流れ同様、「山下様のためにフルーツを用意しています」と話せば、さすがの山下さんも動揺。水を希望すると、お水担当の鳥海さんが裏まで水を取りに行くという機敏な動きを見せ、ほかの面々も山下さんの肩や腕をマッサージをしたりと、観客を楽しませていた。

 大盛り上がりのなか、3期から登場する新キャラクター・鏑木一差と段竹竜包のキャストが発表。鏑木一差を下野紘さんが、段竹竜包を羽多野渉さんがそれぞれ担当することが明らかとなった。そこで、シークレットゲストとして下野さんが舞台へ登場。うれしいサプライズに興奮した観客からの大歓声と拍手で迎えられた下野さんは笑顔でうれしそうにキャラクターについて話しつつも、「山下様のご機嫌を損ねないようにしたい」と、ここまでの空気を呼んだ一言で観客を笑わせた。そんな下野さんに、『弱虫ペダル』の先輩として、山下さんからアドバイスが飛び出すと下野さんはひざまずきながら聞く一幕も。

inside2016123105-04

inside2016123105-05

inside2016123105-06

inside2016123105-07

 最後にキャストひとりひとりから今後への意気込みや期待感が語られ、山下さんが「これまで積み重ねてきたものをしっかりとつむいでいきたい」と語れば、ひと際大きな拍手が。そして、岸尾さんがキャラクターさながら、「総北! ファイオー!」と気合を入れ、イベントを締めくくった。

 今回、新キャストである下野さんと羽多野さんからはコメントも到着したのでご紹介する。

【鏑木一差役・下野紘さんからのコメント】
鏑木一差を演じさせていただだく下野紘です。
『弱虫ペダル』という人気作品に参加するということで、プレッシャーを感じつつ、すごく楽しみです。
まだアフレコ前ですが、この作品の熱さ、熱量を周囲から聞いているので、熱く『弱虫ペダル』に全力を尽くせるよう頑張っていきます。

【段竹竜包役・羽多野渉さんからのコメント】
段竹竜包役の声を担当させていただきます、羽多野渉です。
話題の作品に参加させていただけることを光栄に思います。段竹は、クールさと熱さのギャップが面白いキャラだと思いますので、楽しんで演じさせて頂きます!皆さん宜しくお願い致します。

<TVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』作品概要>
inside2016123105-08

2017年1月9日放送スタート/テレビ東京にて毎週月曜深夜1:35から放送
テレビ大阪:1月11日から毎週水曜深夜3:05
テレビ愛知:1月9日から毎週月曜深夜1:35
テレビせとうち:1月11日から毎週水曜深夜2:10
テレビ北海道:1月9日から毎週月曜深夜1:35
TVQ九州放送:1月9日から毎週月曜深夜3:00
NBC長崎放送:1月15日から毎週日曜深夜1:20
AT-X:1月12日から毎週木曜夜9:00
(リピート放送:毎週土曜午後1:00/毎週日曜夜10:00/毎週水曜朝5:00)

【スタッフ】
原作:渡辺 航(週刊少年チャンピオン)/監督:鍋島 修/シリーズ構成:砂山蔵澄/キャラクターデザイン:番 由紀子/デザインワークス:水村良男、秋篠Denforword日和/ライドデザイン:堀内博之/美術設定:青木智由紀/美術監督:吉原俊一郎/色彩設計:中尾総子/CG監督:佐々木俊宏/撮影監督:葛山剛士/音楽:沢田 完/音響監督:高寺たけし/編集:坂本久美子/アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

【キャスト】
<総北高校>
小野田坂道:山下大輝/今泉俊輔:鳥海浩輔/鳴子章吉:福島潤/手嶋純太:岸尾だいすけ/青八木 一:松岡禎丞
杉元照文:宮田幸季/鏑木一差:下野紘/段竹竜包:羽多野渉
寒咲幹:諏訪彩花/寒咲通司:諏訪部順一/橘綾:潘めぐみ
<箱根学園>
真波山岳:代永翼/泉田塔一郎:阿部敦/黒田雪成:野島健児/葦木場拓斗:宮野真守
<京都伏見高校>
御堂筋翔:遊佐浩二

TVアニメ『弱虫ペダル』シリーズ公式HP
http://yowapeda.com/

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会



声優になりたい!

PAGETOP