超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「ノイタミナプロジェクト発表会2017」で発表された新作アニメ・最新アニメ本編&情報をまとめてお届け!

2017/1/8


inside2017010703-01

 フジテレビほかフジテレビ系列で放送されている深夜アニメ放送枠「ノイタミナ」の最新情報を発表する「ノイタミナプロジェクト発表会2017」が2016年12月15日に都内で行われ、新作アニメの発表や最新情報などが続々と公開された。当日発表された作品の最新情報、そして新作アニメの情報をまとめてお届けする。

◆劇場作品 ~その1~
映画『夜は短し歩けよ乙女』 公式サイト:http://kurokaminootome.com/

inside2017010703-02

 森見登美彦原作・イラスト :中村佑介の『夜は短し歩けよ乙女』が、アニメ映画化されることが決定。監督・湯浅政明氏が務める。主人公・先輩役の声優に星野源さんが抜擢されることも発表された。

inside2017010703-03
【星野源さんからのコメント】
湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。お会いしたこともないのになぜ?と思いながら封を開けると「星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります」と直筆にてオファーの言葉がありました。映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。「先輩」役、とても楽しみです。何卒よろしくお願いします。

inside2017010703-04

 さらに、上記と同じタッグで放送されたTVアニメ『四畳半神話大系』の特別放送も決定した。アニメの主題歌はシナリオアートが新たに担当。オープニングは、オリジナル放送時の主題歌「迷子犬と雨のビート」(ASIAN KUNG-FU GENERATION)をカバー。エンディングは新曲「ラブマゲドン」となる。

◆劇場作品 ~その2~
映画『虐殺器官』
公式サイト:http://project-itoh.com/

inside2017010703-05

 伊藤計劃氏(いとう けいかく/1974-2009)のデビュー小説『虐殺器官』。その映画『虐殺器官』の最新ポスタービジュアルが解禁。また、新規カットが盛り込まれた最新版の特報映像や、クラヴィス・シェパード役の中村悠一さん、ジョン・ポール役の櫻井孝宏さんのコメント動画も公開された。

 イベントでは作家の冲方丁氏、原作『虐殺器官』の担当編集者である塩澤快浩氏、アニメーション制作・ジェノスタジオの山本幸治氏が登場しゲストトークを行なった。

inside2017010703-06

 ゲストトークのなかで、現在の制作状況について聞かれた山本氏は「さっき試写室で1時間位のものを3人で一緒に見たんですけど、2重にくるものがありましたね。今までのこと、これから…間に合うかな…ということ」と苦笑いを浮かべながら明かした。また、山本氏、塩沢氏と1時間の試写映像をみた冲方氏は「脚色が群を抜いて素晴らしい。映画として出来上がっている。いい意味で裏切られてしびれました」と絶賛。続けて「あとは、色さえ付けばね。大丈夫、絵さえできれば傑作だから!」と現在の制作状況を感じさせる発言をし、会場の笑いを誘った。

 最後に山本氏は「ちょっとひやひやしていますが、必ず期待に答えます!」と力強いコメントを残した。

◆TVアニメ作品 ~その1~
<1月クール放送 TVアニメ『クズの本懐』>
公式サイト:http://www.kuzunohonkai.com/

inside2017010703-07

 2017年1月12日から放送されるTVアニメ『クズの本懐』が、2017年春に完結を迎える原作と同じくTVアニメも完結まで描かれることが発表された。

inside2017010703-08

 イベントでは安楽岡花役の安済知佳さん、粟屋 麦役の島崎信長さん(「崎」はたちさき)が登場。それぞれのキャラクターや印象などについてトークした。また、『クズの本懐』は1月18日から実写ドラマが放送されることも決定し、実写ドラマで安楽岡花を演じる吉本実憂さん、粟屋 麦役を演じる桜田通さんもイベントに登場。

inside2017010703-09

inside2017010703-10

inside2017010703-11

inside2017010703-12

 アニメ版、実写版のキャストが同時にステージに立つという状況に、安済さんは「同じ役を演じる方に出会うのは初めてなので、すごく今いろいろ喋りたい!」と目を輝かせた。ゲストトークの最後に島崎さんは「原作も実写もアニメも、思わず目をそむけたくなるような描写やショッキングなシーンもたくさんあると思いますが、それぞれを積み重ねていって表現したいテーマをきちんと表現しきって、みなさんにお届けしますので、原作・実写・アニメを楽しんでいただけたら幸いです」とファンにメッセージを送った。

 また、TVアニメのオープニング・テーマは96猫が歌う「嘘の火花」、エンディング・テーマはさユりが歌う「平行線」に決定したことも発表。それぞれコメントが寄せられた。

【96猫 コメント】
inside2017010703-13
作中では本当の気持ちを隠しながら、自分に嘘をついて生きるキャラクターが描かれているのですが、私も同じようにやりたい事があっても、なかなか上手くいかない、という経験が多々ありました。そんなもどかしい気持ちを、少女らしさを残しつつ、歌わせて頂きました!

【さユり コメント】
inside2017010703-14
アニメ「クズの本懐」と関わらせていただけること、本当に嬉しいです。 原作を読み、恋 を抱き悩んで傷付きながらも、それでも歩いてゆく花火たちを見て、 自分も変わりたい、進みたいという思いが湧いて来ました。その受けたエネルギーを糧に、自分の弱さや願いと向き合うように歌詞を書いていきました。
登場人物それぞれの「本懐」。そこへ向かう道のりを、そしてその向こうを照らす光のような歌になりますように。作品を通して皆さんの心の中へ届き繋がっていけたらと願っています。

◆TVアニメ作品 ~その2~
<2017年4月クール放送 TVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』>
公式サイト:http://www.saenai.tv/

 2017年4月から放送予定の『冴えない彼女の育てかた♭』からは、原作イラストを手がける深崎暮人氏のティザービジュアルが公開された。

inside2017010703-15

◆ TVアニメ作品 ~その3~
<2017年7月クール放送 TVアニメ『DIVE!!』>
公式サイト:http://www.dive-anime.com/

 一瞬にすべてをかけ、美しさを競う「飛び込み競技」を題材にした森絵都氏の青春スポーツ小説『DIVE!!』が2017年7月から放送されることが決定。キービジュアルとティザーPVが公開された。

inside2017010703-16

 イベントでは主人公・坂井知季役の梶裕貴さん、監督の鈴木薫氏、シリーズ構成の待田堂子氏が登場し『DIVE!!』の魅力などを語った。

inside2017010703-17

 坂井知季というキャラクターについて梶さんは「わかりやすくただ“いい子”ではなく、中学性らしく心の中の葛藤やちょっと汚かったり醜かったりする人間誰しもが持つ感情をもった主人公。そういった意味でも青春ドラマのアニメが出来上がるんじゃないかと思います」と話した。

inside2017010703-18

 最後にファンに向けて「中学生、高校生たちの青春ドラマということで等身大の彼らの葛藤をお芝居で表現できたらと思います。飛び込みという競技の面白さを僕もわかりつつ皆さんにお届け出来たらと思います」とメッセージを送った。

 キャラクター原案を務めるヤスダスズヒト氏からはコメントが到着した。

【ヤスダスズヒト氏 コメント】
・原作「DIVE!!」を読んだ感想やその魅力を教えてください。
実は最初スケジュール的にお断りするつもりだったのですが、原作を読み終えた瞬間、描きたい! と強く思い筆を取っていました。ラストシーンが本当に大好きなので、アニメで見るのが楽しみでしょうがないです。

・アニメ化にあたり大切にしていること、難しい点、意識している点を教えてください。
もともと挿絵がなくビジュアルイメージというものが読者さんそれぞれで千差万別なので、最大公約数を押さえつつ上書きするところはずばっと決める、そのあたりのさじ加減に試行錯誤しています。とにかく原作を大事に、原作の素晴らしさをいかにビジュアル面で伝えられるかを大事にしています。

・放送を楽しみに待っている皆様へメッセージをお願いします。
「エッ、今から作るんですか?」という無茶目なスケジュールでもお受けした理由は、とにかく原作が素晴らしかったことに尽きます。アニメからでも原作からでも、最終的に両方楽しんで頂ければと思います。

◆TVアニメ作品 ~その4~
<2017年10月クール放送 TVアニメ『いぬやしき』>
公式サイト:http://www.inuyashiki-project.com/

inside2017010703-19

inside2017010703-20

 老年を迎える冴えないサラリーマン“犬屋敷壱郎”と、高校生“獅子神 皓”の2人が主役となり、「もしある日突然、強大な力を手に入れたら――?」というテーマを「善」と「悪」の両軸から描かれる『いぬやしき』が10月から放送されることが決定。早くもプロモーションビデオも公開された。

 イベントに登場した監督の藪田修平氏は、このPVをみて「今、動き出したばかりのこのタイミングでこれだけのPVをそもそも作る必要があったのか」と笑みを浮かべつつ「他の作品も並行しつつ時間がないという中でここまで出来たということにアニメスタジオのモチベーションの高さを感じた。すごく楽しみ」と語り、期待の高さを感じさせた。また、『いぬやしき』は2018年に実写映画化されることも発表された。

inside2017010703-21

◆新作アニメ最新情報
<新作『甲鉄城のカバネリ』>
公式サイト:http://kabaneri.com/

inside2017010703-22

 2016年4月~6月まで放送された『甲鉄城のカバネリ』の、新規カットを含めた総集編の前編が2016年12月31日から(公開終了)、後編が2017年1月7日から劇場公開される。前編、後編それぞれの第1週目の来場プレゼントがTVシリーズの最終回の後日談が描かれた超豪華書き下ろしドラマCD話劇「甲鉄城のカバネリ 時雨の夢」前編・後編となることが決定。こちらのドラマCDは、2016年9月に発表されたゲーム『甲鉄城のカバネリ』と連動した企画となっているそうで、アニメ本編とゲームをつなぐ重要なストーリー展開が仕掛けられているそうだ。

 そして、イベント内で劇場版の新規カットを含むプロモーションビデオが公開。映像の最後には【2018年 新作『甲鉄城のカバネリ』制作決定】の文字が浮かび上がった。

 新作の制作決定について、監督の荒木哲郎氏は「現段階で言えるのは、とりあえず“新作”を作ることを前提として、ドラマCDにしても総集編の新作シーンにしてもそこに繋がる内容、“後日談”になっています」と話した。

inside2017010703-23

 また、荒木氏の新作は“後日談”という発言に、イベントに出演していた逞生役の梶さんは「あれ…(新作に)逞生は…」と悲しげにコメントすると、同じく登壇者の生駒役・畠中祐さんは「大丈夫、大丈夫!絶対思い出すから!!」と諭し、梶さんは「いっぱい思い出してね」話して、会場の笑いを誘った。

inside2017010703-24

inside2017010703-25

 最後に畠中さんは「新作も発表されて、いよいよ本当に燃え尽きたいなと思います。まずは映画の方で劇場に足を運んでいただいて大迫力のカバネリを楽しんでいただけたらなと思います」とファンに向けてメッセージを送った。

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN 
(C)横槍メンゴ/SQUARE ENIX・ 「クズの本懐」製作委員会
(C)2017 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/冴えない♭な製作委員会
(C)2017森絵都・角川文庫刊/アニメ「DIVE!!」製作委員会
(C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
(C)カバネリ製作委員会



PAGETOP